ボノ

うわべだけの成功 - リベリア

1月
19

大統領は平和を保っているが、汚職を減らすのに失敗している

サングラスをかけた小さな白人の男、そのアフリカ系アメリカ人同伴女性、そしてワシントンの有力者一団が、リベリアの首都モンロヴィアのロイヤル・グランド・ホテルの大理石風のロビーをさっと通り抜けるとき、ガードマンはあからさまに肩をすくめる。野心的な友人たちは、しばしばその国のノーベル賞受賞大統領エレン・ジョンソン=サーリーフに会うために突然訪れる。今回、8月26日に、かつてリベリアを野蛮さの決まり文句にした内戦終結10周年を祝うためにやってきたのは、慈善家に変わったアイルランド人歌手のボノ、アメリカの元国務大臣コンドリーザ・ライス、そして7人ものアメリカの上院議員だった。

「私は、ここで徐々に明らかになっている成功を理解し始めている。」ボノは語った。たぶん彼は、行政官が入試制度を賄賂や家族のコネではなく本当の点数に基づいての公正なものに変えた後の今年の入試で、その国の2.5万人の受験者が誰も合格しなかったことを聞かなかったのだろう。リベリアでの教育は、混乱している。悲しいことに、その大統領の最善の努力にもかかわらず、他のことの多くがそうだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いつも一緒にいるわけではない - 貧困

8月
09

世界は、2030年までに10億の人々を極貧から救い出す驚くべき可能性を持っている

2000年9月に、147の政府の元首たちは、1990年の貧困線を基本線として使って、2015年までに地球上の最もひどい貧困で生活する人々の割合を半分にするということを約束した。それは、国連の「ミレニアム開発目標(MDGs)」に祀られた最初の立派な狙いの嘆願だった。妊産婦死亡率を3/4、そして乳幼児死亡率を2/3削減するといったこれらの狙いの多くは、達成されていない。しかし、貧困半減の目標はされている。まったく、それは5年早く達成されたのだ。1990年に、発展途上国の人口の43%が(当時1日1ドルでの生活だと定義されていた)極貧状態で生活していた。その絶対数は19億人だった。2000年までに、その割合は1/3下がった。2010年にはそれは21%(または12億人。購買力の違いで調整した2005年の価格で15の最貧国の自分たちの貧困線は当時1.25ドルだった)だった。地球規模の貧困率は20年で半減されたのだ。

それはある明白な疑問を提示する。もし極貧が過去20年間で半減されることができたのならば、なぜ次の20年で更なる半分を取り除かないのだろうか?2010年に21%が可能だったのならば、なぜ2030年に1%が可能にならないのだろうか?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

キャットウォーク上のケニア - ファッション

4月
11

アフリカは依然として大量生産よりも職人仕事に向いている

グレース・ンドゥタは、住んでいるナイロビのスラム、コロゴチョから遠く離れて冒険したことはない。しかし、彼女の手工芸はそうする。彼女が作るのを助けたバッグは、今月初めのパリ・ファッション・ウィークのキャットウォークをファッションモデルが気取って歩いた時、彼女たちのやせた肩にひっかけられた。

ンドゥタ女史は、英国人のヴィヴィアン・ウエストウッドといったデザイナーのためにハンドバッグなどのアクセサリーを作るケニアの職人共同体に属する。彼らの仕事は、今のところ多くが輸出のために製造していることのアフリカの失敗への一つの答えになりうる。消費財を早く大量に作ることは難しいとわかっている。しかし、オートクチュールは、スピードよりも熟練した腕を必要とし、そしてこれらは豊富だ。

大げさに倫理的ファッションアフリカと呼ばれるその計画は、ファッション生産のイタリアモデルがコロゴチョなどの場所で再現できない理由が見つけられなかったイタリアの靴メーカー、シモーネ・シプリアーニによって思いつかれた。ミランのファッションハウスは「ハブ」で、その周りの職人が「スポーク」のようにならんで仕える。倫理的ファッションの事例では、スポークがもっと長い。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

シンバにとって悲しいことだ - ケニアのライオン

2月
21

大きなネコ科を救うための戦いは続いている

暗闇で、ライオンを攻撃する最も安全な方法は車のヘッドライトでとらえ、それを轢くことだ。大人が倒れれば、子供たちを槍と矢で殺すのは十分簡単だ。去年ナイロビ国立公園の外の平原のキテンゲラでその殺戮が終わった時、6頭のライオンが死んだ。最近の記憶では、それは最悪のそのような事件だ。

免許なしでライオンを殺すのはケニアでは犯罪で、その殺戮はケニア野生動物サーヴィスの3人組の公園レンジャーに目撃された。数で劣る彼らは、ヒツジが食べられたことに怒った地元民による「暴徒の正義」とその一人が表現したものを止めないと決めた。7か月後、誰も逮捕されていない。象やサイの密猟者はしばしば最後には死ぬか牢獄に行く一方で、ケニアでライオンを殺したものは今まで檻の中に入ったことがない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ボノ を購読