ホンダ

始める時だ - 日本の起業家たち

1月
01

安倍晋三は日本の認められない起業家たちに新たな望みを与えている

「いまから始まる」インターネット会社のライヴドアの前社長堀江貴文は、今年の春に刑務所から出て2か月後にツイートした。堀江氏は、宇宙旅行事業を含んだ30には収まらない新会社に関与する。もしそのいずれかが大きくなれば、2011年に詐欺で有罪となった堀江氏は、失敗した日本の起業家が戻ってくることができることを示すかもしれない。

日本の大物事業家志望者の雰囲気は、ドットコムバブルが10年かそこら前に破裂してから最も楽天的になっている。より高い株式市場は、成功する株式公開の可能性を押し上げている。首相の安倍晋三は、起業家を強欲な山師以上のものとして扱った最初の日本の指導者だ。過去数年間で、出しゃばりな自己宣伝者の堀江氏が、その見方を持つ場合の証拠物件Aだった。しかし今、堀江氏は、彼が事業の世界に帰ってくることが歓迎されていると語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ゴリアテ - 大企業と経済の変動性

9月
08

大企業の運命は経済の変動性を説明する役に立つ

2004年12月に、マイクロソフトは巨大な330億ドルの配当をその株主に支払った。その種の最大の支払いであるそれは、その年のアメリカ人の個人所得の増加の6%を占めた。いかに大企業が大きな影響を持ちうるかの例は、より完全にはやってこない。これらの種類の企業が特定できるものの衝撃は、個々の企業の上昇と下降がお互いを消しあう傾向にあると推測する経済学者のモデルからは一般的に除外される。しかいかに貿易やGDPのようなものが展開するかを理解するために、最大の会社の後を追うことは重要だ。

さっと見ると、その数はトップダウンの見方をすることを正当化しそうに見える。事業の世界は巨大だ。アメリカにはだいたい2,700万の会社がある。英国には480万だ。それぞれの国は、何百もの産業をまたいで何百ものほかの国と取引し、何千もの国と産業の貿易のつながりを作り出している。地球規模のネットワークは、何百万も走っている。経済は何百万もの企業と取引関係からなっているので、それぞれはわずかな埃のように見える。個々の会社と輸出チャネルは問題になるべきではない。これは、共通の衝撃だけが総計の変動を説明することができることを示唆する。一つの企業での労働者のストライキは十分ではないが、ゼネラルストライキは十分なのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

手を取り合って - 日本と東南アジア

8月
09

安倍晋三は、東南アジアに押し込むための経済的と同様に外交的な理由を強いている

5月26日にテイン・セイン大統領が安倍晋三をミャンマーの首都ネピドーに歓迎した時、それは相互尊重のすべての乾杯と吐露だった。安倍氏は1977年以来その国を訪れた最初の日本の首相だった。どちらの指導者も、西側が野蛮な軍事態勢を避けた10年間でさえも、長きにわたって比較的良好だった外交と経済のつながりを固めるよう決心したように見えた。ミャンマーの野党指導者アウンサンスーチーにも会った安倍氏は、テイン・セイン氏が2011年に始めたその国の新しい改革への関与を支持するための「すべての可能な支援」を約束した。

日本の行為はその素晴らしい言葉にあった。安倍氏はミャンマーの18億ドルの債務を帳消しにし、更なる5億ドルの援助融資を約束した。これは、商業首都のヤンゴンのすぐ南のティラワの経済特区を含んだ、過去18か月間ですでに合意された日本の関与の上に来る。日本は、今かなりいっぱいになったヤンゴンの古い港にとってかわる新しい港を含むだろう、2億ドルのティラワへの初期投資をしている。何十人もの日本の会社役員もまた、安倍氏とともに、彼が機会を探すよう促しているミャンマーにやってきた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

会社生活にさよなら - 日本の若者

11月
24

若い日本人のますます多くが、大企業の安全から去り、自分の事業を始めている

岩佐琢磨は、たとえその部門でかつて支配的だった日本の製造業者が苦労し始めていたとしても、パナソニックでの彼の職を去り、自分の家電会社を立ち上げるのに何の不安も感じなかった。

「私は何も心配しなかった。」2007年に日本最大の家電メーカーを去り、東京で家電革命のために戦うセレヴォを立ち上げた34歳の岩佐氏は語る。

「私は、何もないところから何かを作り出す、楽しくて挑戦に値することをする必要がある種類の人間だ。」彼は語る。モップに似た長めの髪をし流行の眼鏡をかけて、もつれたケーブルと電気製品の箱に彼の事務所の角で囲まれて、彼はとても起業家の風情をしている。

岩佐氏は、本当にやりたいことをする興奮と満足の代わりに、一流の雇用主から月給と社会的地位の約束を贈られるのを差し控える、少ないが増えている若い日本人起業家の塊の代表的人物だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アジアは本当にこれらで戦争に向かってしまうのか?

10月
09

島々についての小競り合いは、その地域の平和と繁栄への深刻な脅威だ

アジアの国々は、正確には一粒の砂に世界を見ておらず、その沿岸に散らばる小さな露頭や礁に国益の重大な脅威を見出している。今夏には中国、日本、韓国、ヴェトナム、台湾、そしてフィリピンを巻き込んだ一連の海洋紛争があった。今週、日本語で尖閣諸島として知られる無人の諸島についての紛争のために、中国中の町でより多くの反日暴動があった。トヨタとホンダはその工場を閉じた。両側の熱っぽいレトリックの中で、一つの中国の新聞が、要領を得ない外交を飛ばし、日本に原爆をくらわせるという主食にまっすぐ向かおう、と有益な提案をした。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

禅と車づくりの芸術

7月
04

日本企業は車作り職人として知られているが、演出能力も必要だ

日本では、会社は続くものとして作られた。世界で最も古い企業は、578年までさかのぼる日本の建設業の金剛組だ。14世紀以上後に、それはその中核的事業にこだわっている。大阪の仏教寺院の維持だ。多くの日本企業はまた、従業員がその心に刻み込んでいる設立原則を持っている。普遍的なテーマとして、長生き、一貫性、そして統合性が含まれる。自分のための利益を追うことは、日本では依然として、公衆の面前で鼻をかむことのように、汚いことだと考えられている。

この原始的な世界では、モノづくりは売ることよりも美徳だと考えられている。これは、日本の特徴というだけではない。シリコン・ヴァレーでも、ハッカーたちは単なる行商人と一緒にされないことを好む。しかし、日本では工業はほとんど宗教的な情熱で崇拝されている。実は、愛情を持って完全に治せるものという考えは、仏教的な禅にどこか負っている。マーケティングにははるかに少ない注意しか払われていない。世界的なブランドの世界では、これは間違いだ。日本の事業は物語の芸術もマスターする必要がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ウォンアップマンシップ - 日本の通貨

3月
12

日本は円とウォンの呪いを破ることができるのか?

円の、特に韓国ウォンに対する強さは、日本の電機会社に近年赤字を跳ねかけるのを助けてきた。今ではそれは血をまき散らしている。2月27日に、日本のDRAMメーカーのエルピーダは、第2次世界大戦以後日本の製造業で最大の破産となった。その消滅の一番の受益者は韓国のサムスンだ。

通貨の有利だけでサムスンがエルピーダをたたいたことを非難するものは誰もいないだろう。その電機の巨人は、多くの日本の競争者よりも素早く勇敢だ。しかし、円/ウォン為替レートは2008年中頃の世界的金融危機の始まり以来、大々的に韓国の輸出者に有利に作用してきた。その期間に、ウォンは円に対してだいたい50%下落し、韓国企業が価格において日本企業を浸食し、その国を経済成長の軌道に戻す力を与えた。しかしながら、円は、呪われたように行動している。日本が経済的苦境に陥れば陥るほど、その通貨は強くなったのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新しい特別な関係 - 英国と新興市場企業

9月
14

経済的暗がりの中で、英国は重要な世界的傾向の最先端にいる

4世紀ほど前、英国資本はインドに流れ込み、東インド会社を作り、帝国の基礎を敷き始めた。今、資本は反対の方向に流れている。過去10年間、鉄鋼や土木工事から、化学、通信、そしてお茶に至るまで広がるタタグループは、有名な英国企業を買い占めるのに150億ドルを使っている。テトリー紅茶についで、コーラス(元のブリティッシュ・スティール)、二つのもっとも典型的な英国車のメーカーであるジャガー・ランド・ローヴァー(JLR)、そして(それが全ての帝国の道を行くまで)インペリアル・ケミカル・インダストリーズだったものの元の企業の一つブルーナー・モンドが後に続いた。それらの買収の結果として、タタは今では英国最大の産業雇用者である。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

壁の中の失われたBRIC - インドネシアの中産階級

7月
31

東南アジア最大の経済で消費ブームがよく知られた問題を隠している

ジャカルタ中心部から、ゆっくりとした車の旅で見える広告板には、今、たった2つのものしか宣伝していない。スマートホンとスクーターだ。銀行が時には割り込むが、それはどちらかを買うための安いローンを提供するだけのものだ。幸運な客たちだ。そして現在のところ、顧客にとって良いことは、インドネシアにとって良いことだ。

その東南アジアの巨人は、成長に燃料を供給する消費者ブームの只中にある。2.38億人の人口をもって、インドネシアは長い間世界最大の経済の一つとなる潜在力を持っていた。もしその国が経済基盤を正しくできたなら。それはできるのか?

昨年、インドネシアは6%成長をして、G20の中で最も良い経済実績を上げた国の一つになった。格付け会社が豊かな国々の信用格付けを下げるのに忙しい中、インドネシアの格付けは逆方向へ向かってきた。インドネシア人は、その経済がまもなく新経済秩序の指導者としてのブラジル、ロシア、インド、中国の非公式クラブに参加できるだろうと考えている。彼らはBRIICSの中に入りたいのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ホンダ を購読