トヨタ

やぶの中でブーンブーン吹かす - 南スーダン

9月
18

正しい形式の車を運転することは、最も広く受け入れられた成功のしるしだ

たった1本の舗装された陸上道路しかない南スーダンは、車の愛好家にとって当たり前の場所ではない。しかし、地元の人たちは、ある日本車に強烈な熱愛感情を持つ。「いつの日か、息子はV8を運転するんだ。」望みで声を膨らませて、首都ジュバの街角で携帯電話充電用ソケットを課して生計を立てている男は語る。

V8とはトヨタのランド・クルーザーの上級車で、4つのシリンダーが2重の曲がった列をなしているエンジン部分から名づけられた。やぶのわだちの上ですらもやさしくごろごろ鳴らすそれは、7月9日に2歳になる世界で最も若い国で、最も人気のある車だ。それがなくては、新しく作られた大臣は、誰も真剣に受け取られないようだ。運転手は街角に1日中生息し、そのメタリックな仲間に抒情詩を歌ってバケツ何杯もの石鹸でV8のエンジンをいとおしく洗っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ゴリアテ - 大企業と経済の変動性

9月
08

大企業の運命は経済の変動性を説明する役に立つ

2004年12月に、マイクロソフトは巨大な330億ドルの配当をその株主に支払った。その種の最大の支払いであるそれは、その年のアメリカ人の個人所得の増加の6%を占めた。いかに大企業が大きな影響を持ちうるかの例は、より完全にはやってこない。これらの種類の企業が特定できるものの衝撃は、個々の企業の上昇と下降がお互いを消しあう傾向にあると推測する経済学者のモデルからは一般的に除外される。しかいかに貿易やGDPのようなものが展開するかを理解するために、最大の会社の後を追うことは重要だ。

さっと見ると、その数はトップダウンの見方をすることを正当化しそうに見える。事業の世界は巨大だ。アメリカにはだいたい2,700万の会社がある。英国には480万だ。それぞれの国は、何百もの産業をまたいで何百ものほかの国と取引し、何千もの国と産業の貿易のつながりを作り出している。地球規模のネットワークは、何百万も走っている。経済は何百万もの企業と取引関係からなっているので、それぞれはわずかな埃のように見える。個々の会社と輸出チャネルは問題になるべきではない。これは、共通の衝撃だけが総計の変動を説明することができることを示唆する。一つの企業での労働者のストライキは十分ではないが、ゼネラルストライキは十分なのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新興ブランドの戦い

9月
08

西側のブランドは発展途上国のそれからの包囲にさらされるようになっている。

過去20年間は、経済力の新興世界への巨大な再分配を経験している。しかし、今のところそれに相当するブランド力の再分配はない。フォーチュン誌の2012年の一覧の売上収入による500の大企業には、132の合衆国を除いたどの国よりも多くの73の中国企業が含まれていた。しかし、インターブランドの2012年の100の「最高の地球規模ブランド」の一覧には、中国企業は一つも含まれていなかった。

しかしながら、新著『Brand Breakout』の中で、二人の学者ニルマルヤ・クマールとジャン=ベネディクト・スティーンカンプは、発展途上国の企業が迅速にブランディングの芸術を学んでいると論ずる。数少ない新興市場のブランドがすでに地球規模になっている。ヨーロッパでサッカーの試合を「エミレーツ」を網膜に焼き付けることなく見るのは難しい。さらに近づいているものもある。中国のハイアール〈白物家電〉チリのコンチャ・イ・トロ(ワイン)そしてブラジルのナチュラ〈美容品〉だ。発展途上世界の勃興によって包囲されると感じる西洋人は、依然として高価なブランド品の高地を保持していると考えて自身を慰める。しかし、新興市場の競争相手が彼らの軍馬に乗っており、破壊鎚を持っていることに、彼らは疑いを持っていなくて当然だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アジアは本当にこれらで戦争に向かってしまうのか?

10月
09

島々についての小競り合いは、その地域の平和と繁栄への深刻な脅威だ

アジアの国々は、正確には一粒の砂に世界を見ておらず、その沿岸に散らばる小さな露頭や礁に国益の重大な脅威を見出している。今夏には中国、日本、韓国、ヴェトナム、台湾、そしてフィリピンを巻き込んだ一連の海洋紛争があった。今週、日本語で尖閣諸島として知られる無人の諸島についての紛争のために、中国中の町でより多くの反日暴動があった。トヨタとホンダはその工場を閉じた。両側の熱っぽいレトリックの中で、一つの中国の新聞が、要領を得ない外交を飛ばし、日本に原爆をくらわせるという主食にまっすぐ向かおう、と有益な提案をした。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

モーターの心 - シエラレオネでのカーハイヤー

9月
29

成功への鍵はよい故障サーヴィスだ

ひどく暑いシエラレオネの藪の深くで、そのランドクルーザーのエアコンが壊れた。問題ない。そのカーハイヤー会社はほかの車を送った。ダイヤモンド鉱山の町からの汚いディーゼルがそのエンジンを詰まらせ、その二番目の車も故障した。また、問題ない。フラッシュ・ヴィークル・レンタルスは三台目のトヨタを送った。

その小さな西アフリカの国、シエラレオネは、取り残されるのによい場所ではない。それは、車を直すのに信頼できる場所がほとんどない。そしてそれは完全に安全なわけではない。その間に何千人もの人々が投票への罰として手を叩き切られた内戦は、2002年に終わった。しかし、本欄の記者は別の鉱山の町での暴動をかろうじてのがれ、その道路はいつでも訓練を受けていない運転手によって破壊された車が捨てられている。

シエラレオネで営業している大きな世界的カーハイヤー会社はない。しかし、鉱山や農場に投資するために、ここに群がっている外国人は、あちこち移動するのに信頼できる方法を必要としている。30歳のカナダ人デヴィッド・ドブロウォルスキは、それを供給しようとしている。二人の友人とともに、彼は2年前にフラッシュ・ヴィークル・レンタルスを立ち上げた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

禅と車づくりの芸術

7月
04

日本企業は車作り職人として知られているが、演出能力も必要だ

日本では、会社は続くものとして作られた。世界で最も古い企業は、578年までさかのぼる日本の建設業の金剛組だ。14世紀以上後に、それはその中核的事業にこだわっている。大阪の仏教寺院の維持だ。多くの日本企業はまた、従業員がその心に刻み込んでいる設立原則を持っている。普遍的なテーマとして、長生き、一貫性、そして統合性が含まれる。自分のための利益を追うことは、日本では依然として、公衆の面前で鼻をかむことのように、汚いことだと考えられている。

この原始的な世界では、モノづくりは売ることよりも美徳だと考えられている。これは、日本の特徴というだけではない。シリコン・ヴァレーでも、ハッカーたちは単なる行商人と一緒にされないことを好む。しかし、日本では工業はほとんど宗教的な情熱で崇拝されている。実は、愛情を持って完全に治せるものという考えは、仏教的な禅にどこか負っている。マーケティングにははるかに少ない注意しか払われていない。世界的なブランドの世界では、これは間違いだ。日本の事業は物語の芸術もマスターする必要がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

名前がなんだ? - 評判管理

5月
04

なぜ会社はその評判について少ししか心配すべきではないのか

人々は、歴史始まって以来評判について議論してきている。聖書は、「よい名前は大金持ちよりもむしろ選ばれるべきで、愛は金銀よりも好まれるべきものだ。」評判を現実的ではないとして退ける者もいる。エイブラハム・リンカーンの言葉では「影」、ジェームズ・ローウェルに言わせれば、「不確かな名誉」だ。シェークスピアは、両方の側に素材を提供した。カシオは評判を「自分自身の不死の部分」と表現した一方で、イアゴはそれを「しばしばメリットがなく理由なく失われる、怠惰で最も間違った押しつけ」だとして退けた。

現在の経営理論産業には、そのようなあいまいな言葉遣いのための時間がない。その初心者にとって、評判もしくは少なくとも法人に関してのそれは、「競争優位」を得るために「テコ入れ」されるべき「戦略的資産」、「悲観的なニュース」に対してあなたを守るために要求される「安全緩衝帯」、そして「利害関係者共同体に関与する」ことによって増やすことができうる「組織的資本」の蓄積だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アジアの革新 - つましい考えが東から西に広がっている

4月
07
世界で最も安い車のタタナノは2009年に最初の1台が生産ラインから出てくる前に象徴になった。インドで最もあがめられているコングロマリットであるタタグループは、革命を具現化することによって強力に売り込んだ。つましい革新は、2,000ドルの車が単なる予兆でしかない消費財を、普通のインド人や中国人の手の届くものにするだろう。アジアの技術者たちは西洋の製品からすべての不必要な装飾をはがすことによって作り変えるだろう。その費用削減はとても大きいので、つましい考えは世界を征服するだろう。かつてトヨタが日本の時代を布告したように、タタはインドの到来を布告するだろう。
 
悲しいことに、その奇跡の車は最初から問題に付きまとわれた。抵抗する農民は、一つの州からタタ自動車の生産をほかに移すことを強いた。初期の売上は火をつけるのに失敗したが、いくつかの車は、文字通りそうなった。地元の顧客はトラックから乗用車に移るという欲望をほとんど示さなかった。ナノが誇大宣伝にこたえるのに失敗したことは、より大きな問題を提起する。つましい革新は売り込まれすぎたのか?西側の会社はリラックスできるのか?
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

トヨタ を購読