欧州中央銀行

ティーショク(アイルランド首相)の頓挫 - アイルランド

9月
14

景気後退が戻ってきて、銀行員の悪事が発覚する

アイルランドの首相エンダ・ケニーにとって、銀行員たちの会話の録音が漏れたことほど、イライラさせる時間になったことはほとんどないだろう。6月30日にケニー氏の政府は6か月のEUの持ち回り議長国を終え、その間にEUは予算を仕上げた。そのうまく行った仕事は、アイルランドがヨーロッパで失った権威をいくらか回復するのを助けただろう。

悲しいことに、ケニー氏の成果は、納税者の費用に関わらず破綻した機関を前の政府が救うことを確かめるようアングロ・アイリッシュ銀行の役員が企んだ5年前のテープの暴露によって、影が薄くなった。アングロのテープの調子と中身についての大衆の抗議が起こった。アイリッシュ・インディペンデントに掲載されたその抜粋は、2008年9月に世界的金融危機が展開し、アングロが巨大な預金流出を食い止めるのに苦労していた時の、銀行の役員の間での電話の会話を物語った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

バルトの野望 - ラトヴィアとユーロ

6月
02

ラトヴィアは来年の1月にユーロ圏の18番目の加盟国になりそうだ

ヴァルディス・ドムブロフスキスは、阻止されない。キプロス、スロヴェニア、そして継続するユーロ危機にもかかわらず、そのラトヴィア首相は彼の国を2014年1月1日にその単一通貨に参加させたいと思っている。今週、彼は、スペイン人と並んでラトヴィアのたくらみについてもっとも懐疑的であるフランス人を説得するために、パリに飛んだ。

それにもかかわらず、ラトヴィアは楽勝であるべきだ。その小さなバルト海の国は、努力なくしてマーストリヒトの条件を満たす。今のところ、ユーロ圏はそのすべてに従った国を拒絶したことはない。さらに、ラトヴィアの経済はしっかりと成長しており、その通貨はほぼ10年間ユーロにペグしており、その民間と法人の債務の90%までもがすでにユーロ建てになっている。その北の隣国エストニアは2011年に加盟し、3番目のバルト国家リトアニアは2015年に後に続きたいと思っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いかさまの通貨戦争 - 世界経済

3月
10

世界は日本とアメリカの金融的自己主張を歓迎すべきだ

世界最大の経済からの高官たちは、戦争を避けるミッションのために2月15-16日にモスクワで会う。爆弾や銃弾を伴ったものではなく、「通貨戦争」だ。財務大臣と中央銀行総裁たちは、G20の彼らの仲間たちが、その隣国の犠牲の下に輸出を押し上げ経済成長させるために、その通貨を切り下げることを心配している。

ブラジルに率いられた新興経済は、連邦準備銀行が新規発行した金で債券の山を買った2010年にアメリカが通貨戦争を扇動しているとして最初に非難した。その「量的緩和」(QE)は、投資家により良い利益を求めて新興市場に流れ込ませ、その為替相場を引き上げた。今、それらの非難は、日本に浴びせられている。新首相の安倍晋三は、成長を再開し、デフレを破るために、勇敢な刺激策を約束している。彼はまた、輸出を強めるためにより弱い円を要求している。それは(安倍氏が権力に向かっていることが明らかになった)9月以来ドルに対して16%、ユーロに対して19%鈍く下落している。

しかしながら、その不平はやりすぎだ。アメリカや日本の行動を非難するよりむしろ、他の国々は彼らを賞賛すべきだ。そして、ユーロ圏は彼らの例にかなり従うだろう。
 

剣を印刷機に変える

Posted By gno-eagrai 続きを読む

盛大なお祭り - ビッグマック指標

3月
04

通貨戦争:バーガーの評決

古い牛肉が再び国際金融の世界を分けている。「通貨戦争」の妖怪だ。ドイツのブンデスバンクの総裁イェンス・ヴァイトマンは最近、中央銀行が減速する経済の行き返させる努力は、「為替レートをますます政治問題化する」ことにつながりうる、といらだっている。大きな債券ファンドマネージャーのピムコのビル・グロスは、経済が輸出業者を押し上げるために通貨を下落させる成長マッサージを熱望するにつれ、世界が1930年代を思い出させる通貨切り下げ競争に入っていると説明する。バーガノミクスは何を言わなければならないか?

ビッグマック指数は、エコノミスト誌の外国為替レートについての快活な分析だ。その秘密の素は購買力平価〈PPP〉の理論だ。それによって、価格と為替レートは長期的に調整され、国をまたいで貿易財の同一のバスケットの費用を同じにする。我々のバスケットはビッグマックだけを含んでおり、マクドナルドがどこでも(またはほとんどどこでも:インドでは我々は牛肉ではなく鶏肉を用いるマハラジャマックを使う)同じ原材料から同一の製品を生産する努力に頼っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

依然として制限的だ - アイルランドの堕胎議論

2月
26

アイルランドの堕胎についての法律を緩和する制限された計画が、鋭い議論を惹き起こす

アイルランドの最高裁は21年前に、女性の命を死の危険にさらすかもしれない妊娠のリスクがあれば、堕胎は合法だと裁定した。その訴訟は、最高裁がひるがえした、下級裁判所に堕胎のためにイングランドにわたることを止めた決定をされた、性的虐待を受け自殺的な10代の若者を巻き込んだ。しかし、後に続く政府はその裁判所の決定を無視した。アイルランドは依然として先進国中で最も制限的な堕胎の体制を持っている国の一つだ。毎年4,000人以上のアイルランド人女性が英国にわたって妊娠中絶する。アイルランドの問題への英国的解決だ。

しかしながら、3年前、欧州人権裁判所はアイルランドにその堕胎法を明白にすることを要求することによって政治家が措置を講じるよう恥いらさせた。より最近には、あるインド生まれの歯医者が繰り返し中絶を要求していたにもかかわらずゴールウェイの病院で流産の後に亡くなった時の国際的な抗議によって、その議論は再点火された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
欧州中央銀行 を購読