大西洋横断経済評議会

大西洋貿易 - 大西洋横断自由貿易協定

2月
26

なぜアメリカとヨーロッパは自由貿易協定を必要とし、それを得るのに失敗するかもしれないのか?

長く続いた大西洋をまたいだ牛肉戦争の銃声は収まった。去年、EUは(ホルモン処理されていない限りは)アメリカの牛肉輸入の割り当てを倍以上にし、アメリカはロックフォールチーズの輸入への懲罰関税を外した。アメリカは、狂牛病の拡大を防ぐために1997年に課された牛肉輸入の禁止を間もなく緩和してしかるべきだ。11月にEUは肉を乳酸で除染するというアメリカのやり方を受け入れた。アメリカの牛肉脂肪についての最後の小論争は、(化粧品のためではなく)バイオ燃料のための獣脂の輸入を許すという計画を通して間もなく解決されるだろう。

何十年にもわたる貿易紛争と訴訟の後で、その停戦は野心的な大西洋横断自由貿易協定への雰囲気をきれいにするつもりだ。EUの高官は「大西洋横断統一財市場に近づく何か」を作り出すことを話す。それほど大きくない協定でさえも、大西洋の両側で苦労する経済を再活性化する助けになりうる。それはまた、アメリカとヨーロッパが急速の勃興する中国に直面して国際的貿易ルールを決める役に立ちうる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
大西洋横断経済評議会 を購読