産業政策

合衆国とカナダの関係 – アラスカから本土48州への海路上での孤立

1月
27

合衆国のアラスカ海洋高速道路は、本当の意味での高速道路ではない。それは、アラスカのアリューシャン列島からワシントン州ベリンガムをつなぐ5,600kmの港の鎖だ。その多くが観光客である31万人程度の乗客が、毎年、少なくともそのフェリーの旅の一部を楽しんでいる。それはアラスカの沿岸共同体をお互いに、そして本土48州と結びつけたが、その一部はカナダにある。この二重国籍の性質から、貿易論争が起こっている。

アラスカ州は最初1963年にそのターミナルを借り、2013年にはカナダに330万ドルを支払い、それを50年更新した。しかし、その衰えた停泊地、橋、そして自動車ランプの取り替え契約を誰が結ぶのかについての、カナダと合衆国との間でのけんかが今勃発している。その港がカナダのものであることに誰も異存はないが、果たしてアメリカの法律は適用されるのか?

その海路を管理するアラスカ州は、1,000-2,000万ドル相当の計画をあるブリティッシュコロンビアの企業と契約を結ぶことを計画していた。国の外れで他の業者を雇うことにほとんど意味はない。しかし、合衆国の「バイ・アメリカ」法の条項の下で、契約業者はアメリカ人を雇用する供給者からの鉄鋼や他の素材を使わなければならない。そしてまた、アメリカ製の工具を使わなければならない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

起業家的国家

1月
02

ある新刊が、政府が革新的な事業を生み出すのに果たしている大きな役割を指摘する

アップルは一般的に、革新的事業について最高のものすべての具現化としてみなされる。それはガレージで始まった。何年間も、それはマイクロソフトのもっさりしたゴリアテに対するかっこいいダヴィデを演じた。それからそれは、コンピューターから携帯端末へその焦点を移すことによって、自身を、そして娯楽産業全体を崩壊させた。しかし、この物語からは何か省かれたものがある、と、イングランドのサセックス大学のマリアナ・マズカートはその著書「The Entrepreneurial State」の中で論ずる。スティーヴ・ジョブズは、技術とデザインの両方を理解した、疑いもない天才だった。アップルは疑いもなく巧妙な革新者だった。しかし、アップルの成功は、現在の消費者向け電化商品革命の認められない支えである、国家の積極的役割なしには不可能だっただろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ボーっとしている - アベノミクス

11月
02

日本はついに経済特区を機能させることができるのか?

世界でもっともよく知られ、最も成功した経済特区は、中国の深圳だ。鄧小平が香港の北にある小さな農漁村を自由市場経済を試すために選んだ1979年の後に、それは急速に産業大都市に成長した。日本もまた、長く資本主義に変わっているけれども、その国の他の部分ではあまりに急進的な考えを試すために、経済特区を使っている。首相の安倍晋三はいま、それらを彼の経済復興のための計画の中心に置いている。何十年間も多くを成し遂げることができなかった後で、それらはついに日本が深圳のような変革をするのを助けることができるのか?

もしその地域の予想される大きさが何らかの指針になるのならば、それらは実に影響を持ちうる。最終的な場所は間もなく発表されるだろう。東京、大阪、名古屋の巨大な都市が候補になりそうだといわれている。日本語でいうところの「特区」を監督するために、新閣僚が選ばれることすらあるかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

資本主義者の機械を直す

10月
22

アメリカの起業家精神を生き返らせる幾つかの賢明な考え

アメリカは、第二次世界大戦以降ずっと世界で最も重要な成長機械だった。1950年代と60年代に、そのGDPは、その経済の成熟にもかかわらず、年に3%成長した。1970年代には、それはスタグフレーションを我慢したが、レーガン革命が起業家精神を生き返らせ、その成長率は1990年代には3%に戻った。その機械は、アメリカにとってと同じように世界にとってもよい。それは、資本主義の福音を広げ、アメリカンドリームをグローバルドリームに変えるのを助けた。

今、その成長機械は困難に見舞われている。それは2007-08年の金融危機でほとんど爆発した。しかし、それ以前であっても揺れ動いていた。その機械の三つのもっとも強力なピストン(資本市場、革新、そして知識経済)を調べると、それらが10年間うまく機能していないことを発見する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ハイ、もっと多くのソリンドラ - 新エネルギー

10月
01

その太陽光会社は失敗したが、それに投資するという決定は、正しいものだった

合衆国では、ソリンドラ「スキャンダル」は、共和党の環境政府投資に対する議論の中心だが、それは今も過去もスキャンダルではなかった。その悪名高い太陽光パネルメーカーも一部であった連邦のクリーンエネルギー融資計画は、危険の高いヴェンチャーに資金を出すために設計され、ソリンドラはほどほどのリスクだった。巨大な民間支援と産業を変える機会を持った革新的な製造業者だ。しかし、その産業は、それ自身が最初に変わった。シリコン価格は上がり、ソリンドラの利点は消え、その会社は破産した。よくあることだ。ブッシュ、オバマ両政権は、その計画の最初の融資への143の申請者からソリンドラを選び、調査人はそれが起こるようにした政治的介入の証拠は何も見つけられなかった。そう、ホワイトハウスの高官は、その5,35億ドルの破産について聞いた時、電子メールに「うえっ!」と書いたのだ。彼女は何と書くべきだったのか?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

太陽が欠けた

2月
28

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

制限はなく、慣習もない - 日本を「クール」としてブランド化する

10月
20
その美しい人々は官僚と手を結ぶ
 
東京にある日本の経済産業省(METI)の本省はその国の戦後の経済奇跡の操縦席だった。しかし、最近それは退屈な場所だ。「クール・ジャパン戦略推進事業」の事務所に入った時でさえ、装飾はほとんど輝いていない。アップルのマックブック一つ目に入らず、おとなしい「OL」が依然としてお茶を出す。
 
しかし、METIは羽根を伸ばしたいと思っている。車や電機と言ったかつての日本経済の砦は、韓国や中国などと激しい競争に直面しており、それは、ファッション、音楽、食品、アニメと言った創造的産業と言われる別の成長源を探している。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

産業政策 を購読