パナソニック

会社生活にさよなら - 日本の若者

11月
24

若い日本人のますます多くが、大企業の安全から去り、自分の事業を始めている

岩佐琢磨は、たとえその部門でかつて支配的だった日本の製造業者が苦労し始めていたとしても、パナソニックでの彼の職を去り、自分の家電会社を立ち上げるのに何の不安も感じなかった。

「私は何も心配しなかった。」2007年に日本最大の家電メーカーを去り、東京で家電革命のために戦うセレヴォを立ち上げた34歳の岩佐氏は語る。

「私は、何もないところから何かを作り出す、楽しくて挑戦に値することをする必要がある種類の人間だ。」彼は語る。モップに似た長めの髪をし流行の眼鏡をかけて、もつれたケーブルと電気製品の箱に彼の事務所の角で囲まれて、彼はとても起業家の風情をしている。

岩佐氏は、本当にやりたいことをする興奮と満足の代わりに、一流の雇用主から月給と社会的地位の約束を贈られるのを差し控える、少ないが増えている若い日本人起業家の塊の代表的人物だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

禅と車づくりの芸術

7月
04

日本企業は車作り職人として知られているが、演出能力も必要だ

日本では、会社は続くものとして作られた。世界で最も古い企業は、578年までさかのぼる日本の建設業の金剛組だ。14世紀以上後に、それはその中核的事業にこだわっている。大阪の仏教寺院の維持だ。多くの日本企業はまた、従業員がその心に刻み込んでいる設立原則を持っている。普遍的なテーマとして、長生き、一貫性、そして統合性が含まれる。自分のための利益を追うことは、日本では依然として、公衆の面前で鼻をかむことのように、汚いことだと考えられている。

この原始的な世界では、モノづくりは売ることよりも美徳だと考えられている。これは、日本の特徴というだけではない。シリコン・ヴァレーでも、ハッカーたちは単なる行商人と一緒にされないことを好む。しかし、日本では工業はほとんど宗教的な情熱で崇拝されている。実は、愛情を持って完全に治せるものという考えは、仏教的な禅にどこか負っている。マーケティングにははるかに少ない注意しか払われていない。世界的なブランドの世界では、これは間違いだ。日本の事業は物語の芸術もマスターする必要がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

かなり利益の上がるオウム

5月
25
ビジネスにとって、模倣に長けることは、少なくとも革新的になることと同じくらい重要だ
 
下着小売りのヴィクトリアズ・シークレットの所有者レス・ウェックスナーは、毎年、採用すべきほかの会社の考えを探して、世界中を旅するために1か月の休暇を取る。彼の衣料グループのリミテッド・ブランズは航空会社から消費財製造業者まで、合法の霊感を求める。ウェックスナー氏の哲学は、ビジネスは模倣を賛美すべきだ、というものだ。
 
それはほとんど異端だ。政治家や数えきれない授賞式が、経済成長における革新の役割を激賞する。ビジネスは革新するか死ぬかのどちらかだといわれる。模倣者は悪い奴の役割を与えられる。「最初の会社は、最も高い頻度でそして最も望ましい市場で生産する機会を持つ。」2009年のジュリア・ロバーツ主演の企業ホラーの「デュプリシティ」でバーケット&ランドルの社長が宣言する。その会社は仮定の発毛剤をまねしようとする悪のライヴァルに対して正当に勝利を得る。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

日本人の手に戻る - ソニー

4月
28

 

平井一夫の新戦略はソニーのビジネスにぼやけた未来を与える

 

かつては世界を打ちのめす電気製品を作っていたが、今ではほとんど損失を出しているということでよく知られている日本企業のソニーを救うのに、たった一人の男の手にあまりに多くを期待することはできない。そうだとしても、経営を日本人の手に取り戻して2週間もたたない4月12日にその会社についての見通しを明らかにした平井一夫は騒々しいスタートを切った。

 

4月10日にその会社は、3月31日に終わる会計年度にその65年の歴史上最大の損失である5,200億円の損失を出すと予測した。もっとも最近の2月に発表されたものよりも2倍悪いその新たな予測は、1年で40%下がっているその株価に痛手を与えた。増えた損失は、かなりが会計方式の変化に起因したものだ。4年連続の赤字によって、ソニーはもはや繰越税金損失を資産として計上できないと決めた。「そのニュースは私をひどくたたいた。」平井氏は認めた。

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

日本 一年後

3月
13

水は引いている。日本の北東部がマグニチュード9.0の地震と40メートルの津波に襲われてから1年がたち、写真家が破壊の後の忘れられない写真を撮った沿岸の村は、今では奇妙な落ち着きを発している。車はもはや今にも倒れそうな建物の上にぶら下がってはいない。破壊された漁船のねじれた外殻は、下町の道から引きずられている。

日本社会の並外れた回復力と団結は、その国が1年前に襲った地震、津波、破損した原発という空前の3重苦に取り組むのを助けている。少なくとも2万人の人々が亡くなり、数えきれない家や家財道具が破壊され、多くは再建されない。当時の総理大臣、菅直人は2011年3月11日の衝撃を、日本の戦後最大の危機、と正しく表現した。

日本は、繰り返し災難から、しばしば以前よりも活気があるほどに立ち直ってきたので、多くの思慮深い日本人(と非日本人)は、その国がただ破壊された東北から生き返るだけでなく、何十年にも及ぶ社会的経済的沈滞を追い払うことを鼓舞して、去年の災難が似たような浄化作用効果を持つだろうと信じた。しかし、1年後、3月11日は待ち望まれた触媒にはなっていない。危機後の日本についてもっとも注目すべきことは、それがいかに危機前の日本に似ているかということだ。新しい通常は古い通常と多くの点で似ている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

信頼の問題だ - 日本のエネルギー危機

6月
27

核のおそれ、そしてその経済的衝撃は福島からはるかに広がっている。

西日本の関西地方は、オランダと同じくらいの経済を持ち、2つの電機大手material-scienceの本社があり、遊び好きな東京のライヴァルである大阪をその最大の都市にしている。3月11日に日本が自然災害と核災害にあった時、関西はその経済エンジンを上げることにより日本のためになにかできるだろうと考えていた。しかしながら、悔しいことに、それは東京と同じような打撃を受けていることに気がついた。

関西は被害を受けた福島第一原発から電力供給を一切受けていない。しかし、その地域独占企業関西電力は、顧客に7月から9月にかけてピーク時に15%のエネルギー消費削減を依頼した。市民は汗まみれの夏をエアコン無しで過ごす事になる危険がある。東京人も似たようなことに身構えている。しかしながら、彼らの指導者と違って、関西の指導者たちはおおっぴらに反旗を翻している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

日本のエコ産業政策 - 緑の裏地の雲

5月
05

災害救済支出はエネルギー効率のよい技術を押し上げるかもしれない

日本の地震、津波、そして核危機は東京と関東地方の発電能力の1/4を壊滅させた。政府は企業と家計に夏の節電を呼びかけているので、エネルギー効率のよい技術へのインセンティヴになっている。緑の産業政策は電力不足を少し助けるだけではなく、日本の苦闘する再生可能エネルギー会社を押し上げる、と望んでいる。

一つのアイディアは、今起こっているように太陽光発電の余剰電力を企業や家計から買い取るだけではなく、導電網に彼らがエネルギーを入れることに対して支払いをすることによって太陽光発電を促進するものである。多くの新しい家では、ソーラーパネルがついているが、それらの使用を増やす余地はまだある。これは日本のパネルメーカー規模の経済を与え、中国やアメリカのライヴァルに奪われた市場を回復するきっかけになるかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
パナソニック を購読