フェイスブック

無からのカネ - ビットコイン

3月
21

慢性的なデフレがビットコインがその法定のライヴァルたちにとってかわることを妨げるかもしれない

最も熱狂的なファンにとって、ビットコインは薬物の有益な代金支払い法以上のものだ。それはまた、消費者向け金融の多くを崩壊させうる技術的脅威でもある。しかし、それはカネなのだろうか?ハッカーにより大量の通貨が繰り返し消失させられるにもかかわらず、ビットコイン経済は成長し続けている。流通しているビットコインの総価額は、1年前にはたった4.9億ドルだったのが79億ドルに増えており、日々の取引量はほぼ60%増えている。もしビットコインがお金っぽさでドルやユーロと張り合うことを望むのならば、それはマスターカード狂以上のものになる必要があるだろう。

経済学者は、カネとは3つの主要な機能で働くものだと説明する。それは、モノやサーヴィスと信頼して交換できる「交換手段」でなければならない。それは安定して価値を蓄えることができなければならず、それにより利用者は多かれ少なかれ購買力を損なわずそのいくらかをしまいこみあとから使うことができるようになる。そしてそれは計算単位として機能しなければならない。ある経済における価値を測るための統計的な尺度だ。アメリカのドルはその3つにすべてあてはまる。ビットコインはもう少し進まなければならない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

多目的複合大都市 - 賢い都市

1月
10

熱狂する人は、前世紀に電気がしたのと同じくらい、データサーヴィスが今世紀都市を変えることができると考えている。それを証明するのは長い道のりだ

泥棒でさえも、今ではスマホアプリを持っているようだ。(アムステルダムのスラングで「簡単な窃盗」のような意味の)マッキー・クラウウェは、自転車が良い目標のような、例えばリーストラートやタインストラートといった、コソ泥のためのその町で最善の場所を明らかにする。そのアプリは、その暗い技術を、ある地区で報告された、可処分所得、犯罪水準、そしてほかの問題についてのおおやけに利用できるデータをまとめたものに頼っている。盗むのによい場所は、例えば、高い所得、低い犯罪報告、そして壊れた電灯といった条件かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

人生を捕まえろ! - フェイスブックはあなたにとって悪い

12月
15

ソーシャルネットワークを使うことは、人々をより悲惨にするようだ

フェイスブックに参加する衝動に抵抗している人々は、最新の研究を呼んだ時、確かに立証されたと感じるだろう。ミシガン大学のイーサン・クロスとベルギーのルーヴェン大学のフィリッペ・フェドユンによって行われた、パブリック・ライブラリー・オブ・サイエンス誌に掲載されたばかりの研究は、誰かがフェイスブックを使えば使うほど、人生に満足しなくなることを示している。

フェイスブックを使うことは、嫉妬、社会的緊張、孤立、そして鬱と組み合わさるということを、過去の調査は見つけている。しかし、これらの研究は、すべて「横断的」なもの、すなわちその時のスナップショットだ。そう言うものだから、それらは相関と原因を混同する危険がある。たぶん、ソーシャルメディアにより多くの時間を費やす人々は、最初の段階で負の感情を持つ傾向を持っているだろう。クロス博士とフェドユン博士によって行われた研究は、フェイスブック利用者がいかにしてその感情を変化させたかを追うために、長期にわたって彼らを追った最初のものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

おっぱい、ダメ -- タブロイドのヌード

12月
10

タブロイドのヌードについての論争は、性と社会について何を言うか

ある英国紳士は慣例を好む。トーストの上のマーマイト、グラスに入ったぬるいビール、口の中の虫歯、そしてサン誌の数百万人の読者にとっては3面のダヴェントリーのケリーのおっぱいをちらっと見ることだ。そのようなことは、英国の最大部数のタブロイドによってなされた主張だ。いわく、そのトップレスの写真は1970年に当時の経営者ルパート・マードックによって導入され、それらは国民生活の無害な定着物になっている、と。だが、生意気にも尊ぶべきかもしれないが、3面は先が見えているかもしれない。その運命は、性、フェミニズム、そしてメディアへの進化する姿勢に光を当てる。1970年から英国で何が変わり、何が変わっていないかについてだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

実に復活! - ラテン語の復活

10月
03

死んだ言語が生きており、オンラインを飛び回り、放送にのっている

教皇ベネディクト16世が2月に辞めた時、彼はラテン語を使い、彼の言葉を理解した出席していたたった一人の記者だったジョヴァンナ・キリにスクープを与えた。それは、ラテン語のありそうもない生き残り、そして生きた言語としての復活を、タイミングよく思い出させるものだった。ドイツのラジオ局ラジオ・ブレーメンは、2001年から『Nuntti Latini Septimanales(週刊ラテンニュース)」と呼ばれる週に一度のニュースまとめを放送している。フィンランドのYLEラジオ1は、80を超える国にリスナーがいる、似たような番組を1989年から放送している。

ツイッターの140文字の題辞と警句は、ラテン語にとって理想的だ。5文字で時に英語の10文字以上のことを言うことができる、とケンブリッジ大学のラテン語学者デヴィッド・バターフィールドは語る。ツイートはまた、面倒くさい長い従属節の余地を残さない。『The Pontifex Latin(教皇ラテン)』アカウントは、1月にベネディクト16世が始めてから13.2万人のフォロワーを獲得している。それは、たぶんウェルギリウスの言葉が依然として共通言語であるたった一つの現代の職場である、ヴァチカンのラテン文字事務所によって運営されている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

若く、独身で、近くの - デジタルデート

9月
30

原始の情熱を満足させる新たな方法

より古い世代は決してできない。ニューヨーク市長候補のアンソニー・ウィーナーは、今週、デジタルの知人に更によりみだらな写真を送っていることを認めた。どんな若者も彼に教えることができたように、愛を見つける方法は、顔写真を送ることだ。

カリフォルニアの24歳の有望な映画監督ウィルについて考えてみる。彼は、ティンダーと呼ばれるスマートフォンアプリを通して、潜在的なデート相手に会う。それは、(あなたの電話はいつもあなたの場所を知っているので)近くの潜在的な相手を見つけ、フェイスブックプロフィールからの写真を見せる。ウィルはそれぞれの写真を好んだり拒絶したりできる。もし女性もまた彼を好めば、両方は注意を発せられ、おしゃべりを始めることができる。

ティンダーは素早く(数分で何十枚もの写真をスクロールできる)恥をかかずに済む(誰かが拒絶しても知ることはない)。ウィルはすでに3度のロマンティックな出会いをし、何百ものお見合いをしている、と彼は語る。ティンダーの共同創業者ジャスティン・マティーンは、それが9月に立ち上げてから1億のお見合いをしており、50の婚約につながっているという。彼は付け加える。「そのアプリは本当に9か月しかやっていない。間もなく子供が生まれ出てくるかもしれないよ。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

憤りの精神が我々の上にある - ジンバブエのきたるべき選挙

9月
11

謎めいたフェイスブックのキャラクターが殺人と大混乱を予言する

ジンバブエの差し迫った大統領と議会選挙の正確な日について政治家が論争するにつれ、「ババ・ジュクワ」を呼ぶ響き渡った音が騒音を切り裂いている。ロバート・ムガベ大統領のZanu-PF党の不満を持った内部者だと主張して、精神的な霊媒とその名が響きあうこの謎めいたキャラクターに属するゴシップ好きなフェイスブックページは、たった3か月で18.5万以上の「いいね!」を集め、投稿の度に何百もの反応がある。

ババ・ジュクワは、与党から秘密を盗み、市民の権利を奪われた大衆とそれを共有するジンバブエ版のロビン・フッドだと考えるものもいる。しばしば電話のかけ方と答えの求め方の指示付で携帯電話番号を含んで、そのブロガーは毎日腐敗と野蛮さを申し立てられた政治家たちを名指しし辱める。ジンバブエ人に投票への登録を勧める投稿もある。「Asijiki!」ババ・ジュクワは書き終える。「後戻りはできない!」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ついに人気を博している - 教育技術

9月
09

新技術がアメリカの学校を、それから世界の学校を混乱させるとみられている

シカゴのサウスサイドの小さな学校で5-6歳の年齢の40人の子供たちが静かに座って教室で学んでいる。それぞれの前には、リーディング・エッグスと呼ばれるソフトウェアが走っているコンピューターがある。短い物語を読んでいるものもあれば、学んでいる言葉で文章を作っているものもいる。最も遅れているものは、空を飛んでいるすべての大文字と小文字のBSを攻略している。彼らがそれぞれの仕事を終えるにつれ、彼らは読み書きでどれだけ進んでいるかを示す漫画の地図を進む。道に沿って、彼らはゲーム内の分身の邸宅に家具を備え付けるための道具のようなものを買うのに使うことができる卵を集める。時々、ある子どもは、二人の監督教師のうちの一人とともに、予定された読書時間を過ごす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

吹き飛ばされた - エネルギー

8月
13

風力発電はよくやっているが、それは依然として不定期で短期の補助金に頼っている

去年10月のそよ風の吹く日に、カンザスの知事サム・ブラウンバックは、その州の繁栄する石油ガス探査産業を回った。しかし、バスが開けた平原を渡って進むとき、カンザスのエネルギーの新たな現象について気づかないのは難しい。風力発電だ。たくさんある。去年、その州はその風力発電能力を倍にした。これは今、その電気の11%を提供する。しかし、風雨にさらされたオイルマンは、ひとつの動いていない発電機を見上げて、それは政府補助金を吸い上げる以上にほとんど何もしていない、と言った。

これらの補助金のおかげで、風力発電は2012年によくやった。その年に、記録となる6,700基の発電機が設置され、250億ドルの民間資本が投資された。これは、その国の電気供給の約3.5%の風力発電能力をもたらす。それは、1,500万件の家に電気を供給するのに十分だ。エネルギー省は、2030年までにアメリカの電気需要の20%は風力によって賄われる、と計算する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

デジタルの金を採掘する - 仮想通貨

5月
20

たとえ崩壊しても、ビットコインは金融の世界に影響を与えるかもしれない

1999年に、ショーン・ファニングという18歳が音楽産業を永遠に変えた。彼は、レコード会社から高価なCDを買う代わりに個人が音楽ファイルを交換することができるようにするナップスターというサーヴィスを開発した。訴訟が続き、2001年にナップスターは閉鎖された。しかし、その考えは、ビットトレントやほかのP2Pサーヴィスの形で生き残っている。ナップスターブランドは、依然として合法的な音楽ダウンロードサーヴィスで使われている。ナップスターの物語は、似たような技術に基づいたデジタル通貨のビットコインについての興奮を説明する役に立つ。1月に、ビットコインの単価は15ドル程度だった(ビットコインは少額取引のために小数点以下8桁まで分けることができる)。本誌が4月11日に印刷に回された時、それは179ドルに決まり、流通しているすべてのビットコインの価値を20億ドルにしている。ビットコインは、、ソーシャルメディア、最新のものを探す自由な資本、そして多分キプロスの最新の事件によって狼狽した銀行預金者にさえもよって加熱されたバブルである世界でもっとも熱い投資の一つになっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

フェイスブック を購読