マンペラ・ランペレ

悲しくて遺憾な衰退 - アフリカ民族会議

9月
11

ネルソン・マンデラの下で勝利を収めた与党は洗浄をひどく熱望しおり、さもなければそれは最後には打ち負かされるのに値するだろう

与党アフリカ民族会議(ANC)は、多くの古い革命組織と同じように、記念日を好む。有権者たちに世間の注目を集めている英雄的なネルソン・マンデラのイメージとともに過去の闘争と勝利を思い出させることは、依然として選挙に地滑り的に勝つ役に立つ。2009年の前回、次点の白人が率いる民主同盟(DA)のたった17%に対して、それは投票の2/3を勝ち取った。その100周年を祝うグランドファンファーレを調整した後で、ANCは民主主義支配20周年を記念して2014年に別の大きなパーティーを準備している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

愚者の金 - 南アフリカの積極的差別是正措置

6月
10

黒人の経済的権利付与はうまくいっておらず、それはすぐに終わることもない

マンペラ・ランペレほどアパルトヘイトの恐ろしさをよく知っているものはほとんどいない。彼女の恋人で黒人意識運動の創始者スティーヴ・ビコは、1977年に警察による拘留中に撲殺された。南アフリカの与党アフリカ民族会議(ANC)のように、今では野党政治家のランペレ博士は、政府は白人優越主義者による半世紀の支配の傷をいやそうとすべきだと信じている。しかし、彼女はそれについて行われている方法を好まない。

3月に、ランペレ博士は、政府が彼女がかつて会長を務めていた鉱山会社のゴールド・フィールズに、ANCとつながりを持った共同事業体にその事業の株を売るよう強いたと主張した。その共同事業体の73人の人々の中には、ANCの議長と2006年の強姦についての審理でジェイコブ・ズマ大統領を弁護した弁護団の一人が含まれていた。ゴールド・フィールズはその主張を否定したが、2010年の取引への独立調査をけしかけているという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

わが仲間(Agang)に加われ - 南アフリカ

3月
20

あるアパルトヘイトへのヴェテラン闘士が政党を始める。

「我々は、すでに占領された場所を占領するためにここにいるわけではない。」南アフリカの次の選挙を戦うだろう政党の(ソト語で「建てる」を意味する)Agangを立ち上げた1日後、マンペラ・ランペレ博士は語る。ランペレ博士は、アパルトヘイトとの戦いの女傑として賞賛され、1977年に警察に拘禁されたまま殺された黒人意識運動の指導者スティーヴ・ビコのかつての恋人だ。

その履歴は、鋭い知性、医療と学会での数えきれない成果、そして世界銀行の理事としての任期とあいまって、彼女を与党アフリカ民族会議(ANC)の信頼できる反対派にしている。しかし、政党を一から始めることは、1年を少し超えた時期の投票に多くの印象を与えることができるかということには疑いがある。

そうだとしても、ランペレ博士は、彼女の友人のヘレン・ツィレに率いられた主要野党民主同盟に参加するのを避けた。「参加するのは受け身だ。」彼女は語る。貧弱な教育から失業や汚職まで、南アフリカの多くの問題は、アパルトヘイトの受動的な犠牲者を民主主義の積極的な国民に変えることに失敗したことからきている。それは新しい方法を必要としており、ゆえに新しい政党が状況を正しくする、と彼女は論ずる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
マンペラ・ランペレ を購読