スコットランド

自然の遺産 - 野生動物管理

3月
09

スコットランド高地帯の鹿をめぐる新たないさかい

ポール・リスターは普通ではないスコットランドの地主だ。彼の衣装棚にはタータンはなく、そして彼はウイスキーを飲まない。彼は狩りも射撃も魚釣りもしない。代わりに彼はその時間を自然保護について考えることに使っている。リスター氏は一人ではない。新たな地主の系統が、スコットランドをかなり買い占めているのだ。彼らの鹿についての見方は、伝統的なスポーツ用の地所との問題を惹き起こしている。

彼らの土地は、スコットランドの標準によってでさえも、広大だ。家具事業家の跡取りであるリスター氏は、9,300ヘクタールのアラデール城を管理する。デンマークのファッションの大物アンダース・ホルフ・ポールセンは、東部高地帯に6万ヘクタールを所有し、英国で2番目に大きな民間地主になっている。

両者ともに、スコットランドの環境の素晴らしかった過去を恋しく思っている。17世紀には、その高地帯には、松、ブナ、そしてセイヨウナナカマドの森があった。しかし、それから、その木々は、ヒツジやライチョウの狩り場として利用するために切り倒された。草を食べる鹿は地面を裸にし続ける。最近、若木は成木に育つ前に食い荒らされる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ランド・ポールの夢

7月
30

リバタリアニズムはメジャーに昇格できるのか?

国の省庁を運営することを考えるとき、あなたの強い請願があなたの父親よりも風変りな人ではなくなっているとファンがしゃべりたてているのを聞くのは、ほろ苦いに違いない。しかし、それがケンタッキーからの上院議員で小さな政府主義者の星であるランド・ポールを賞賛する多くの共和党員の見方だ。彼らは彼を、普通の有権者への話し方といつ黙るのかを知っているという追加の才能を持っている、リバタリアンの間のカルト的な人物で、長きにわたる議員で、ホワイトハウスへの連続的な競争相手である彼の父親のロン・ポールの、価値のある相続人だと呼ぶ。父親のポール氏は、一切れの有権者の間で傾倒を吹き込んだが、それは究極的には彼の原理主義と狂気のオジサン的なやり方によって、縁に限られていた。若い方のポール氏は違っている、と推進者は言う。まったくより政治的な動物だ、と。

その州が2016年の最初の予備選を行うたった31か月前の5月20日にニューハンプシャーを訪れて、その1期目の上院議員は意義深い反応をひきおこした。彼は、ここ数年でパーティーイヴェントで見られた常連よりも多くの若者を含んだ、500人を超える共和党員に、資金調達ディナーで歓迎された。彼はまた、彼を「快いポール」と呼ぶTシャツを売る現地の共和党員にもあいさつされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

壁の飴 - ウォルポールの名画

7月
14

エカチェリーナ2世によって飛びつかれた伝説的な英国芸術蒐集が、250年後に戻ってくるが、ほんの数か月間だ

1742年、英国の初代、そして最も長く仕えた首相である、ロバート・ウォルポール卿はついに退職した。20年以上にわたって、ウォルポールは大蔵大臣として得たその巨額の富を使って、ヨーロッパの偉大な民間蒐集品と競り合う美術と芸術の蒐集品を作り出した。

ノーフォークのホートンにある彼の父親の家の跡地に建てたパラディオン邸宅に、ウォルポールは、ダウニング通り10番地を含んだ彼の様々なロンドンの家を飾った絵画をまとめた。ルーベンス、レンブラント、そしてヴェラスケスによる肖像画が、当時もっとも流行の建築家だったウィリアム・ケントによって設計された内装の中に、パオロ・ヴェロネーゼによる名画に並んでつるされている。3年間、ウォルポールはこの栄華にふけり、彼の支出についてのどんな書類仕事も破壊した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

社会主義インターナショナル – アレックス・ファーガソン卿

6月
30

アレックス・ファーガソン卿は世界を抱きしめ、それを征服した。彼の左翼のファンは注目すべきだ

英国の歴史は、政治的偉大さのウィンストン・チャーチルによる定義では、「天気を作った」男女によってちりばめられている。しかし、マンチェスター・ユナイテッドの監督アレックス・ファーガソン卿だけは時を作ると信じられる。

泣く子も黙る意思の力で、26年間赤い悪魔を監督しているアレックス卿は、彼のチームがひどくゴールを必要としているときはいつでも、数分を付け加えるよう審判を脅したと言われる。彼のとりこになったサポーターや気分を害したライヴァルはそれを「ファギー・タイム」と呼ぶ。その存在を論ずる者もいる。しかし、世界で最も豊かで人気のあるスポーツクラブの一つのほぼ1,500試合の責任者を務めた後で、5月8日に差し迫った引退を発表したアレックス卿の偉大さは、疑いがない。いかなる分野でも、ここ最近で、彼ほど成功を収めた英国人はほとんどいない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アナーキー・イン・ザ・PRC(中華人民共和国) - 音楽シーン

6月
24

インディ音楽フェスティヴァルがはやっている

中国の音楽シーンは、英国のポップデュオワム!が1985年に北京の工人体育場で演奏して以来、はるかに進んでいる。今週、春がやって来てスモッグが和らぐにつれ、何万人もの若い北京人が、その町の郊外での二つの別々のフェスティヴァルで、延長した労働者の日の休日を過ごした。中国のポップパンクグループ、ニューパンツは4月29日のストロベリー・フェスティヴァルのオープニングアクトの一つで、そのあとにスコットランドのインディバンドのトラヴィスが続いた。ミディ・フェスティヴァルに関しては、クラッシュへの中国からの答えであるブレイン・フェイラーが主役だった。その月の後半には、北京は町の外のウォーターパークで電子音楽の日と、万里の長城でフランスのDJデヴィッド・ゲッタを招いたレイヴを開催する。

そのフェスティヴァルは、カラオケバーで甘ったるい香港ポップスを口ずさむことになれているますます増加する普通青年(putong qingnian)と同様に、(皮肉なTシャツや手首の刺青を考えている)都市の文芸青年(wenyi qingnian)も惹きつける。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ジョニーは出ていかない - スコッチとEU

3月
22

なぜスコッチウイスキーメーカーは欧州連合にとどまりたいと思うのか

その粋な男は、1908年にのちに世界で最も人気のあるスコッチウイスキーになったジョニー・ウォーカーの瓶を最初に美しく飾って以来、大股で歩き続けている。大英帝国の交易路に沿ってその名をとどろかせたジョニー・ウォーカーは、英国が世界の舞台での富を求めて、悩んでいるEUから自由になり豊かになるだろうという、ユーロ懐疑主義者の主張を支持すると期待されるかもしれない。結局、新たなスコッチ愛飲家を見つける最善の望みは、新たに豊かになるインドや中国にあるのだ。

しかし、ウイスキーメーカーと話し、印象的なことは、彼らが現在と未来にわたってEUとその単一市場を極めて重要だとみていることだ。EUは、その足かせになるどころではなく、今、その産業が世界市場を征服するための重要な剣と楯になっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
スコットランド を購読