インスティグリオ

商業と意識 - ソーシャル・インパクト・ボンド

3月
22

公共サーヴィスへの金融の新しい方法は推進力を得ている

中央ロンドンの湿気た朝6時半に、その町はすでに忙しい。バリスタはコーヒーショップの中で準備している。事務所清掃員は仕事をしている。そして慈善団体や地元自治体からの福祉チームは、野宿者を見つけ道から追い出すために、早朝シフトで働いている。

ほとんどのチームにとって、優先順位は、新しくホームレスになった人々を見つけ、彼らがパターンにはまって落ち着く前に素早く彼らのために寝床を探すことだ。セント・ムンゴスというホームレスのための慈善団体で働く福祉ワーカーのカス・シムスは、しかしながら、新来者を探してはいない。彼女は、道から彼らを追い出すという狙いを持って、415人の習慣的な野宿者の特定集団の中の人々の場所を定めようとしているのだ。

それは、彼女を大きな財務的実験の前線にも置く。彼女の仕事は、もし社会的目標が達成されれば民間投資家に配当を約束する「ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)」という道具によって資金を得ている。その債券は、セント・ムンゴスと(別の400人かそこらのホームレスの人々に責任を持つ)テムズ・リーチという別の組織で分け合う500万ポンド(800万ドル)を投資家から調達した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
インスティグリオ を購読