ブルームバーグ・フィランソロフィーズ

商業と意識 - ソーシャル・インパクト・ボンド

3月
22

公共サーヴィスへの金融の新しい方法は推進力を得ている

中央ロンドンの湿気た朝6時半に、その町はすでに忙しい。バリスタはコーヒーショップの中で準備している。事務所清掃員は仕事をしている。そして慈善団体や地元自治体からの福祉チームは、野宿者を見つけ道から追い出すために、早朝シフトで働いている。

ほとんどのチームにとって、優先順位は、新しくホームレスになった人々を見つけ、彼らがパターンにはまって落ち着く前に素早く彼らのために寝床を探すことだ。セント・ムンゴスというホームレスのための慈善団体で働く福祉ワーカーのカス・シムスは、しかしながら、新来者を探してはいない。彼女は、道から彼らを追い出すという狙いを持って、415人の習慣的な野宿者の特定集団の中の人々の場所を定めようとしているのだ。

それは、彼女を大きな財務的実験の前線にも置く。彼女の仕事は、もし社会的目標が達成されれば民間投資家に配当を約束する「ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)」という道具によって資金を得ている。その債券は、セント・ムンゴスと(別の400人かそこらのホームレスの人々に責任を持つ)テムズ・リーチという別の組織で分け合う500万ポンド(800万ドル)を投資家から調達した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

よい支払いを受ける - ソーシャル・インパクト・ボンド

9月
05

若者を牢獄から出し続ける役に立つ枠組みがアメリカにやってくる

小さな教室で、4人の10代の少年がお互いの冗談に笑って目をきょろきょろさせる。時にスペイン語で話すその教官は、彼らに将来について考えるよう促す。一人は、家族のために、「とても大きな家を買いたいんだ。」という。車について働きたいと思っているものもいる。3人目は家族の再会が素晴らしいと考えている。その教室は、ニューヨーク市最大の牢獄であるリッカーズ島にある。その若者たちは、認知行動療法を通して彼らが個人的責任に焦点を当てる役に立つ青年行動学習経験(ABLE)計画に参加している。その計画の目標は、若者の間の再入獄率を減らすことで、それはソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)を使って資金供給を受けている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ブルームバーグ・フィランソロフィーズ を購読