ディーザー

私はストリームを夢見る - 音楽ストリーミング

8月
25

アップルは他社を追って音楽産業のもっとも好況に沸く分野に入る

「くそったれ、これ以上革新できない。」アップルの重役の一人フィル・シラーは、6月10日の年次総会で、その会社の新しい提案を明らかにするのを助けた時、うなった。彼は、その前社長スティーヴ・ジョブズが2011年に無くなってから、痩せ衰えている(今年今までのところその株価は20%下がっている)と言う、増加している疑っている人の層に話しかけた。その懐疑的な人たちは、揺さぶられなかった。アップルの穏やかな革新の中には、新しいオペレーティングシステムのiOS7と、ライヴァルたちが既に提案しているものに似た音楽ストリーミングサーヴィスがあった。

10年前、アップルがそのiTunesストアを通してデジタル音楽の販売を大衆化した時、それは音楽産業を打ちのめした。それは最大の音楽小売のままだが、今それは新しい音楽行動を見つけているほかの会社のまねをしている。ストリーミングは、広告を最後まで見るか月次の講読料を支払う気があるのならば、消費者が音楽を買うことなしにそれを聞くことができるようにする「オールアクセス」のサーヴィスだ。アップルのiTunesラジオは、今年の秋にアメリカで始まる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

何か歌うこと - 音楽

3月
31

この13年間で初めて音楽産業が再び成長している

カナダ人ヴォーカリストのカーリー・レイ・ジェプセンの「コール・ミー・メイビー」は、去年最もよく売れた曲だ。もしかしたら音楽産業にとっての底だと呼ぶべき時でもあるのか?国際レコード・ビデオ製作者連盟によって2月26日に発表されたデータによると、録音された音楽の売上は、2012年に、たったの0.3%ではあるが、1999年以来初めて伸び、165億ドルになった。

インターネットは音楽産業を沈めたが、今ではそれが再浮上するのを助けている。デジタル売上は、去年9%伸び、音楽産業の収入の1/3が今ではデジタルチャネルから来ている。ダウンロードストアはデジタル収入のほぼ70%を占める。音楽が演奏されるたびにロイヤリティを支払うスポッティファイやディーザーといった人気のある「ストリーミング」サーヴィスもまた、その事業を救う役に立っている。講読サーヴィスは、世界中で2,000万人の有料購読者を2012年に持っており、1年前から44%伸びた。さらに何百万人もが無料の広告付き版を使っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ディーザー を購読