アリ・ヒューソン

キャットウォーク上のケニア - ファッション

4月
11

アフリカは依然として大量生産よりも職人仕事に向いている

グレース・ンドゥタは、住んでいるナイロビのスラム、コロゴチョから遠く離れて冒険したことはない。しかし、彼女の手工芸はそうする。彼女が作るのを助けたバッグは、今月初めのパリ・ファッション・ウィークのキャットウォークをファッションモデルが気取って歩いた時、彼女たちのやせた肩にひっかけられた。

ンドゥタ女史は、英国人のヴィヴィアン・ウエストウッドといったデザイナーのためにハンドバッグなどのアクセサリーを作るケニアの職人共同体に属する。彼らの仕事は、今のところ多くが輸出のために製造していることのアフリカの失敗への一つの答えになりうる。消費財を早く大量に作ることは難しいとわかっている。しかし、オートクチュールは、スピードよりも熟練した腕を必要とし、そしてこれらは豊富だ。

大げさに倫理的ファッションアフリカと呼ばれるその計画は、ファッション生産のイタリアモデルがコロゴチョなどの場所で再現できない理由が見つけられなかったイタリアの靴メーカー、シモーネ・シプリアーニによって思いつかれた。ミランのファッションハウスは「ハブ」で、その周りの職人が「スポーク」のようにならんで仕える。倫理的ファッションの事例では、スポークがもっと長い。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
アリ・ヒューソン を購読