JPモルガン

ソロス、ブレア、そしてコナクリのうわさ好きたち - コンデの顧問

11月
20

ギニアの鉱物を巡る争いは、情報戦争を始めている

ライヴァルたちは広報工作や報道へのリークについて話し、会社を擁護するつもりのものもいれば、アルファ・コンデ大統領やその仲間の政府を汚すつもりのものもいる。広報会社や法人諜報集団が雇われている。

ジョージ・ソロスとベニー・シュタインメッツとの間の噂になっている個人履歴さえも、コナクリで広まっている噂の素になっている。

その億万長者たちは、ソロス氏が勝った1997年のロシアの通信民営化で、敵対関係にあるコンソーシアムのメンバーだった。そのハンガリー生まれのヘッジファンド投資家の財団は、シュタインメッツ家に替わって管理しているコングロマリットが株式を持つルーマニアでの金鉱山の計画を批判している。

ギニアでは、ソロス氏は、シュタインメッツ家の事業を含んだ過去の鉱山計画の見直しを命令しているコンデ氏の助言をしている。ソロス氏が設立し、より大きな透明性のための彼の運動の一部として資金を出しているコンサルタント会社の収入監視研究所が、コンデ政権の鉱山改革への技術的支援を提供している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

富をセメントで固める - アフリカでもっとも豊かな男

7月
08
コンクリートの王がナイジェリアを超えた野望を持っている
 
ナイジェリアの商業首都ラゴスの混雑したラウンドアバウトにある灰色の建物の中で、アリコ・ダンゴートは、セメントや砂糖からパスタや祈りのマットまで、すべてのものの取引をしている。彼の昇進は、石油の樋から富をなすナイジェリアの大金持ちの普通の道は通らなかった。10年前、彼は幾つかの破たんした国有事業を買収し、それらを利益が出るようにした。彼の批判者は、彼が政治家とあまりに打ち解けており、彼のある部門での支配は経済に害を与えているという。しかし、彼の工場建設とアフリカの輸入依存を減らした実績は否定できない。「私は世界で最も成功したビジネスマンになりたい。」彼は語る。
 
55歳の彼は、アフリカでもっとも豊かな男として、フォーブス誌の最新の億万長者一覧の76位につけている。彼は、北の町カノの裕福なムスリム家庭に生まれた。先祖はコーラナッツを取引し、若いアリコがカイロで勉強する金を出し、そして1977年に彼の最初の会社で大陸的な複合企業になった商品貿易会社に資金を出した。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

日本人の手に戻る - ソニー

4月
28

 

平井一夫の新戦略はソニーのビジネスにぼやけた未来を与える

 

かつては世界を打ちのめす電気製品を作っていたが、今ではほとんど損失を出しているということでよく知られている日本企業のソニーを救うのに、たった一人の男の手にあまりに多くを期待することはできない。そうだとしても、経営を日本人の手に取り戻して2週間もたたない4月12日にその会社についての見通しを明らかにした平井一夫は騒々しいスタートを切った。

 

4月10日にその会社は、3月31日に終わる会計年度にその65年の歴史上最大の損失である5,200億円の損失を出すと予測した。もっとも最近の2月に発表されたものよりも2倍悪いその新たな予測は、1年で40%下がっているその株価に痛手を与えた。増えた損失は、かなりが会計方式の変化に起因したものだ。4年連続の赤字によって、ソニーはもはや繰越税金損失を資産として計上できないと決めた。「そのニュースは私をひどくたたいた。」平井氏は認めた。

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

幸福な利益 - 影響投資

9月
15

多様な新しい資産分類の誕生

「誰かを生活に戻す」とは、「目的のある利益」を求める民間投資会社の共同創業者のジム・ロスがリープフロッグ・インヴェストメントの最初の取引を表現した言葉だ。それは、2年前の、契約者に命を救う反レトロウイルス薬を飲んでいるということを証明する定期的な血液検査を提出することだけを条件付けた、AIDSやHIV感染者に生命保険を提供する南アフリカ企業のオールライフの670万ドルの株を取得した時のことだ。

「これは、他の保険会社が避ける人々に避難所を提供し、彼らが住宅ローンのような他の金融サーヴィスが得られるようにし、そしてとても収益性が高い。」とロス氏は語る。他のマイクロファイナンス投資も後に続いている。ケニアで、そして今週、シラムと呼ばれる多くの貧しい人々に貯蓄、保険、投資商品を流通させるインド企業でだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

帰国世代 - アフリカ経済

8月
16
フロンティア経済の急成長にひかれて、アフリカの俊英たちが西洋を去り、ビジネスが沸き立つ本国に帰っている
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

未来を探し求めて - 日本の地震後の経済

5月
25

日本の経済は思ったよりも早く回復している。広範な改革も素早くやってくるのだろうか?

5月13日に津波に襲われた宮城県の知事村井嘉浩は、ある東北地方沿岸の豊かな漁場を長い間管理してきた協同組合のボスから怒りに満ちた嘆願を受け取った。彼らのスローガンは、「私たちは漁師をサラリーマンにはしない。」だ。彼らは知事の以下のような提案に反応した。彼らの粉々になった暮らしを再建するための資金の代わりに彼らは民間企業に宮城沖での操業を認めるべきだ、と言うものだ。かつてパイロットでもあった村井氏は、彼らの抵抗にはくじけず、彼らの多くは60 歳以上で、産業はいずれにしても死にかけている、と語った。のちに彼は、宮城沿岸の規制緩和は国単位での改革のモデルケースになるべきだと、エコノミスト誌に語った。「革命は痛みを伴う。」彼は語った。

3月11日の地震と津波そしてその後の核危機が日本国民の国に対する、そしてその指導者に対する信頼を揺さぶったので、その決心はより普通になった。今の疑問は、改革派の熱意が破壊された東北の再建だけに止まるか、それとも供給過剰・高い公的債務そしてデフレといった災害前から日本を苦しめていた問題を解決するためにさらに進むのか、と言うことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

JPモルガン を購読