ベナン

ナイジェリアとボコ・ハラム – アフリカの黒い旗

1月
25

政府が悪政と不正の蔓延に取組みさえすれば、ジハーディスト集団を打ち破ることができるだろう

ボコ・ハラムはアフリカのイスラム国(IS)になっているのか?その残忍さと領域を持つことへの野望で、それは確かにイラクとシリアのジハーディストに似ている。ボコ・ハラムは、貧困に苦しむナイジェリア北東部でベルギーと同じくらいの大きさの「カリフ国」を築いている。そして、ISのように、それは植民地解放後の国境線を越えて聖戦を輸出している。

ラディカルだがほとんどが政治的な活動として2002年に始まったそれは、特に2009年の強硬な取り締まり以来、年々暴力的になるジハーディストの反乱に変わった。2014年4月に、それはチボクの町から276人の少女を誘拐した。脱出した子もおり、亡くなった子もいるが、多くは奴隷として売られるか、戦士たちと「結婚」することを強いられた。今、その反乱は他の国に広がっている。1週間前、80人のカメルーン人が誘拐された。チャドはカメルーンを助けるために軍隊を送っている。ニジェールとベナンもまた脅かされている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

二つの家族の物語 - トーゴの選挙

9月
26

グリーンへの一打が西アフリカの忘れられた角で芽生えるかもしれない

ジルクリスト・オリンピオほど、その国の政治制度に称賛を与えそうもなく見えるトーゴ人はほとんどいない。彼の父親で、トーゴの最初の独立後大統領シルヴァヌスは、その4年後のクーデターで権力を握り鉄拳で38年間トーゴを支配したエヤデマ・ニャシンベに率いられた襲撃隊によって、1963年に殺害された。彼の父親の殺害についての厳しい批判者の亡命中のオリンピオ氏は欠席裁判で2度死刑宣告を受けた。

しかし、西のガーナと東のベナンの間に割り込んだ600万人強のこの国で、2005年にそのクーデターの黒幕の息子フォール・ニャシンベに大統領職が受け渡されて以来、多くが変わっている。ゆっくりとだが目立って、彼は手綱を緩め始めている。3年前、彼は、7月25日にある予定の1年遅れの総選挙の前にニャシンベ氏を賞賛することによってその好意に応えているオリンピオ氏を含んだ全国統一選挙を作りだした。「我々はいま民主的制度の中にいる。」選挙でその大統領へ反対するために準備を整える一方で、彼は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

空間を作る - メシャック・ガバの芸術

9月
12

テート・モダンで「現代アフリカアート博物館」が開かれる

現代アフリカアート博物館とは、どのようなものだろうか?一つのギャラリーは、焼き物の鶏の足、刻まれたカネのバッグ、そしてアフリカの国旗のパズルのピースで満たされうる。他のものは、異なった宗教のトーテムを取り上げ、職業タロットカード読みを含むかもしれない。レストランがあるだろうが、食事はその作品が展示されているアフリカ人アーティストによって作られるだろう。店の品物は、木のパレットの上に並べられうる。

これは、少なくとも、主導的なアフリカ人アーティストメシャック・ガバの将来像だ。彼のおどけた「現代アフリカアート博物館」は、その作品を去年購入したロンドンのテート・モダンで、7月3日から展示される。1997-2002年の大規模な5年計画のガバ氏の12部屋の「博物館」は、挑発的になるよう設計されている。それは、彼の「アフリカの芸術に場所を作るための戦い」だと彼は説明する。本当の博物館がないので、彼は自分で一つ作り出すことを決めたのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大物よさようなら - コートジボワール、ガーナ、ナイジェリア

4月
03

アフリカの多くでの統治は見た目に改善しているが、進歩は平たんではない

午前7時にコートジボワールの商業首都アビジャンを去ると、公務員ラッシュアワーと呼ばれるものに飛び込む。大統領は、行政官はその机に午前7時半につかなければならないと命令し、ほとんどはそうしている。ある西側の大使は疑い深い態度でいう。「もし会議に5分遅れれば、5分間失っているんだ。」

かさ上げされた2車線を走って事務所に向かうと、公務員たちがエレヴェーターに乗り込み、近代的なガラス張りの塔の上階の机に上る。こそこそと暇つぶしのためのiPadなどの電化製品を持っているものもいる。

コートジボワールの統治は見えるほどによいものではめったにない。賄賂は依然として会議よりも早く問題を解決する。野党は意地悪くもっとも最近の選挙をボイコットした。政治風景の間に深い裂け目が通っている。だがしかし、国家会計は秩序を保っており、債務は減っており、新しい道路が建設されている。これが、アフリカの多くでの絵だ。ナイジェリアのような資源の豊富な国では特にさらに多くのことをする必要があるけれども、ガーナでのように権力の分配はより公平になっており、その使用はより要求にかなうようになっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

議論を呼ぶ任命 - アフリカ連合

7月
30

アフリカで最も強力なクラブの最高位は、南アフリカ人の下へ行った

4回にわたる投票の結果、南アフリカの内務大臣ヌコサザナ・ドラミニ=ズマは、最終的にアフリカ連合(AU)の54か国中37の承認を受けてAU委員会の議長に7月15日に選ばれた。その汎アフリカクラブは、これまで通り、現在ベナンのヤイ・ボニが務めるように、儀式的に毎年国家元首によって議長が務められるだろうが、今後4年間はドラミニ=ズマ女史が実質的にその催し物を取り仕切る。彼女の元夫ジェイコブ・ズマの下にある南アフリカの与党アフリカ民族会議(ANC)は喜びを表した。

ドラミニ=ズマ女史は、その地位についた最初の女性で最初の南アフリカ人だ。彼女は国際的な舞台で洗練された実行者だ。そして彼女の任命は、その組織が今年の初めに2008年以来AUを運営している中国系の元ガボン外務大臣のジャン・ピンの後継者を選ぶのに失敗した後のレイムダック期間を終わらせる。

63歳のANCの猛者ドラミニ=ズマ女史は、1994年に多数派ルールが到来して以来、南アフリカの大臣だ。彼女の経歴には、醜聞や不正はない。ネルソン・マンデラの下で最初の黒人健康大臣として、彼女はHIV/AIDSの「魔術的」治療を裏書きし、薬物管理機関が抗議された時それを追い求めたとして非難された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

開発の最善の物語 - アフリカの幼児死亡率

5月
31

アフリカはかつてどこにもなかったほどの幼児死亡率の最大の下落を経験している

それは「ほんの少ししか認識されていない素晴らしい成功物語だ。」世界銀行ナイロビ事務所のガブリエル・デモンバインズは語る。」ハーヴァード大学ケネディ・スクールのマイケル・クレメンスは、それを単に、「開発の最大で最善の物語」と呼ぶ。それは、いまアフリカ中で勢いを増している幼児死亡率の大きな減少だ。

デモンバインズ氏と同じく世界銀行のカリナ・トロムレロヴァによれば、2005年以来生活状況の詳細な調査を行っている20のアフリカ諸国のうち16の国で、(1,000人の新生児のうち5歳以下で死ぬ子供の数で占められる率である)幼児死亡率の低下を報告している。12の国で、1990-2025年の間に幼児死亡率を2/3切り下げるというミレニアム開発目標(MDG)の達成に必要とされる率である、年に4.4%以上の減少だった。セネガル、ルワンダ、ケニアといった3か国は、MDGの率のほぼ倍で、約10年で幼児死亡率を半分にするのに十分な、年に8%以上の下落を示した。これら3か国は今、過去10年の間に世界で最も成功した経済の一つであるインドの幼児死亡率と同じレヴェルだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカの興隆

12月
05

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

まだら模様だとしても、それは進歩だ - サブサハラアフリカでの民主主義

10月
11
ザンビア人は投票箱で平和的にその指導者を追い出した。それはもはや大陸で前代未聞のことではないが、まだとても珍しい
 
「ザンビアの人々は話しており、我々は皆聴かなければならない。」大統領選に敗れたルピヤ・バンダは、9月23日に語った。彼の複数政党制民主主義運動は過去20年間ザンビアを支配してきた。しかし、野党愛国戦線とその指導者マイケル・サタがかなり公正な大統領選挙で43%対36%で勝った時、その現職は優雅に退出した。隣国やアフリカで、そのような潔い行動はまだ珍しい。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

他人があなたの土地を奪おうとするとき - 土地取引の急増

5月
11

貧しい国での農地獲得の証拠は積み上がっている

シエラレオネ中央部のMakeniの農民たちは契約にサインした。2,000人の仕事と米を育てる湿地であるbilisを汚さないという保証と交換で、彼らはヨーロッパのためのバイオ燃料を育てるための40,000ヘクタールの土地の50年リースの権利をスイス企業に与えた。3年後50の新しい仕事はあったが、bolisは灌漑で傷つけられ、そういった開発は、コーネル大学のエリザ・ダ・ヴィアによると、「地元共同体の社会的、環境的、経済的犠牲の下に」行われた。

この様な取引が2009年に最初に国際的な関心を集めたとき、今年発表された研究を引用すれば、彼らが「土地を強奪しているのか、発展の機会を与えているのか」ははっきりしなかった。支持者たちは、彼らは種や技術、資本を世界の最貧地域に持ち込んだのだと主張した。FAOの管理者のような批判者たちは、彼らを「新植民地主義者」と呼んだ。しかし誰も彼らの主張を裏付けるしっかりとした証拠を持っていなかった。今はそれがある。2年間かけて、その種の学会では一番大きなものであるサセックス大学の開発研究学会(IDS)の会議で100を越える土地取引が調査された。ほとんどの判断は有罪だと判断された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ベナン を購読