イングランド

審判はロボットだ - 技術とスポーツ

1月
31

サッカーの審判を助けるためのゴールライン技術の展開は、将来のさらなる決定補助のための道を開くかもしれない

2014年7月13日。最終ホイッスルの数分前に、イングランドのウェイン・ルーニーはドイツディフェンスの裏にけりこみ、サッカーワールドカップ決勝の唯一のゴールを決める。しかし、リオのマラカナ競技場のイングランドサポーターの歓喜は、線審がその旗を揚げると掻き消える。映像がそうではないことを示しているのにもかかわらず、そのゴールはオフサイドで認められない。ドイツチームがPK戦で勝つ。

イングランドがワールドカップの決勝に進むという考えがこのシナリオを幾分奇抜なものにしているけれども、間違ったオフサイド判定はむしろより頻繁に起こりそうだ。前回のワールドカップでの明らかな誤審が、ゲームのルールを決める国際サッカー評議会(IFAB)にこの夏にゴールライン技術の導入を容認するよう説得した。これは、ミスを犯しがちな審判を助けるために技術をより広く利用することに向けた単なる第一歩かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

犯罪の下落の興味深い事例

9月
21

 

犯罪は豊かな世界で急落している。これを下げ続けるために、政府は刑罰ではなく予防に集中すべきだ

1990年代に、保守的なアメリカの学者ジョン・ディルリオは、「超捕食者」の新種、「人間の生活に全く何の尊敬も払わず、未来に何の感覚も持たない子供たち」が、ほぼ無期限にアメリカを恐怖に陥れるだろう、と論じた。彼だけではない。専門家は、犯罪が増え続けるだろうと納得した。法を守る市民たちは、ガードに警備された門のある共同体に退却するだろう。政治家と警察長官は、怒鳴って統計をごまかそうとすること以外にほとんど何もできなかった。

ディルリオ氏はのちに撤回し、悲観主義者が間違っていたことがはっきりとしている。彼が書いてすらいるように、アメリカの犯罪の波は壊れているのだ。その町は大きくより安全になっており、残りの先進世界も続いている。日本からエストニアまで、財産と人々は1970年代以来ほとんどどの時よりも安全だ。予想を困惑させることに、景気後退は下降傾向を邪魔していない。アメリカがトレイヴォン・マーティンの射殺について激しく議論している時でさえ、新しいデータは、若いアメリカ人の殺人率が30年来の低さにあることを示している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鳩舎の中のコロンブスたち - 鳥の磁気感覚

9月
20

鳥は地球の磁場によって航行することができる。彼らがいかにそうするかということは、依然として謎だ

磁石がなければ、人々はどこにいるだろうか?短い答えは、道に迷う、だ。人類に(今のところは目に見えない地球の磁場を感知する能力である)第6感を与えることによって、コンパスはこれまでで最も重要な発明の一つだと証明された。それにより、船員は夜の空の光景なしに航行する。そして、それは、現代世界の政治的地理を作りだした発見、貿易、そして征服の旅へ導いた。

それならば、自分の作り付けのコンパスを持っている動物は何を成し遂げることができるか想像してみよう。彼らはグラインドボーンやヘンリーでイングランドの季節を楽しみ、モンバサの暖かさで冬を越すかもしれない。彼らは大胆な開拓者のように、アンゴラからアンカレッジに出発するかもしれない。彼らは、もし本当に旅行熱にとらわれ、暗闇を嫌っているのならば、極から極へ移動することによってほぼ年がら年中日の光の下で生活すらするかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

壁の飴 - ウォルポールの名画

7月
14

エカチェリーナ2世によって飛びつかれた伝説的な英国芸術蒐集が、250年後に戻ってくるが、ほんの数か月間だ

1742年、英国の初代、そして最も長く仕えた首相である、ロバート・ウォルポール卿はついに退職した。20年以上にわたって、ウォルポールは大蔵大臣として得たその巨額の富を使って、ヨーロッパの偉大な民間蒐集品と競り合う美術と芸術の蒐集品を作り出した。

ノーフォークのホートンにある彼の父親の家の跡地に建てたパラディオン邸宅に、ウォルポールは、ダウニング通り10番地を含んだ彼の様々なロンドンの家を飾った絵画をまとめた。ルーベンス、レンブラント、そしてヴェラスケスによる肖像画が、当時もっとも流行の建築家だったウィリアム・ケントによって設計された内装の中に、パオロ・ヴェロネーゼによる名画に並んでつるされている。3年間、ウォルポールはこの栄華にふけり、彼の支出についてのどんな書類仕事も破壊した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

突破口を開いている - 市民のクラウドファンディング

7月
14

オンライン新興企業は、その近所を改良するために、市民に頼っている

名前、結婚日、そして愛の宣言が、オランダの町ロッテルダムの中央の混雑した主要道路をまたいだ新しい歩道橋のルヒトシンゲルを覆う。その計画への資金援助を求めるウェブサイトに頼まれて、地元の人たちはその1.7万の木製厚板の一つにメッセージを刻む権利のために、ひとつ25ユーロ(32ドル)を支払った。その歩道橋の長さは、寄付の量次第だ、と彼らは警告した。3か月以内に、夢想的慈善家たちがその全350メートルを作るのに必要な資金の1/3を支払った(政府の賞がそれからその上に上乗せされた)。もし彼らが市役所の官僚にそれを計画させていたら、ロッテルダムの住民はその橋が地面から離れるまでに20年待っていたかもしれない、とその建築家のクリスティアン・コレマンは語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

社会主義インターナショナル – アレックス・ファーガソン卿

6月
30

アレックス・ファーガソン卿は世界を抱きしめ、それを征服した。彼の左翼のファンは注目すべきだ

英国の歴史は、政治的偉大さのウィンストン・チャーチルによる定義では、「天気を作った」男女によってちりばめられている。しかし、マンチェスター・ユナイテッドの監督アレックス・ファーガソン卿だけは時を作ると信じられる。

泣く子も黙る意思の力で、26年間赤い悪魔を監督しているアレックス卿は、彼のチームがひどくゴールを必要としているときはいつでも、数分を付け加えるよう審判を脅したと言われる。彼のとりこになったサポーターや気分を害したライヴァルはそれを「ファギー・タイム」と呼ぶ。その存在を論ずる者もいる。しかし、世界で最も豊かで人気のあるスポーツクラブの一つのほぼ1,500試合の責任者を務めた後で、5月8日に差し迫った引退を発表したアレックス卿の偉大さは、疑いがない。いかなる分野でも、ここ最近で、彼ほど成功を収めた英国人はほとんどいない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

未来の燃料 - 木材

5月
03

ヨーロッパでの環境の狂気

どの再生可能エネルギー源がEUでもっとも重要なのか?たぶん太陽光?(ヨーロッパは世界中で設置された太陽光電池エネルギーの能力のうち1/3を持っている。)または風力?(ドイツは過去10年で風力発電能力を3倍にしている。)答えはどちらでもない。ヨーロッパで使われている再生可能エネルギーと呼ばれるもので断然最大のものは、木材だ。

棒やペレットから削りくずまで、そのさまざまな形で木材(またはその流行の名前を使ってバイオマス)は、ヨーロッパの再生可能エネルギー消費の約半分を占めている。ポーランドやフィンランドのようないくつかの国では、木材は再生可能エネルギー需要の80%以上を満たしている。風力や太陽光に巨額の補助金をつぎ込んでいるエネルギーヴェンデ(エネルギー変革)の母国であるドイツでさえも、非化石燃料消費の38%はそれらのものから来ている。ヨーロッパ諸政府が彼らのハイテク低炭素エネルギー革命について自慢した年月の後に、主要な受益者は産業化以前の社会で好まれた燃料のようだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

あの世 - カンブリア爆発

4月
18

中国の古生物学者たちはその動物たちの勃興を説明したいと望んでいる

進化の謎の中で、最も深いものの一つは、カンブリア紀の初めに正確に何が起こったかだ。5.41億年前に始まって5,600万年間続いたその期間の前に、生命は控えめなものだった。バクテリアは約30億年そこにいたが、そのほとんどで彼らは地球をわがものとしていた。海藻、クラゲのような生き物、海綿動物、そして奇妙な虫が、カンブリア紀が始まる数百万年前に現れ始めた。しかし、先カンブリア紀は弱肉強食ではなかった。歯も爪も存在しなかったのだ。

それから、地質学的にはあっという間の2,000万年で、動物たちは力に到着した。その動物王国の主要な集団のほとんど、節足動物、椀足動物、腔腸動物、棘皮動物、軟体動物、そしてその枝から脊椎動物が発展し続けた脊索動物さえも、カンブリア紀の化石層から見つかる。この大型動物相の突然の進化は、カンブリア爆発として知られている。しかし、それが気づかれてから2世紀後、そこにちなんでカンブリア紀が名づけられたウェールズの山脈で、何がそれを爆発させたのか、誰も知らない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
イングランド を購読