ミシェル・ジョトディア

別の失敗国家が手招きする - 中央アフリカ共和国

12月
28

恐れと飢えがアフリカでもっとも悲劇的な国々の一つをひっくり返すよう脅かしている

フランソワーズ・コラコは、いかにしてセレカの制服を着た戦士たちが彼女の夫の頭をライフルの取っ手でつぶしたかを物語った。彼らに挑戦するかもしれない他の人のための警告として、彼のぐにゃっとした体は首都バンギの260キロ北の農村であるデコアの彼女の家の外に血まみれで置き去りにされた。中央アフリカ共和国(CAR)の言語の一つであるサンゴで「同盟」を意味するセレカは、3月にフランソワ・ボジゼを隣のカメルーンに亡命の形で追い出して以来、その国を模範的な野蛮さで支配している。これは、セレカの北にある拠点から南のバンギに3か月位にわたる侵攻の後で起こった。その途中で、その反乱軍は邪魔されることなく強姦し略奪した。

いま、政府として落ち着いた彼らは、民主主義は言うまでもなく、わずかな法と秩序すらも再び施行しているとは言い難い。前大統領の支持者と首都のボイラビ要塞にこもったその親ボジゼ派の人々を武装解除しようとするセレカの戦士たちとの間で8月20日に始まりバンギ中に広がる衝突で、少なくとも10人が死亡した。CARは失敗国家になる途中にあるのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

CARクラッシュ - 南アフリカの外交政策

4月
30

その兵士13人の死は南アフリカの大国としての制限を暴露する

「我が国の軍人が立派な原因で亡くなった」中央アフリカ共和国(CAR)の首都バンギのそばで反乱軍によって3月23日に殺された13人の南アフリカ兵のための慰霊祭で、南アフリカ大統領のジェイコブ・ズマは宣言した。「彼らはその国の外交政策を守って亡くなったのだ。」致命的な待ち伏せ攻撃の1日後に、バンギは1月に仲介されたばかりの権力分割協定に我慢が出来なくなったセレカとして知られる反乱軍同盟の手に落ちた。CARの大統領フランソワ・ボジゼは近くのカメルーンに逃れた。そしてズマ大統領は、1994年の白人少数派支配の終わり以来南アフリカがこうむった最大の数の軍事的犠牲者という結果になった交戦について、怒りに満ちた疑問に直面している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ミシェル・ジョトディア を購読