コーネル大学

鳩舎の中のコロンブスたち - 鳥の磁気感覚

9月
20

鳥は地球の磁場によって航行することができる。彼らがいかにそうするかということは、依然として謎だ

磁石がなければ、人々はどこにいるだろうか?短い答えは、道に迷う、だ。人類に(今のところは目に見えない地球の磁場を感知する能力である)第6感を与えることによって、コンパスはこれまでで最も重要な発明の一つだと証明された。それにより、船員は夜の空の光景なしに航行する。そして、それは、現代世界の政治的地理を作りだした発見、貿易、そして征服の旅へ導いた。

それならば、自分の作り付けのコンパスを持っている動物は何を成し遂げることができるか想像してみよう。彼らはグラインドボーンやヘンリーでイングランドの季節を楽しみ、モンバサの暖かさで冬を越すかもしれない。彼らは大胆な開拓者のように、アンゴラからアンカレッジに出発するかもしれない。彼らは、もし本当に旅行熱にとらわれ、暗闇を嫌っているのならば、極から極へ移動することによってほぼ年がら年中日の光の下で生活すらするかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

全てにとって自由 - 学術出版

6月
25

自由に接続できる科学出版が地歩を築いている

4月の初めに、政府が納税者の資金を学者に移すための仲介機関である英国研究会議協議会は、それが資金を出した研究の結果がいかに公開されるかのルールを変えた。今から、それらは、直ちにが好ましいが、間違いなく1年以内に無料で利用できる学術誌で公開されなければならない。

2月にホワイトハウス科学技術政策室は、連邦機関に同じような計画を作るよう言った。その1週間前、政府が資金拠出した研究に6か月後に自由に接続できるよう求めるだろう法案が、議会を通過する道に向かい始めた。欧州連合も同じ方向に動いている。慈善団体もそうだ。粒子物理学の研究所、図書館、そして研究費割り当て機関の共同事業体SCOAP3は、その分野の主導的な学術誌12誌全部に、それらが毎年掲載する7,000の記事を無料で読めるようにするよう圧力をかけている。学術出版社にとって、そのパーティーはすぐに終わるかもしれないようだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

正確に誰を助けるのだ? - 援助政策

6月
11

オバマ政権はアメリカの海外食糧援助の遅れた改革を提案する

ある政策に「甘い点」を占めさせることは、アメリカの海外食糧援助の悲しい運命だ、とコーネル大学のその問題についての専門家クリス・バーネットは語る。どの国のものよりも大きいその予算は、貪欲な特別利益を惹きつけるには十分大きいが、その恥ずべき非効率性がめったに見出しを飾らない程度には依然として十分に小さく複雑だ。

恥ずかしくも、やっとそれをカヴァーする。アメリカが余剰の小麦、トウモロコシ、植物油などの農産品を世界の飢餓者たちに60年前に寄付し始めて以来、その計画は議会からの多くの助けを得て、農業権益、輸出業者、そして自発的組織の「鉄の三角形」にとらわれている。規則では、ほとんどの食糧援助はアメリカの農業者から買われアメリカで加工されなければならないとなっている。少なくとも半分はそれからアメリカ船籍の船で運ばれなければならない。競争がひどく抑制されているので、海運が最大の食糧援助計画フードフォーピースの予算の16%を食い尽くしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

印刷に備える - 生体繊維

5月
12

生きた組織を人工的に作る新しい方法

ウディ・アレン監督主演の1970年代の未来ファンタジー「スリーパー」のクライマックスは、アレン演ずるマイルスが独裁者の切り離され保存された鼻を蒸気ローラーの下に投げるところだ。オーガスマトロンや車大のバナナがいっぱいの映画で、悪漢を打ち負かすのは最後の馬鹿げた行為だ。けれども、もしその映画が現在作られたら、これらの悪漢は単に別の鼻を印刷したかもしれない。

器官を印刷するという考えは、(固いものを作り出すために、一度に素材の層を置く)三次元印刷の技術が改善するにつれて、幻想の領域を超えて動いている。移植可能な器官は依然として手に届かないけれども、研究者たちは、細胞の層を生きた組織に仕上げる技術を使っている。そして、オックスフォード大学の化学生物学者ハーガン・ベイレイによる今週のサイエンス誌のものを含んだいくつかの最近の論文が示すように、このやり方は急速に進化している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大学費用の惨禍 - 高等教育

8月
18

多くのアメリカの大学が財務的な困難にある

葉の茂った通りとゴシック調の建物で、シカゴ大学は落ち着きのあるきちっとした種類の場所のように見える。その建設費用を出したジョンD.ロックフェラーは、「私が行った中で最善の投資だ。」と語った。しかし、シカゴやほかの非営利のアメリカの大学は、まるでハイテク新興企業であるかのように、債務を積み上げている。

アメリカの非営利の大学の長期債務は、年間に12%伸びている、とコンサルタント会社のベイン&カンパニーとプライヴェートエクイティ会社のステアリング・パートナーズは推計する。1,692の総合、単科大学の2006-10年の間の貸借対照表とキャッシュフロー計算書を調べた新たな報告は、1/3が数年前よりもかなり悪くなっていることを見つけた。

高等教育の危機は、何年間も吹き荒れている。大学は、ロックフェラーが勘定を払うだろうと考えるバーにいる学生のように、支出してきた。過去2年間で、シカゴ大学は、(本がロボットにより賢く回収される)素晴らしい新たな図書館、新しいアートセンター、そして10階建ての病院の建物を建設した。それはまた、北京に新しいキャンパスを開いた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大学の挑戦

12月
14

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アラン B. クルーガー

9月
07

アラン B. クルーガー

アラン・ベネット・クルーガー(1960年9月17日生まれ)は、プリンストン大学で経済学と公共問題でのベンドハイムの教授で、全米経済研究所のリサーチ・アソシエイトである、アメリカの経済学者だ。2009年3月7日に彼はバラク・オバマ大統領により、米国財務省の経済政策担当副長官に任命された。2010年10月には、彼は財務省を辞めることを発表し、プリンストン大学に帰った。彼は、IDEAS/RePEcによると、世界最高の経済学者50人の中に入っている。2011年8月29日に彼はオバマによって大統領経済諮問委員会の委員長に指名された。
 

幼少期

クルーガーはニュージャージー州リヴィングストンで育ち、1979年にリヴィングストン高校を卒業した。
 

経歴

クルーガーは、自然実験の方法を発展、応用し、教育の収入に対する効果や最低賃金の雇用に対する効果などの問題を研究した。

クルーガーは、最低賃金を引き上げたニュージャージーでのレストランの仕事とそうしなかったペンシルヴァニアでのそれを比べ、ニュージャージーでのレストランの雇用が増え、ペンシルヴァニアでのそれが減ったことを見つけた。その結果は後に粉砕された。

「テロの経済学:人はなぜテロリストになるのか(2007)」で、彼は、テロリストが貧困の教育を受けていない環境から来るという仮定に反して、彼らはしばしば中産階級の大学教育を受けた背景から来ると書いた。
1994-95に、彼は米国労働省で主席エコノミストとして働いた。彼は、カーショウ賞、マハラノビス賞そして(デヴィッド・カードと共に)IZA賞を受賞した。彼は、アメリカ芸術科学学会、労働経済学者会、そしてアメリカ政治社会科学学会のフェローである。彼は、チェコ共和国のプラハにある学術研究所CERGE-EIの幹部・監督者委員会(ESC)の委員である。

クルーガーはコーネル大学の産業労働関係学部で(優等で)学士号を取り、1987年にハーヴァード大学で経済学のPh.Dを取得した。彼はまた、教育、労働市場、所得配分といった問題に関連した多くの本を出版している。彼はまた、環境クズネッツ曲線についての彼の研究で知られている。2000-06に彼はニューヨーク・タイムスの経済シーンのコラムを担当した。

Wikipedia 英語版より
Original page was last modified on 2 September 2011 at 19:06.

Posted By gno-eagrai 続きを読む

クイーンズウェイ・シンジケートとアフリカ貿易 - 中国国際基金

8月
22

中国のアフリカとの石油取引はある不透明な企業連合に支配されている。普通のアフリカ人は、そのかなり儲かる取引から不当な分け前しか得ていないようだ

中国の次の国家主席になりそうな男がアフリカの石油会社の幹部に会う時、人はその王子が優位に仕切ると期待するだろう。しかしながら、マニュエル・ヴィセンテとの間ではそうは行かない。今年の4月15日に、そのアンゴラの国有石油会社であるソナンゴルの会長でCEOは、北京の真ん中にある贅沢な花に飾られた部屋に大股で入り、中国の副首席で中国共産党の次期総書記と目される習近平と握手した。ヴィセンテ氏はアンゴラ政府で何ら公的地位を持っていないが、あたかも国の長の称号を与えられたかのように、習氏はその客に中国は「相互の政治的信頼強化」を望むと再確認した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

他人があなたの土地を奪おうとするとき - 土地取引の急増

5月
11

貧しい国での農地獲得の証拠は積み上がっている

シエラレオネ中央部のMakeniの農民たちは契約にサインした。2,000人の仕事と米を育てる湿地であるbilisを汚さないという保証と交換で、彼らはヨーロッパのためのバイオ燃料を育てるための40,000ヘクタールの土地の50年リースの権利をスイス企業に与えた。3年後50の新しい仕事はあったが、bolisは灌漑で傷つけられ、そういった開発は、コーネル大学のエリザ・ダ・ヴィアによると、「地元共同体の社会的、環境的、経済的犠牲の下に」行われた。

この様な取引が2009年に最初に国際的な関心を集めたとき、今年発表された研究を引用すれば、彼らが「土地を強奪しているのか、発展の機会を与えているのか」ははっきりしなかった。支持者たちは、彼らは種や技術、資本を世界の最貧地域に持ち込んだのだと主張した。FAOの管理者のような批判者たちは、彼らを「新植民地主義者」と呼んだ。しかし誰も彼らの主張を裏付けるしっかりとした証拠を持っていなかった。今はそれがある。2年間かけて、その種の学会では一番大きなものであるサセックス大学の開発研究学会(IDS)の会議で100を越える土地取引が調査された。ほとんどの判断は有罪だと判断された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
コーネル大学 を購読