ボツワナ

中心は持続しているが、ただそれだけだ - ソマリア

6月
30

モガディシュの新政府はまだその気概を示していない

植民地時代の終わりに、ソマリアはサブサハラアフリカで民族的な意味では疑いなくもっとも同種の国だった。それに最も近いのは、たぶん4/5がツワナ族で平和で安定しているボツワナであり、そこから一つの大きな部族が居住しそれが運営する国は、小さな部族のごった煮よりもより安定する可能性があるという示唆を受ける人もいる。

しかしながら、ソマリアは、紛争、貧困、そして非統治の典型になった。しかし、その民族的同種性は誤解させる。同じく単一の言語と地域を分かち合っているけれども、それは500以上の部族と支族に別れており、それらは悪名高く気難しく競争的だ。これは、彼らのかなり遊牧民的な生活様式とあいまって、多くのソマリ人に中央政府の命令を受け入れることをひどく気が進まなくしている。

首都のモガディシュから本当の権威をふるった最後の男は、1991年に追放された軍事独裁者のシアド・バーレだった。彼の没落は20年にわたる内戦のきっかけだった。去年の9月に議会によって選ばれたその国の直近の大統領ハッサン・シェイク・モハムドは、民主的な方法を使う一方でよりよくできるのだろうか?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

下にある富 - ザンビア、ジンバブエ、ボツワナ

4月
06

商品は、潜在的にはの未来にとって最大の脅威だ

北ザンビアを2つに分けるグレート・ノース・ロード上のエアコンの効いた車の後ろから、アフリカが豊かでよく統治されるようになりうると論じることは簡単だ。その国の道路制度はとても良いので、多くの訪問者は車を借り、自分で運転する。警察は優しく、休息所はたくさんある。同じことアフリカは南部アフリカの多くで当てはまる。舗装道路は肥沃なサヴァンナと開けた砂漠にわたってすべての方向に広がる。

ほとんどの道路はその下に埋まっていたものを元手に作られている。鉱物と金属の富だ。1世紀以上前にセシル・ローズが到着して以来、現地の採掘者は巨万の富を生み出し、来るべきアフロ楽観主義を起こさせている。植民地時代の鉄道から現代的空港まで、公的社会資本はこの資源の富がなければ存在しないだろう。タンザニアの南西国境から車で1日のカッパーベルトの中央で、1895年以来銅が掘られている。煙を吐く精錬所とスラグ置き場の山が町の向こうに現れる。高電圧電線と2車線の道が田舎を切り裂いている。「最初の子は弁護士になってほしいんだ。」鉱山の警備をする3人の子の父親は言う。「できると思うんだ。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカへの案内

3月
22

なぜフロンティア市場の投資家は案内人を必要としているのか

段ボール箱は格好良くない。しかし、それは有益だ。ローリーいっぱいの卵を包装なしで農場から店に移そうとすることを想像してみるとよい。箱はものを持ち運ぶのを簡単にするので、それにより店は幅広い品種のものをより安い価格で並べることができる。だから、段ボール工場をアフリカで経営することは、アフリカ人の皿の上により多くのより良い食料を置くことになる。

ウガンダのライリー包装工場は、すごい光景だ。壁から壁まで、そして床から天井まで、それは大量の巻紙を詰め込んでいる。訪問者は、トイレットペーパーの山を見つめる蟻のように感じる。経営コンサルタントは訊ねるかもしれない。なぜライリーは、3か月分というこれだけ多くの在庫を遊んで床に積み上げて持つ必要があるのか?確かにその会社の資本を使うより方法があるのでは?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカ人たちは退職制度の成長に圧力をかけている - アフリカの年金制度

11月
29

改革は、投資、填補、そして統治に力を発揮している

ある国の偉大さが、いかにそのもっとも弱いメンバーを扱うかによってはかられるのならば、ケアへのその経済的能力はその年金制度によってはかられるかもしれない。退職計画はぜいたく品だ。いよいよ、サブサハラアフリカ諸国の中にはそうする余裕があり、またすべきであると感じているものもあるぜいたく品だ。

南アフリカは別として、かなりの年金基金資産を持っているその地域の主要国には、ボツワナ、ガーナ、ケニア、そしてナイジェリアがある。アフリカの投資銀行BGLグループの2010年の報告「ナイジェリアを世界年金産業の中に置く」によると、ボツワナはその地域の主要国の中で最大の一人あたり年金資産を持っており、17%とGDPに占める年金資産の割合が最も高いものの一つになっているという。これは、ナイジェリアの5%、7%のガーナ、23%のケニアと比較できる。

ボツワナと隣国のナミビアは、早いスタートから利益を得た。「彼らは、20-30年前に南アフリカに続いて強制職業貯蓄を採用した。」インヴェステック資産管理の管理部長ターボ・コジャネは語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

警告とともにみられたヨハネスブルグ証券取引所の計画 - 南アフリカの証券取引所

11月
15

果たされていないがくじけもしない野望

ヨハネスブルグ証券取引所(JSE)は、その大陸ではるかに最も大きく、最も流動性があり、もっともよく規制された市場として目立っており、近年それは、国境を越えて到達するためにその地位を使おうとしている。

しかしその野心は、今のところ、ほかの南アフリカの組織のようにそれがその国の支配力、国益、そして仲間のアフリカ市場の低開発の性質についての恐れに直面しているので、かなりが満たされていない。

2009年に、JSEは、その大陸中から上場企業を呼び集め、国際的投資家のアフリカへの関心を生かすための試みとして、「アフリカ・ボード」を設立した。

しかし、それは、ナミビアのトラストコとボツワナのワイルダーネス・サファリスという、どちらもその後そのアフリカのボードからJSEの本体に変わった、たった二つの会社しか惹きつけなかった。

JSEの社長ニッキー・ニュートン=キングは、アフリカ・ボードが「調整しそこなって」いると語り、「我々は、その大陸でやろうとしていることに関して、我々が好んだだろう物ほど成功していない」と認める。

アフリカ・ボードは、その大陸からのほかの会社がJSE本体に直接上場することから効果的に締め出している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉱山が私のものならば - アフリカの資源民族主義

2月
21

アフリカの政府は、外国の採鉱者からより高い地代とより大きな所有権を取るよう探っている

アフリカの資源が実際にどの程度巨大なのかということを推測するのは難しい。地質学者は、地球上のほとんどの地で鉱物を掘ってきたが、アフリカの大部分ではかなり調査が及んでいないままだ。しかし、巨大な鉱床が今のところ発見され、ものすごい中国の需要を背景にした商品価格の上昇は、世界の採鉱者にその大陸が次の大きなフロンティアであることを確信させている。異常に大きな利益はまた、鉱物資源の豊かな国々にその採掘物のより大きな割合を求めるよう急き立てている。

国内で鉱山を営業させているアフリカ政府はとても多い。世界最大の鉱物資源の宝庫、南アフリカは、2.5兆ドルの価値があると推計されるが、過酷な50%の鉱業の「素晴らしい利益」へのたなぼた税と、探鉱権の販売に対する50%のキャピタルゲイン税を課すことを考えている。これらは、鉱業部門への国のより大きな干渉の可能性を研究するために与党アフリカ民族会議(ANC)によって立ち上げられた、独立した専門家委員会によって出された提案の中にあるものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

Moマネー - 良い統治に報いる

10月
19

アフリカでもっとも人気があり、そして悪名高い賞が受賞者を見つける

5年前にモ・イブラヒムによって作られた「アフリカの指導力の達成」への500万ドルの賞は、ついに新しい受賞者を見つけた。2年間適切な人を見つけられなかった後で、英系スーダン人の通信億万長者の代わりに受賞者を選ぶ委員会はペドロ・ヴェロナ・ピレスを選んだ。彼のことを聞いたことがないって?かれは、大西洋に浮かぶカーボ・ヴェルデの大統領だった人物だ。50万の人口の平均寿命は71歳だ。二期十年の在職のあとで、ピレス氏は先月選挙によって下野した。賞の委員会は、彼がその国を「国連の後発発展途上国から卒業した2番目のアフリカの国」にするのに役立ち、「その人権と良い統治の記録で国際的認知を」勝ち得たとして賞賛した。

イブラヒム氏自身も「ピレス大統領はその賞が認めようとした形の指導力を具体化した」と語って同意した。(ボツワナのフェスタス・モハエが受賞した)2008年以来、その賞はおそらくそれが主に認めようとした大陸アフリカ人のもとに入っていない。だが、ピレス氏は価値のある受賞者だ。カーボ・ヴェルデは、賞と共に公開され、統治の優秀さ、経済発展、そしてたくさんの他の社会的政治的指標によって測られる年次モ・イブラヒム指数で再び2位にランクされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

まだら模様だとしても、それは進歩だ - サブサハラアフリカでの民主主義

10月
11
ザンビア人は投票箱で平和的にその指導者を追い出した。それはもはや大陸で前代未聞のことではないが、まだとても珍しい
 
「ザンビアの人々は話しており、我々は皆聴かなければならない。」大統領選に敗れたルピヤ・バンダは、9月23日に語った。彼の複数政党制民主主義運動は過去20年間ザンビアを支配してきた。しかし、野党愛国戦線とその指導者マイケル・サタがかなり公正な大統領選挙で43%対36%で勝った時、その現職は優雅に退出した。隣国やアフリカで、そのような潔い行動はまだ珍しい。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

大事にするか、間引くか - アフリカの象

5月
23

象は中央と東アフリカでは密猟されているが、南では激増している

その象はケニア山の坂からこぼれ落ちた密林の中でわなにかけられた。彼女は植物を踏みつけながら自由になろうと奮闘したがわなは深く突き刺さった。彼女は喉が渇き、苦痛の中で死んだ、ケニアに拠点を置く保護団体のセイヴ・ジ・エレファンツによって無線機付き首輪をつけて監視されていた七頭のうちの一頭だった。他の三頭の無線機付きも過去数ヶ月の間に殺され、彼らの顔は牙をとるためにずたずたにされていた。

その象牙はケニアの首都にあるナイロビ空港で覆いをとられた厖大な積荷の中の一つだったかもしれない。130万ドルの価値がある58頭の象からの牙が金属の箱につまっていた。ナイロビには存在しない二つの大使館からの噂によれば、その積荷はナイジェリア行きだったという。同時に、ヴェトナムで、タンザニアからのゴムの貨物の中に60万ドル相当の牙が隠されているのを当局が発見した。タイ税関は先月、冷凍魚の中に330万ドル相当の牙を発見した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ボツワナ を購読