食糧農業機関

異なった規模 - 魚の値段

11月
02

魚はますます高価になっているが、彼らは皆同じ速さで動いているわけではない

漁師になるにはよい時だ。国連の食糧農業機関(FAO)の、世界魚類価格指数は、5月に最高値を記録した。特に中国での消費者の食生活の変化が、持続する上昇基調の多くを説明する。漁業と運輸の費用を上昇させる高い石油価格もまた、魚を食卓にのせる価格に上乗せされている。

しかしながら、全ての魚が等しく作られているわけではない。魚の生産には二つの型がある。「捕獲」(または野生)と「水産養殖」(または飼育)だ。そして、彼らは異なった軌道上にあるようだ。その大多数が野生で捕獲されるマグロのような魚は、より養殖が簡単なサケよりも大きな価格上昇をした。全体として、FAOの野生の魚の価格指数は、1990-2012年の間に倍近くになり、一方養殖魚のそれは1/5しか上がっていない。何がこの大きな違いを説明するのか?

地球規模でとらえられた野生の魚の量は、過去20年間でほとんど変わっていない。年に約9,000万トンのその天井には、1980年代の終わりに到達したようだ。特に消費者が高品質を求めると、生産性向上への限られた余地と同じく、過剰な漁が一つの理由だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ふくらみの戦い - ラテンアメリカの肥満

10月
02

ウエストラインが広がるにつれ、ジャンクフードとの戦いもそうなる

アステカやインカまでさかのぼる豊かな料理の伝統を持つ国々として、メキシコとペルーは現代の食料の流行への好みをかなり発展させている。メキシコ人はほかのどの国よりも発砲飲料をがぶ飲みする。ペルーは世界で最も高いファストフード店の密度を持っている。世界最大の果物輸出国の一つチリは、それを多く食べない。加工食品が平均的なチリ人の買い物かごの半分以上を占めているのだ。痩せたブラジルですらも、お菓子のジャンクフードの摂取は30年で5倍になっている。

全てのウエストラインが同じようにこの砂糖、塩、脂肪の集中にあっているわけではないが、多くのラテンアメリカとカリブ海諸国をわたって、その傾向はマフィントップのように目立つ。国連機関の食糧農業機関は、その地域が発展途上世界で最も体重の重い地域になっているという。その脂肪の蔓延が始まった1990年と比べて、飢えを通してよりも過食を通して、いまラテンアメリカでは、はるかに多くの健康な生活の年月が失われている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

依然として復興を待っている - ハイチ

1月
09

破壊的な地震の3年後に、「NGO共和国」は失業の国になっている

「ハイチはビジネスに開かれている。」2011年3月からその国の大統領を務めるミシェル・マーテリーは宣言するのを好む。彼の政府は、外国人が不動産を持つことを簡単にしたり、世界銀行のビジネスのしやすさランキングでハイチが上位50に入ること(それは今185か国中174位だ)を目標にすることによって、この話を後押ししている。11月に、その大統領はトゥーサン・ルーヴェルチュール空港の輝く到着ホールを開いた。マーテリー氏自身、彼が言うには支援者や投資家を訪れたりして、とてもよく外国に行くので、彼の旅行とそれらに結び付いていると言われる日当は、辛辣な冗談の素になっている。

しかし、首都のポルトープランスを破壊し何万人もの人々を殺した2010年1月12日の地震の後でその国が自身を再建するにつれて望まれた迫力ある成長は、現れなかった。9月の終わりまでの12か月に、その経済は穏やかに2.5%成長した。それは打ち砕かれた期待の2年目だった。IMFは2011と2012年の両方に8%の成長を予測していたのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

応援すべき下落 - 世界的貧困

3月
12

歴史上初めて、貧しい人々の数はどこでも減っている

過去4年は1930年代以来最悪の経済危機で、1970年代以来最大の食料価格上昇のように見える。それは確かに貧者の列を増大したに違いない。

それは間違っている。絶対的貧困(豊かな国々で普通に使われている相対的貧困と混乱してはいけない)で生活している人の数を2005年から更新してきた世界銀行の開発調査グループからの世界的貧困のもっともよい推計がやってきた。新しい推計は、金融と食料価格危機の初めの年だった2008年に、1日1.25ドル以下(2005年の価格で最も一般的に採用されている貧困線)で生活している人口の数の割合も、世界のどの部分でも減っている。これは、その銀行が1981年にその数字を集め始めて以来、広い部分にわたって減少が見られた最初の例だ。

2010年への推計は部分的だが、その銀行が言うには、その年の世界的貧困はその1990年のレヴェルの半分だったことを示している。世界は、1990年から2015年の間に世界の貧困を半分にするという国連の「ミレニアム開発目標」を5年早く達成したのだ。これは、年間に1ポイントを少し超える長期的な貧困減少率が、2重の危機にもかかわらず、2008-10年にも下がらなかったことを示唆する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

栄養のパズル - 貧困と食料

2月
26
なぜ、それほど多くの貧しい国々の人々が、そんなにも悪いものしか食べていないのか、そしてそれに対して何ができるのか?
 
サン・パウロの最も貧しく、最も誤って名付けられた貧民街の一つである、エルドラドでは、何人かの8歳の少年たちが、かつて薬物ギャングや飢餓でよりよく知られたグラウンドの1区画でサッカーをしている。彼らは健康な状況のように見えるが、そうではない。試合後に、彼らはピッチの脇にある一袋のバナナに寄り集まる。
 
「学校では、子供たちは毎日完全な食事を食べる。」地元慈善団体の「危機に瀕した子供たち基金」の事務局長、ジョナサン・ハナイは説明する。「しかし、休日には彼らは朝食も昼食もとらずに我々のところにくる。だから我々は彼らにバナナを与えるのだ。それらは腹を満たし、安く、そして脳を刺激する。」栄養失調はかつてエルドラドでは見えずに広がっていたものだ。今ではそれは少なくなり、同じように重要なことに、それはもはや隠れていない。「それはより見えるようになり、だから人々はそれに対して何かしている。」
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

並行する危機 - ソマリア

9月
05

どのようにソマリアでのイスラムテロリストの活動を鈍らせるアメリカの成功した作戦が、多数を殺すだろう破壊的な飢饉の一因となったのか

彼らのやぎが皆いなくなり、その最後の牛が膝を折って死んだ6月後半から7月初めまでに、男たちは今や去るべき時だと話した。Daynunay村では、ハジ・ハッサンとその子供たちが、少ない衣類、プラスティックボトル、幾らかの古い調理鍋といったなけなしの家財を包み、東に250キロのモガディシュへ出発した。彼らが通り過ぎたどの村でも、その小さな集団は大きくなり、最初は数百人の列に、そして何千人に、さらに数えきれないほどになり、故郷を捨てて南部ソマリアを横断した。水はほとんどなく、葉しか食べるものがないので、幼い者や高齢者はすぐに亡くなった。ハッサンの孫のひとりは倒れたところに埋められた。Quansax Dheereから300キロ歩いた50歳のバゲイ・アリは「ただ座り込み、死んだ」7人の人々を見たと語る。Baoliからの500キロの旅の途中で彼の子供たちが弱り始めた時、60歳のバシャル・アブディ・シャイス彼らを肩に担ぎ、運んだ。「彼らが死んだのを認識した時、私を途中で彼らをおろし、そこに埋めるだろう。」彼はその途中で2人の息子と3人の娘を失った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

他人があなたの土地を奪おうとするとき - 土地取引の急増

5月
11

貧しい国での農地獲得の証拠は積み上がっている

シエラレオネ中央部のMakeniの農民たちは契約にサインした。2,000人の仕事と米を育てる湿地であるbilisを汚さないという保証と交換で、彼らはヨーロッパのためのバイオ燃料を育てるための40,000ヘクタールの土地の50年リースの権利をスイス企業に与えた。3年後50の新しい仕事はあったが、bolisは灌漑で傷つけられ、そういった開発は、コーネル大学のエリザ・ダ・ヴィアによると、「地元共同体の社会的、環境的、経済的犠牲の下に」行われた。

この様な取引が2009年に最初に国際的な関心を集めたとき、今年発表された研究を引用すれば、彼らが「土地を強奪しているのか、発展の機会を与えているのか」ははっきりしなかった。支持者たちは、彼らは種や技術、資本を世界の最貧地域に持ち込んだのだと主張した。FAOの管理者のような批判者たちは、彼らを「新植民地主義者」と呼んだ。しかし誰も彼らの主張を裏付けるしっかりとした証拠を持っていなかった。今はそれがある。2年間かけて、その種の学会では一番大きなものであるサセックス大学の開発研究学会(IDS)の会議で100を越える土地取引が調査された。ほとんどの判断は有罪だと判断された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
食糧農業機関 を購読