サセックス大学

起業家的国家

1月
02

ある新刊が、政府が革新的な事業を生み出すのに果たしている大きな役割を指摘する

アップルは一般的に、革新的事業について最高のものすべての具現化としてみなされる。それはガレージで始まった。何年間も、それはマイクロソフトのもっさりしたゴリアテに対するかっこいいダヴィデを演じた。それからそれは、コンピューターから携帯端末へその焦点を移すことによって、自身を、そして娯楽産業全体を崩壊させた。しかし、この物語からは何か省かれたものがある、と、イングランドのサセックス大学のマリアナ・マズカートはその著書「The Entrepreneurial State」の中で論ずる。スティーヴ・ジョブズは、技術とデザインの両方を理解した、疑いもない天才だった。アップルは疑いもなく巧妙な革新者だった。しかし、アップルの成功は、現在の消費者向け電化商品革命の認められない支えである、国家の積極的役割なしには不可能だっただろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪い(蜂の)行動 - 昆虫学

6月
16

無法者クマバチの奇妙な事例

ほとんどの人々にとって、クマバチはミツバチの厳格な決断力もスズメバチの悪意ある意図も持たずに庭や草地を飛び回る、魅力的で少し馬鹿げた生き物だ。けれども、もし植物だったなら、物事は少し異なって見える。花を咲かせる植物の見方では、多くのクマバチは泥棒以外の何物でもないからだ。彼らは蜜を奪い、替わりに何も与えないのだ。

銀行強盗が金庫への道を切り開くかもしれないように、クマバチが花の横に穴をあける蜜強盗は、チャールズ・ダーウィンによって発見された。この技術は、蜂に、その形が狭い管を通り抜けることができる長い舌を持った昆虫によって授粉されやすくなるよう進化した花の蜜に到達させる。

クマバチの中には、そのような舌を持っているものがいる。しかし、持っていないものもいる。しかしながら、短い舌の蜂は、これらの花の内部の蜜のたまものを拒否しようとしない。だから穴をあけるのだ。けれども、このように押し入ることによって、クマバチは花を咲かせる植物と昆虫との間の1億年の協定を破棄する。植物が昆虫にえさを与える替わりに、昆虫が植物に授粉するというものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

他人があなたの土地を奪おうとするとき - 土地取引の急増

5月
11

貧しい国での農地獲得の証拠は積み上がっている

シエラレオネ中央部のMakeniの農民たちは契約にサインした。2,000人の仕事と米を育てる湿地であるbilisを汚さないという保証と交換で、彼らはヨーロッパのためのバイオ燃料を育てるための40,000ヘクタールの土地の50年リースの権利をスイス企業に与えた。3年後50の新しい仕事はあったが、bolisは灌漑で傷つけられ、そういった開発は、コーネル大学のエリザ・ダ・ヴィアによると、「地元共同体の社会的、環境的、経済的犠牲の下に」行われた。

この様な取引が2009年に最初に国際的な関心を集めたとき、今年発表された研究を引用すれば、彼らが「土地を強奪しているのか、発展の機会を与えているのか」ははっきりしなかった。支持者たちは、彼らは種や技術、資本を世界の最貧地域に持ち込んだのだと主張した。FAOの管理者のような批判者たちは、彼らを「新植民地主義者」と呼んだ。しかし誰も彼らの主張を裏付けるしっかりとした証拠を持っていなかった。今はそれがある。2年間かけて、その種の学会では一番大きなものであるサセックス大学の開発研究学会(IDS)の会議で100を越える土地取引が調査された。ほとんどの判断は有罪だと判断された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
サセックス大学 を購読