アメリカ国立科学財団

昇進と自己宣伝 - 女性教授の嘆くべき不足

1月
03

女性は、自身を十分に引用しないので、地位を得るのに失敗するのかもしれない

学界の欠陥の一つは、その講義室や大学院は女性で満ちているが、その組織の上の方ではそうではないということだ。しばしば、これは科学に特有な現象だとみなされる。例えば、アメリカの国立科学財団によって2008年に発表された報告は、ほとんどの科学と技術の分野で男性の正教授は女性のそれに対してほぼ4対1の割合で数が多いことを見つけた。実際、その不釣り合いは森全体に当てはまる。アメリカ大学教授協会による2006年の別の報告は、芸術、人文、そして社会科学の学部でも同じ割合を見つけた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

起業家的国家

1月
02

ある新刊が、政府が革新的な事業を生み出すのに果たしている大きな役割を指摘する

アップルは一般的に、革新的事業について最高のものすべての具現化としてみなされる。それはガレージで始まった。何年間も、それはマイクロソフトのもっさりしたゴリアテに対するかっこいいダヴィデを演じた。それからそれは、コンピューターから携帯端末へその焦点を移すことによって、自身を、そして娯楽産業全体を崩壊させた。しかし、この物語からは何か省かれたものがある、と、イングランドのサセックス大学のマリアナ・マズカートはその著書「The Entrepreneurial State」の中で論ずる。スティーヴ・ジョブズは、技術とデザインの両方を理解した、疑いもない天才だった。アップルは疑いもなく巧妙な革新者だった。しかし、アップルの成功は、現在の消費者向け電化商品革命の認められない支えである、国家の積極的役割なしには不可能だっただろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

心の拡大 - アメリカの神経科学計画

5月
12

バラク・オバマは長く待たれてきた脳を見る計画を発表する

多くの追跡の後で、現実があらわれ出る。4月2日、バラク・オバマ大統領は、人間の脳の謎のロックを解除することを意図した計画にアメリカ政府が戻ると発表した。痕跡によれば、それは脳活動地図として知られていた。頭文字BAMは富への人質であると誰かがはっきりと言い当て、その計画は今では進歩する革新的神経技術を通しての脳研究(Brain Research through Advancing Innovative Neuroscience)として知られている。疑いもなく完全な偶然によって、それは「BRAIN」とつづる。

誰もが聞くのを待ち望んでいたことである、その計画の重要な部分は、資金だ。オバマ氏は4月10日に提出する予算の中で、運営の初年度に1億ドルを承認するよう議会に頼む。それは、アメリカ国立衛生研究所によって毎年神経科学に支出される55億ドルに比較すれば、少額だ。しかしそれは、インフレ調整後でさえも、ヒトゲノム計画の初年度に支出された2,800億ドルよりも大きい。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
アメリカ国立科学財団 を購読