チューリッヒ大学

アイディアマシーンは壊れているのか? - 革新悲観主義

1月
24

革新と新技術が成長の駆動を止めているという考えはますます注意を惹いているが、それはしっかりと基礎づけられてはいない

シリコンヴァレーに好況時代が戻ってきた。101号線沿いの産業地区は、再び希望に満ちた新興企業の印で飾られている。レイクタホのようなリゾートタウンの派手な別荘への需要のように、家賃は上がっており、富の兆候は大量に集まっている。ベイ・エリアは、半導体産業とその後を追って成長しているコンピューターやインターネット会社の生誕地だ。その天才たちは、タッチパネルの電話から、大きな図書館の即時検索から、何千マイルも離れた無人機を操縦する力まで、世界を未来的に感じさせる多くの驚異を提供した。2010年以来のその事業活動の復活は、進歩がはかどっていることを示唆する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

喜びの運送者 - 幸福の遺伝学

10月
21

幸福はあなたのDNAの中にある。そして異なった人種ではそれに対する異なった傾向を持っているかもしれない

人間の人格が空っぽで経験によってのみ上書きされるという考えは、20世紀の後半のほとんどに流布していた。しかしながら、過去20年に渡って、その考えは蝕まれてきた。1卵性双生児と2卵性のそれとを比べた研究は、行動の多くの側面での相続性を打ち立てるのに役立ち、DNA検査はいくつかのDNAが原因であることを明らかにした。これらの両面についての最近の研究は、幸福というものがかなり相続的であることを示唆している。

多くの人間が知っているように、多くの要素が人々が幸福であるか不幸であるかを左右する。外部要因は重要だ。雇用されている人たちは失業者よりも幸せだし、給料の高い人たちはそうでない人たちよりも幸せだ。年齢も役割を果たす。若者と高齢者は中年よりも幸せだ。しかし、人格が単一の最大決定要因だ。社交的な人は、内向的な人よりも幸せだ。そして自信に満ちた人々は心配性の人々よりも幸せだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

他人があなたの土地を奪おうとするとき - 土地取引の急増

5月
11

貧しい国での農地獲得の証拠は積み上がっている

シエラレオネ中央部のMakeniの農民たちは契約にサインした。2,000人の仕事と米を育てる湿地であるbilisを汚さないという保証と交換で、彼らはヨーロッパのためのバイオ燃料を育てるための40,000ヘクタールの土地の50年リースの権利をスイス企業に与えた。3年後50の新しい仕事はあったが、bolisは灌漑で傷つけられ、そういった開発は、コーネル大学のエリザ・ダ・ヴィアによると、「地元共同体の社会的、環境的、経済的犠牲の下に」行われた。

この様な取引が2009年に最初に国際的な関心を集めたとき、今年発表された研究を引用すれば、彼らが「土地を強奪しているのか、発展の機会を与えているのか」ははっきりしなかった。支持者たちは、彼らは種や技術、資本を世界の最貧地域に持ち込んだのだと主張した。FAOの管理者のような批判者たちは、彼らを「新植民地主義者」と呼んだ。しかし誰も彼らの主張を裏付けるしっかりとした証拠を持っていなかった。今はそれがある。2年間かけて、その種の学会では一番大きなものであるサセックス大学の開発研究学会(IDS)の会議で100を越える土地取引が調査された。ほとんどの判断は有罪だと判断された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
チューリッヒ大学 を購読