アキンウンミ・アデシナ

自給しろ - ナイジェリアの農業

6月
25

ナイジェリアがその農地を改良できさえすれば

「ほしいモノリストがあるならば、」東部ナイジェリアタラバ州の農民ルカ・アブグは語る。「私はトラクターがほしい。」「農業はゆっくりとした骨の折れる仕事で、私はしばしば労働者を雇わなければならない。自分が60歳くらいだと考えているアブグ氏は語る。農業は依然としてナイジェリアの最大の雇用主だが、そのほとんどは、単なる自給農家だ。農民は、古来の初歩的な方法と基本的な道具を使う。タラバのいくつかの場所で事態は変わっているが、あまりにゆっくりだ。その国の、最新で、ここ最近では最も精力的な農業・自然資源相アキンウンミ・アデシナは、速度を上げる決心をする。

ナイジェリアの政府は、大規模農業の潜在性について皆大きく話すが、その国は依然としてその緑の革命を待っている。国家統計局によれば、ナイジェリアの1.67億の人々のうち60%程度は農民だ。中央銀行は、今年の後半にすべての数字が「再計算」されれば下がりそうだが、農業はGDPの41%を占めているという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

前に傾く - ナイジェリア

5月
20

アフリカの巨人は立ち上がっているが、それは依然としてその足が定まらないようだ

何ラウンドも戦った重量級のボクサーのように、ナイジェリアは時々パンチドランクのようだ。ある時、それはその大きさの徳と顔に浮かべた笑みによってそれは王者のように行動し、次にはそれは病床に就き苦悩にうめくだろう。全体として、その国はよろよろ歩き、その実際の成果と同じくらいその巨大な潜在力に喝さいを送られる。それは依然としてやはり病人だ。

北の地域はかつてないほど貧しく、イスラム主義者のテロリズムによって破壊されている。それを抑えるための警察の野蛮な努力は、普通の北部人を更に不機嫌にする。南部の石油があふれるデルタは無秩序で、継続する大規模石油泥棒によって抜き取られ、ナイジェリアの非常に高い標準に従っても高いレヴェルの汚職に穴だらけにされている。その国中、特に南部やバブルに沸く商業首都のラゴス市内かその周辺の富裕な人々の誘拐は、ますます頻繁になっている。財務大臣ンゴジ・オコンジョ=イウェアラの母親は、5日後に開放されたが、そのような過酷な試練に12月に苦しんだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ナイジェリアに引き寄せられたジンバブエの農民は生き残りに苦闘する - 農業

11月
03

農産物生産を助け、上昇する食糧輸入の請求書を減らすために、改革が始まっている

65歳で退職して太陽を求めて外国に引っ越すものもいる。グラハム・ハッティは熱帯雨林から農場を作り出すためにナイジェリア中部に旅をした。それは2005年の1月のことで、彼が40年間ジンバブエで所有してきたメイズ農場がその国の土地改革計画の下で押収され元軍長官に与えられたところだった。

荷造りしている間に、ハッティ氏は、あるナイジェリアの知事が立ち退かされた白人のジンバブエ人農民にクワラ州で1,000ヘクタールの土地と立ち上げ資金を提供しているとの話を聞いた。ハッティ氏を含んだ13人がそれを受け入れた。彼はその農場をヨルバ語で「望み」を意味する「イレティ」と名付けた。

「私は子供たちの負担となりたくなかったので、「なんてこった」って思ったね。」今73歳で依然として畑に出ているハッティ氏は語る。「世界中のどこにもこんな機会を得られるところはなかったのだ。」

これは慈善活動でも何でもなかった。そのジンバブエ人農民たちは、アフリカで最も人口稠密な国で「商業的農場ができるのかどうか」を見る実験の一環だったのだ、とハッティ氏は語る。さもなければ、少なくとも再びうまくいくのか。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
アキンウンミ・アデシナ を購読