日本

隠された一面 - ビットコインの将来

3月
21

いかにしてその暗号通貨はカネにおけるインターネットになりえたのか

父親はその子供の葬式に間に合った。もし最近の報道を信じるのならば、それがビットコインの地での哀れな状態のようだろう。3月6日にニューズウィーク誌は、ビットコインの隠遁中の創造者であるサトシ・ナカモトを見つけ出したと報じた。そして3月11日に、現在の価格で4.9億ドル相当の顧客のビットコインを失うまでその通貨の取引を長く支配していた日本のオンライン取引所のMt Goxは、今度はアメリカで再び破産により財産保全された。

実際には、事態は少し違っている。ニューズウィーク誌がビットコインの父だとしたドリアン・サトシ・ナカモトはそのサトシではないとの証拠が増えている。より重要なことに、ビットコインの最善の日々は、完全に一人前の通貨としてではないにしても、今度は金融革新のプラットフォームとして、依然として先にあるかもしれない。インターネットがデジタルサーヴィスの基礎であるように、ビットコインの裏にある技術は、人々が所有し支払うための方法の革命を助けうる。見れば新しいプラットフォームかどうかわかるますます増えるヴェンチャーキャピタリストを含んだ、すべての種類のオタクたちは興奮している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

沈黙の音 - 技術と社会

1月
31

デザイナーは、エネルギーを節約し売上を上げることができる、少ししか雑音を出さない製品の考案に、より注意を払っている

気を散らせる雑音の迷惑を規制する努力は、シュバリスのギリシャ植民地が血の気の多い男どもと一緒に板金工と陶工は騒音を出すので町の外に住まなければならないと命じた、少なくとも紀元前6世紀にまでさかのぼる。25世紀程度後に、コンピューター研究の先祖の一人として思い出される英国の数学者チャールズ・バベッジは、手回しオルガン奏者などのストリートミュージックに対する一連の運動を行った。デザイナーが雑音を少なくする製品を考案するのに最近より注意を払い始めたことを、どちらも確かに認めるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

審判はロボットだ - 技術とスポーツ

1月
31

サッカーの審判を助けるためのゴールライン技術の展開は、将来のさらなる決定補助のための道を開くかもしれない

2014年7月13日。最終ホイッスルの数分前に、イングランドのウェイン・ルーニーはドイツディフェンスの裏にけりこみ、サッカーワールドカップ決勝の唯一のゴールを決める。しかし、リオのマラカナ競技場のイングランドサポーターの歓喜は、線審がその旗を揚げると掻き消える。映像がそうではないことを示しているのにもかかわらず、そのゴールはオフサイドで認められない。ドイツチームがPK戦で勝つ。

イングランドがワールドカップの決勝に進むという考えがこのシナリオを幾分奇抜なものにしているけれども、間違ったオフサイド判定はむしろより頻繁に起こりそうだ。前回のワールドカップでの明らかな誤審が、ゲームのルールを決める国際サッカー評議会(IFAB)にこの夏にゴールライン技術の導入を容認するよう説得した。これは、ミスを犯しがちな審判を助けるために技術をより広く利用することに向けた単なる第一歩かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

起業家的国家

1月
02

ある新刊が、政府が革新的な事業を生み出すのに果たしている大きな役割を指摘する

アップルは一般的に、革新的事業について最高のものすべての具現化としてみなされる。それはガレージで始まった。何年間も、それはマイクロソフトのもっさりしたゴリアテに対するかっこいいダヴィデを演じた。それからそれは、コンピューターから携帯端末へその焦点を移すことによって、自身を、そして娯楽産業全体を崩壊させた。しかし、この物語からは何か省かれたものがある、と、イングランドのサセックス大学のマリアナ・マズカートはその著書「The Entrepreneurial State」の中で論ずる。スティーヴ・ジョブズは、技術とデザインの両方を理解した、疑いもない天才だった。アップルは疑いもなく巧妙な革新者だった。しかし、アップルの成功は、現在の消費者向け電化商品革命の認められない支えである、国家の積極的役割なしには不可能だっただろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪い記憶 - アジア金融危機

12月
21

1997-98年の地域金融危機のこだまが騒々しいが、誤っている

同じ川に2度入ることは決してできないが、それは忘れられないほどに親しんで見えるかもしれない。だから、最近アジアの通貨と株式市場がのたうちまわるにつれて、投資家と評論家が1997-98年の金融の嵐の亡霊を召喚するのは、驚くことではない。その危機は最初にタイで起こり、それからインドネシアと韓国がIMFの救済下に入った。それは地域経済を破壊し、インドネシアは32年間のスハルト独裁を倒した。フィリピンとマレーシアは、ひどいけがによろめいた。いま、その地域の市場関係者は、シリアでのアメリカ主導の軍事行動の可能性の帰結についての恐れが増すにつれて、そこが再び感染し、さらに悪くなることに神経質になっている。にもかかわらず、川は変わっており、不注意な人々を押し流しそうもない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

釣りの旅 - 日本と中国

10月
12

両国関係を尖閣か離すための試みが失敗する

7月29日に日本のトップ外交官斎木昭隆は、ある程度の望みを持って北京へ行った。日本が長く実効支配しているが中国が領有権主張している、東シナ海の岩がちの島々を政府が去年その民間地主から買って以来、二国間の緊張は高まっている。斎木氏の旅の前夜に、高官たちは中国が関係修復に熱心だと主張した。それは、日本の首相安倍晋三と中国の国家主席習近平との間の最初の首脳会談のための地盤を整えることを狙った、日本の高官による3度目の訪問だった。

しかし、中国の反応は萎えたものだった。斎木氏の訪問中に、国営新聞のチャイナ・デイリーは、北京が首脳会談を退けたという高官を引用した。外務大臣は、日本が尖閣と呼ぶ岩の問題は、「対話の呼びかけがない」ことによって解決されないだろうと宣言した。それはまた、安倍氏の最側近で、7月に同じように北京を訪れ、首脳会談についての楽観をたくさん持って帰国した飯島功が、中国の高官のだれかと会ったことすらにべもなく否定した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

犯罪の下落の興味深い事例

9月
21

 

犯罪は豊かな世界で急落している。これを下げ続けるために、政府は刑罰ではなく予防に集中すべきだ

1990年代に、保守的なアメリカの学者ジョン・ディルリオは、「超捕食者」の新種、「人間の生活に全く何の尊敬も払わず、未来に何の感覚も持たない子供たち」が、ほぼ無期限にアメリカを恐怖に陥れるだろう、と論じた。彼だけではない。専門家は、犯罪が増え続けるだろうと納得した。法を守る市民たちは、ガードに警備された門のある共同体に退却するだろう。政治家と警察長官は、怒鳴って統計をごまかそうとすること以外にほとんど何もできなかった。

ディルリオ氏はのちに撤回し、悲観主義者が間違っていたことがはっきりとしている。彼が書いてすらいるように、アメリカの犯罪の波は壊れているのだ。その町は大きくより安全になっており、残りの先進世界も続いている。日本からエストニアまで、財産と人々は1970年代以来ほとんどどの時よりも安全だ。予想を困惑させることに、景気後退は下降傾向を邪魔していない。アメリカがトレイヴォン・マーティンの射殺について激しく議論している時でさえ、新しいデータは、若いアメリカ人の殺人率が30年来の低さにあることを示している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

やぶの中でブーンブーン吹かす - 南スーダン

9月
18

正しい形式の車を運転することは、最も広く受け入れられた成功のしるしだ

たった1本の舗装された陸上道路しかない南スーダンは、車の愛好家にとって当たり前の場所ではない。しかし、地元の人たちは、ある日本車に強烈な熱愛感情を持つ。「いつの日か、息子はV8を運転するんだ。」望みで声を膨らませて、首都ジュバの街角で携帯電話充電用ソケットを課して生計を立てている男は語る。

V8とはトヨタのランド・クルーザーの上級車で、4つのシリンダーが2重の曲がった列をなしているエンジン部分から名づけられた。やぶのわだちの上ですらもやさしくごろごろ鳴らすそれは、7月9日に2歳になる世界で最も若い国で、最も人気のある車だ。それがなくては、新しく作られた大臣は、誰も真剣に受け取られないようだ。運転手は街角に1日中生息し、そのメタリックな仲間に抒情詩を歌ってバケツ何杯もの石鹸でV8のエンジンをいとおしく洗っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

縄目を解かれたプロメテウス - 幹細胞療法

9月
15

研究者たちは、まだ器官再生の古い夢を実現していないが、それは近づいている

ゼウスによって岩に縛り付けられた巨人のプロメテウスは、器官が毎晩再生するので、わしが彼の肝臓を大いに食べる毎日の虐待に耐えた。この光景に比べて、今週のネイチャー誌のウェブサイトの映像は、断然退屈だ。それは、ピンクの点の集まりをより暗い中央の塊に統合するのを示す。

しかし、何か巨人的なものが実に起こっている。ピンクの点は幹細胞で、その映像は肝臓のように見え、そのように行動するものである肝臓の芽の発展を示すのだ。その映像を作った日本の横浜市立大学の武部貴則と谷口英樹は、機能する人間の肝臓組織を作り出している。

研究者たちは、長い間、再生医療として知られる熱望である、幹細胞が傷ついた組織を修理したり、それにとってかわるために使われるかもしれないことを、長い間夢見ている。ES細胞は特に、他のどの細胞にもなりうることを意味する「多分化能」だ。そして今、多分化能性を、まだ胚から出ておらず、故にかつてはそれらを取得することに結び付いていた倫理的地雷原を迂回する細胞の中に誘導することができる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

マウスとマネの - アートと動物王国

9月
12

絵画のネズミによる評価

いやしいマウスは科学の勇猛な馬車馬だ。毎日、世界中の研究所で、その小さな生物は、すべて科学の名のもとに、電気ショックからがんの誘導まで、すべてのやり方の注意深く管理された侮辱に従っている。しかし、日本の慶応大学の渡辺茂の研究室では、マウスはほとんどのものよりも楽しい生活を送っている。渡辺博士にとって、その関心は体ではなく心の中にあるのだ。特に、彼は美術の好みについて探っている。

今月のパブリック・ライブラリー・オブ・サイエンス誌に掲載された論文で彼が描くように、渡辺博士は、彼のマウスがある画家への好みを持っているかどうかを見ることに興味を持った。彼はそれらを一度に1匹だけ部屋に入れ、異なった画家による絵画のペアをそれぞれに見せた。科学は(まだ)マウスの心を読む方法を持っていないので、彼はその動物がどれだけその動物がどちらかの絵のそばにとどまったかを測った。彼のマウスは、ロシアの抽象画家ワシリー・カンディンスキーによる絵画と、原色で満たされた黒い網目状の線の単純な構成で有名なオランダ人アーティストピエト・モンドリアンによるものの間には、特別の好みを表さなかった。フランスの印象派画家ピエール=オーギュスト・ルノワールと、キュビズムのスペイン人の父パブロ・ピカソによる絵にも似たような無差別があらわれた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

日本 を購読