ジョン・ロバーツ

ごまかし(Shell)ゲームの終わり - 治外法権

5月
29

多国籍企業へのいくつかの良いニュース

ジョージ・ワシントンとジミー・カーターの政権の間、外国人不法行為請求権法(ATS)は眠っていた。その法令は、アメリカの地方裁判所に、「国際法または米国が締約国である条約に違反して行われた不法行為に限り、外国人によって提起される民事訴訟」の第一審管轄権を与える。190歳で、それは1979年4月6日に、二人のパラグアイ人がパラグアイで犯された不法行為について元パラグアイの警察官を訴えることを許すのにつかわれた時、生き返った。

それ以来、ほぼ150件の訴訟が、アメリカやほかの会社が世界中で犯した活動に対し、提起された。4人の現地原告がATSを使って、ミャンマーで石油パイプラインの建設中に犯されたと申し立てられた人権侵害で、ロサンゼルスの連邦裁判所にユノカルを訴えた。ある人権機関は、二人の中国人民主活動家のために、中国でヤフーの子会社によって犯された活動に対して同社を訴えるのにそれを使った。とりわけ、ダイムラークライスラーとリオ・ティントに対するATS訴訟は保留中だ。ほとんどのATS訴訟は退けられたり解決されたりしているけれども、解決の費用は高くなるかもしれず、負の広報効果がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ジョン・ロバーツ を購読