ジョセフ・シンバカリア

ムトワラのロックフェラーたち - タンザニアのガスブーム

6月
02

ガスの富鉱帯は富の望みをもたらす

何千トンものドリルパイプが、南部タンザニアのムトワラ港のヤードにきちんと積み上げら、100キロ沖合にガスリグを供給する船に積まれるのを待っている。そこでは、センチメートル単位の正確さで導かれたドリルの小片が2キロ水中の海底に食い込み、それから、地元民がその眠たい国の長く待たれた大躍進を加速するだろうと望むガスの埋蔵へと突き進む。

タンザニアは多くの間違った出発を経験している。部分的には南アフリカのサイモンストウンの港にとってかわるために、1954年に英国の植民地当局がムトワラの深水港を開いた時、それは東アフリカ貿易の転換点として売り出された。しかし、その港は朽ち、ムトワラとそのカシュー栽培の後背地は、1963年の独立後タンザニアの支配者によって無視された。ムトワラと商業首都のダルエスサラームをつなぐ道路建設は半世紀後に始まり、それはまだ完成していない。

最も効果的な方法で、タンザニアの教育制度は現地のマコンデ族に技能を備えるのに失敗している。多くが読み書きできず、雇用主の中で最も寛容なものを満足させる労働倫理でさえも欠いている。マコンデ族はタンザニアの他の所で、好色で木彫の才能を持ちブッシュミートを好むダンサーや警備員としてしばしばステレオタイプ化される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ジョセフ・シンバカリア を購読