華為

圏外 - エチオピアの通信

12月
16

政府は携帯電話網を広げているが、その統制を強めている

エチオピアはアフリカで最後の大きな通信独占を行っている。競争の欠如により、8,000万以上の人口を持つ国は、一般的に経済成長とともに急速に発展しているその大陸での産業で、ひどく遅れている。アフリカの他の地域では平均して70%である携帯電話の浸透率は、エチオピアでは25%近くだ。隣のケニアでは40%なのに比べて、わずか2.5%のエチオピア人だけしかインターネットにアクセスできない。

エチオピアの権威主義的な指導者たちは、現代通信の経済的利益についてほかのものと同じくらい熱心だが、政治的な枝分かれを恐れている。つながると、厄介な反対派はますますイライラさせるようになる。それが、中国の二つの主導的な通信設備会社との16億ドルのネットワーク更新協定を説明する。華為とZTEとの契約は、エチオピアの国家独占を保ち、アフリカ最大の経済の一つを解放するのをさらに延期する。

フランス・テレコムとエチオ・テレコムとの間の2010年の契約は、民営化と競争に向けた一歩としていくつかの方面には見られた。それは通信料を下げたが、フランス人社長のブルーノ・デュトワが最近辞めたことでよろめいているようだ。いまでは更なる改善はほとんどなさそうだ、と地元の起業家のマルコス・レンマは語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新興ブランドの戦い

9月
08

西側のブランドは発展途上国のそれからの包囲にさらされるようになっている。

過去20年間は、経済力の新興世界への巨大な再分配を経験している。しかし、今のところそれに相当するブランド力の再分配はない。フォーチュン誌の2012年の一覧の売上収入による500の大企業には、132の合衆国を除いたどの国よりも多くの73の中国企業が含まれていた。しかし、インターブランドの2012年の100の「最高の地球規模ブランド」の一覧には、中国企業は一つも含まれていなかった。

しかしながら、新著『Brand Breakout』の中で、二人の学者ニルマルヤ・クマールとジャン=ベネディクト・スティーンカンプは、発展途上国の企業が迅速にブランディングの芸術を学んでいると論ずる。数少ない新興市場のブランドがすでに地球規模になっている。ヨーロッパでサッカーの試合を「エミレーツ」を網膜に焼き付けることなく見るのは難しい。さらに近づいているものもある。中国のハイアール〈白物家電〉チリのコンチャ・イ・トロ(ワイン)そしてブラジルのナチュラ〈美容品〉だ。発展途上世界の勃興によって包囲されると感じる西洋人は、依然として高価なブランド品の高地を保持していると考えて自身を慰める。しかし、新興市場の競争相手が彼らの軍馬に乗っており、破壊鎚を持っていることに、彼らは疑いを持っていなくて当然だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

次のフロンティア - アフリカの情報技術

3月
17

技術系企業はアフリカに目を注いでおり、IBMがそれを主導している

ママドゥ・ンディアェは、セネガルで育った。彼の両親は、「貧しくはなかったが、豊かでもなかった」。彼は数学に魅了され、ダカールのシェイク・アンタ・ジョップ大学でそれを学び、それからアメリカで勉強するという彼の夢を追うのに貯金するために数年間コートジボワールで教えた。

彼はニューヨークに行き、コロンビア大学での統計学修士のための資金のために、事務用品チェーンのステイプルスで働いた。ンディアェ氏の助言に感銘を受けたある顧客が、そのセネガル人に彼の勤め先のIBMの職に応募するよう提案した。それは15年前だった。今、ンディアェ氏は去年の5月にダカールで開業したビッグ・ブルー事務所の管理者として本国に帰った。

セネガルのその事務所は、IBMがアフリカが何十億もの利益を生ずるだろうと信じる兆候のただ一つだ。それは新参者ではない。それはその最初の装置を1911年に南アフリカの鉄道に売り、1964年にガーナの中央統計局にメインフレームコンピューターを売った。最近、それはその大陸に特別な関心を寄せている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

パンをスライスすること以来の最高のこと - 新興市場企業

2月
06

巨大な新興市場企業があちこちで前進し続けている

グルーポ・ビンボーが「北」で再びうろついている。2009年に、そのメキシコの大手製パンはウエストン・フードの一部を23億ドルで買い、合衆国最大の製パン業者になった。2年後、それはサラ・リーのアメリカの製パン業を9.6億ドルで買った。先月、それは、かつて偶像的で今では破産した会社のホステス・ブレッドのパン事業がその営業を終えたので、そのもっともおいしい部分についての戦いに参入していた。

ビンボーはその拡大に買い物客の目以上のものをもたらした。それはパン関連の突破の名人だ。それはスペイン人にスライスパンを紹介するのを助け、透明セロファンでのパン包装を開拓した。それはまた効率性と兵站の名人でもある。テディ・ベアのロゴをつけたビンボーのローリーは、メキシコと中央アメリカで見慣れた光景だ。精通した取引締結と容赦ない費用圧縮は、ビンボーを焼いたものの巨人にし、2011年には108億ドルの売上を上げた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

風車に名前を付けるだけではなく - 中国の国家資本主義

10月
24

中国の国有事業は、海外と国内で、ますます困難に陥っている

今週、バラク・オバマは、民間の中国企業が、オレゴンのアメリカ軍基地のそばに風力発電所を買うのを妨害するのを決めた。大統領の決定が正しいか間違っているかに関わらず、そしてそれは疑わしいほどにアメリカの選挙に近く来るが、中国の事業家と支配者を心配させて当然の傾向にはまる。西洋では、多くの中国の最善の会社は、疑いとともに扱われている。通信大手の華為(Huawei)はアメリカのいくつかの市場で妨害され、国有石油会社のCNOOCがカナダのネクセンを買収しようとする入札は嵐を引き起こしている。そしてそれは西側だけではない。ミャンマーの指導者たちは、ほとんど民主的な資本主義者ではないが、またいくつかの中国の企業に顔をそむけている。

この疑いの後ろに、その国の巨大な国有事業(SOEs)の再出現によって強化された、中国の事業はあまりに共産党に近すぎるという認識がある。体制の中の多くは、SOEsの成長が中国の勃興を助けていると信じている。その反対は正しい。SOEsは中国の進歩で儲けている。はるかに重要なことに、彼らは今、将来それを妨げるのが確かだとみる。
 

国家の後退

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新品 - 新興国企業のブランド戦略

8月
18

新興市場の会社は世界的ブランドを打ち立てようとしている

アメリカ人は、中国が彼らの国を乗っ取ろうとしているという計画について心配するのをやめることができる。最悪のことはすでに起こっている。7月25日に、中国のコンピューター会社レノヴォがナショナル・フットボール・リーグのスポンサーとなる契約を発表した。アメリカは筋肉の硬直したラインバッカーを提供し続けるかもしれないが、中国人は彼らの取っ組み合いを可能にする賢いラップトップやデスクトップを提供する。

レノヴォは、不十分な給料を補完したいと思った中国科学院の11人の技術者によって1984年に設立された。それは、中国でその事業を打ち立てるのに何年も費やした。しかし、それから、それは2005年に世界的シーンに乱入し、それがIBMのシンクパッドPC事業を買った時、アメリカ議会を混乱させた。その会社は、今では世界で2番目に大きなPCメーカーで、間もなくヒューレットパッカードからトップの地位を奪おうとうかがっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

安い中国の終わり - 製造業

3月
18

世界の製造業にとって中国の賃金上昇は何を意味するのだろう?

香港から中国を世界の工場にした地域である深圳へフェリーで渡ると、巨大な看板が挨拶する。「時は金なり、効率は人生なり。」

中国は世界最大の工場だ。そのテレビ、スマートフォン、鉄鋼管などの産出は、2010年にアメリカのものをしのいでいる。中国は今、世界の製造業の1/5を占めている。その工場は、とても多く、とても安く作っているので、その貿易相手の多くでインフレを抑制している。しかし、安い中国の時代は終わりに引き寄せられているかもしれない。

歴史的に工場が群がってきた沿岸の省から始まった費用の上昇は続いている。土地価格の上昇、環境安全規制の増加、そして税がすべて役割を果たしている。しかしながら、最大の要素は、労働力だ。3月5日に、投資銀行のスタンダード・チャータードは、珠江デルタで操業している200を超える香港に本社を置く製造業者への調査を発表した。それは、今年になってすでに賃金が10%上がっていることを見つけた。深?でアップルのiPad(や他の多く)を生産する台湾の請負製造業者のフォックスコンは、先月給料を16-25%上げた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

華為 を購読