フォックスコン

歯列矯正器から宇宙飛行士の座席まで - 3D印刷

1月
10

3D印刷が製造業を変えている兆候があるが、それは期待するかもしれないような方法ではない

プラスティックや金属で一度に層を作りそれらを積み上げることによって固い物質を作る能力である3D印刷に、数年前に人々が気づいて以来、意見は二つの極端な方向に逸れている。アメリカに多いそのファンは、それが劇的な影響を持ち、大量生産の経済を侵食し、西側に職を送り返すと主張する。ハーヴァード・ビジネス・レヴューによれば、「中国は世界の大量生産の工場になることを諦めなければならないだろう」、と言う。批判者は、それをやりすぎのインチキだと非難する。中国の製造大手であるフォックスコンの社長テリー・ゴウによると「ギミック」だというのだ。彼は、もし彼が間違いだと証明されれば名前を後ろから書き始めるだろうと語る。

実際、3D印刷はその両方の予言を無視するやり方で進化している。それは、はっきりと大きな経済的影響を持つ真面目な技術だ。しかし、それは必ずしも旧式の工場や中国人たちを傷つけるものでもない。
 

アメリカで大きく、中国でより大きく

Posted By gno-eagrai 続きを読む

経済の新たなルール:グローカルになれ

9月
01

グローバリゼーションはアメリカから出ている一方通行だった。今、高いエネルギー価格、政治的リスク、そして技術変化が機会を元に戻している。ようこそ地方経済の時代へ。

もし、現在の合衆国経済が直面している巨大な範囲の機会と挑戦を例証する単一の会社があるのなら、それはイリノイ州ピオリアの重機大手、キャタピラーかもしれない。ほとんどのほかの企業と同じように、キャタピラーも金融危機の後に一撃を受けた。しかし、それ以来、それは立ち直った。いかにして?強い第2四半期の後で、その会社の2年連続の記録更新の年を送っており、その有名なブルドーザー、トラクターそして鉱山設備を世界的に700億ドル売りそうだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

安い中国の終わり - 製造業

3月
18

世界の製造業にとって中国の賃金上昇は何を意味するのだろう?

香港から中国を世界の工場にした地域である深圳へフェリーで渡ると、巨大な看板が挨拶する。「時は金なり、効率は人生なり。」

中国は世界最大の工場だ。そのテレビ、スマートフォン、鉄鋼管などの産出は、2010年にアメリカのものをしのいでいる。中国は今、世界の製造業の1/5を占めている。その工場は、とても多く、とても安く作っているので、その貿易相手の多くでインフレを抑制している。しかし、安い中国の時代は終わりに引き寄せられているかもしれない。

歴史的に工場が群がってきた沿岸の省から始まった費用の上昇は続いている。土地価格の上昇、環境安全規制の増加、そして税がすべて役割を果たしている。しかしながら、最大の要素は、労働力だ。3月5日に、投資銀行のスタンダード・チャータードは、珠江デルタで操業している200を超える香港に本社を置く製造業者への調査を発表した。それは、今年になってすでに賃金が10%上がっていることを見つけた。深?でアップルのiPad(や他の多く)を生産する台湾の請負製造業者のフォックスコンは、先月給料を16-25%上げた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

竹の革新

5月
12

シリコンヴァレーの基準で中国の革新の原動力を判断することに注意しよう

中国の継続する経済進歩は、大きな変革をもたらす革新のわざを習得することにかかっている。胡錦濤主席は「独立した革新能力」が「我々の国家的開発戦略の核心」である、と独特な調子で話す。懐疑的な人たちは彼の前提には合意するが、革新と独裁は混在しないと嘲笑する。中国が独裁制を維持する限り、大量生産と定形組み立ての世界に囚われる、と彼らは言う。学生の一人であるコン・カオは、中国は「若年性老衰」の未来に直面していると論ずる。

中国は自家製の革新に大きな投資をしてきた。政府はマイクロソフトやグーグルに中国にリサーチセンターを作るよう説得しただけではなかった。政府は 国中に中国版シリコンヴァレーを作る望みを持ってサイエンス・パークを立ち上げた。北京の中関村サイエンスパークはそれだけで何千ものハイテク企業の本社になっている。中国の大学は運営に参加している。例えば北京大学は、「革新と起業家精神」プログラムを立ち上げた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
フォックスコン を購読