ベルギー

風が吹くとき - ヨーロッパの再生可能エネルギー

2月
09

今年の6月16日日曜日は、明るい日差しとかなりの海上の海風で、暑すぎないことではなく寒すぎないことでドイツ中で「3びきのくま」に出てくるようなちょうど良い日だった。ドイツの太陽光パネルと風力発電にはちょうどよく、そのピークでゆっくりとした週末にドイツの電力の記録的な60%を発電した。しかし、フランスとベルギーもまた、簡単に止めることのできない原子力発電をたくさん持っていた。だから、数時間の間、電力会社はその余剰電力を受け取るよう消費者に支払わなければならなかった。

負の卸売価格は、特にEnergiewendeとして知られる過程で原子力発電から去る強制行進中のドイツを中心にヨーロッパ諸国が再生可能エネルギーに向かうにつれて、より一般的になっている。時にはドイツは多すぎるほどに発電し、またある時にはそれは国境をまたいだフランスの原子力発電所から電力を吸い取らなければならない。そしてドイツの大臣たちは、気候が涼しく、日差しがなく、風が吹かないときに、停電の危険について依然として心配している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

人生を捕まえろ! - フェイスブックはあなたにとって悪い

12月
15

ソーシャルネットワークを使うことは、人々をより悲惨にするようだ

フェイスブックに参加する衝動に抵抗している人々は、最新の研究を呼んだ時、確かに立証されたと感じるだろう。ミシガン大学のイーサン・クロスとベルギーのルーヴェン大学のフィリッペ・フェドユンによって行われた、パブリック・ライブラリー・オブ・サイエンス誌に掲載されたばかりの研究は、誰かがフェイスブックを使えば使うほど、人生に満足しなくなることを示している。

フェイスブックを使うことは、嫉妬、社会的緊張、孤立、そして鬱と組み合わさるということを、過去の調査は見つけている。しかし、これらの研究は、すべて「横断的」なもの、すなわちその時のスナップショットだ。そう言うものだから、それらは相関と原因を混同する危険がある。たぶん、ソーシャルメディアにより多くの時間を費やす人々は、最初の段階で負の感情を持つ傾向を持っているだろう。クロス博士とフェドユン博士によって行われた研究は、フェイスブック利用者がいかにしてその感情を変化させたかを追うために、長期にわたって彼らを追った最初のものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新たな主人たちと指揮官たち - 中国の外国の港

8月
18

中国の成長する外国の港湾帝国は、攻撃のためではなくおもに交易についてだ

地面からでは、コロンボの港は大きいようには見えない。それに入る人々は、有刺鉄線の柵、植民地時代にさかのぼる壁、そしてセキュリティポストにあいさつされる。外洋でのさみしい夜の後で港を後にする船乗りたちにとって、B52ナイトクラブとスタリオン・パブの楽しみは過失を遠ざける。しかし、スリランカの首都の増加する超高層ビルの一つの上からみると、何か異常なことが起きていることがはっきりする。中国がインドの南端からわずか200マイルの所に海運ハブを作り出しているのだ。

その古い港は狭苦しく、コンテナでいっぱいになっている。その左側には、巨大な新しい防波堤が海に向かって湾曲している。それと並んで、1隻の中国船がちょうど3つの巨大な中国のクレーンを、中国の会社によって建設され、別の中国企業に支配された組織によって運営される新たなコンテナターミナルに、届けたところだ。そのターミナルは7月に開業し、2014年の4月に完成する。古い港は現在の能力に到達するのに何世紀もかかった。中国は、30か月でそれをほぼ倍にしている。完全操業すれば、それはコロンボを世界で世界上位20のコンテナ港の一つにするだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

権力のはかなさ

4月
15

権力者は長くそこにとどまらない

もし左右の党派が何かに同意すれば、それはその権力がより集中しているということだ。オキュパイ・ウォール・ストリート型は全く強力な1%に対してデモをする。ティーパーティーたちはコスモポリタンエリートに対して怒る。2000年のアル・ゴアの大統領選挙戦はへたくそだったかもしれないが、彼の選挙スローガン「人々対権力者」は21世紀の政治を定義している。

なぜかを見るのは簡単だ。金融危機の間に、政府は銀行自身の愚劣さと強欲さの帰結からそれらを助けるためにたくさんの公的資金を使った。銀行員たちは直ちに自分たち自身に巨額のボーナスを払うことに戻った。多くの国で不平等が増している。中産階級が押しつぶされ貧しいものが足の下で踏みつけられるにつれ、金持ちは次第に豊かになる。ヘッジファンドの実力者とカジノ王はアメリカの選挙を揺り動かすのに富を使う。そして最高裁は彼らに使い続けるよう言うのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

小さな一歩 - とても幼い子のための学習

3月
08

幼年期教育はのちのより良い学校成績を意味しうる

バラク・オバマは、教育を「情報時代の通貨」と呼ぶことを好む。彼の統治は、公式な学校生活をまだはじめていない子供たちにより多くの努力と資源、そして追加の20億ドルをささげることによって、アメリカの優先順位に大きな変化をもたらしている。

これは国際的傾向の一部だ。韓国は今年、すべての3歳と4歳児への初期教育準備を拡大する計画を立てている。トルコも野心的計画を立てている。学校前教育は、長く無視されてきた。「脳の発展の90%は0歳から5歳の間に起こるが、我々はその資金の90%を5歳より上の子供に使っている。」シカゴ大学のティモシー・ノウルズは語る。今、それは変わっている。神経科学を含んだ学問的研究は、子供の幼年期の経験の長期的影響を強調している。

2009年の先進国のシンクタンクOECDによるもっとも最近の報告は、1年以上プレスクールに参加した15歳児は(社会経済的背景を計算に入れても)1年とか全くいかなかった子に比べてよい成績であることを見つけた。ベルギー、フランス、イスラエルでは、プレスクールで教育を受けた子供たちは、家にいた子供たちよりも高い読みの点を挙げた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

カドニウムの裏打ち - 電機廃棄物の政治

2月
21

積みあがる電機廃棄物の山は、利益も醜聞も意味しうる

貧しい国々は、長い間豊かな国々の有毒なごみの一般的な行先だった。1987年に、あるイタリアの輸入業者がナイジェリアの村ココに8,000の穴空き樽を捨てたことにより国際的な怒りを惹き起こした。1月9日に、ナイジェリアは、英国のティルベリーからの船に使えなくなったテレビ、コンピューター、電子レンジ、そしてステレオを満載した二つの12メートルコンテナを持ち込もうとしたとして輸入業者に100万ドルの罰金を科した。過去3年間でそのような事件は5件目だ。

壊れた電機製品のごみ、もしくは電機廃棄物は、電化製品の寿命の短縮と発展途上国で出現する中産階級での消費者家電への欲求に加熱され、ほかの種のごみの3倍の率で伸びている。1998年に、アメリカは2,000万台のコンピューターを捨てた。2009年にはその数字は4,740万台に増えた。中国だけでも、アメリカの獲物の40%に当たる1.6億台の電化製品を捨てた。2011年のコンサルタント会社のパイク・リサーチによる報告は、世界の電機廃棄物の量と重さは今後15年間で倍以上になると推計する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

外国でのヨーロッパ - ヨーロッパの海外派兵

2月
05

軍隊を外国に展開するヨーロッパの能力は落ちているが、マリはそれが依然として必要だと示す

若い男たちが戦争に行く時、危険を避けたものに憤りが向かう。イラクでは、アメリカ人たちはフランス人をチーズを食べる降伏した猿だと非難した。マリへの介入で、フランスの政治家は、聖戦士たちとの戦いで特にヨーロッパの仲間がいないことによって狼狽している。

フランスの保守的な野党指導者ジャン=フランソワ・コぺは、「いまのところ、わが国だけが前線に立っている。」と不平を言うものの一人だった。ル・モンド紙の漫画家プラントゥは、フランソワ・オランド大統領を戦いに乗り込むタンタンとして、そしてヨーロッパ連合をその車から「あなたと一緒にいるよ!」と呼びかける喜劇的に不適切な警察官のデュポンとデュボンとして描いた。

そのような批判は厳しい。英国人、ベルギー人、デンマーク人、イタリア人、ドイツ人、そしてカナダ人は空輸支援を申し出た。アメリカ人は諜報と空中給油を申し出ることを考えている。普通EU外相のキャシー・アシュトンをあざけるフランスの高官たちは、1月17日に彼女が緊急外相会談を開き、マリへの計画された軍事訓練ミッションの展開のスピードを上げる準備ができていることに喜んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

会社を組み合わせることは、廃棄物なしの世界への動きだ - セメント産業の環境技術

1月
05

ひとつの産業のくずはほかのものの原料だ

石灰岩を熱するのには超高温が必要なので、セメントは大きな炭素排出を伴う製品だ。しかしながら、セメント生産で会社がより多くの産業廃棄物と再生可能エネルギーを使い始めるにつれて、その部門が(一つの産業のくずがほかのものの原料にする)「産業共益関係」の主導者になりうり、廃棄物ゼロ世界への進歩を加速する、と信じる者もいる。

従来からセメントの約90%を構成する燃えがら〈クリンカー〉を生産することは、その製品のもっともエネルギー集約的な部分だ。これは、幾分かは、石灰岩をクリンカーに変えるのには1,500度にもなる温度が必要で、それは大量の燃料を燃やす必要があることを意味するからだ。セメントの炭素排出を減らす重要な一歩は、セメント工場のエネルギー効率を上げ、炉の代替燃料を見つけることだ。

しかしながら、排出の2番目の潜在的な素は、炭化カルシウムが石灰岩から抽出される間の化学変換過程そのものであり、大量の二酸化炭素を発生させる。

「化学的見地からは、その過程は燃料を燃やすことに加えてCO2を発生させる。」持続可能な開発のための世界ビジネス評議会(WBCSD)のセメント持続可能性計画の元部長で顧問のハワード・クリーは説明する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

漏れやすいふるい - 国際主義の歴史

10月
19

書評:Governing the World: The History of an Idea  By Mark Mazower

バラク・オバマが二期目へ挑戦するよう指名した最近の民主党全国大会の脇で、アメリカの高官の一団が招待された外国政治家からの質問を受ける一つのシンポジウムがあった。あるバーレーンからの男は、アラブの春について尋ねた。アフガニスタン議会からのある女性は、彼女の母国における民主主義への恐れについて声を上げた。それから、より愚痴っぽい干渉がやってきた。欧州議会のベルギー人議員が、なぜ欧州連合がまだ言及されないのか知りたいと要求した。舞台上から、元国務大臣のマデレーン・オルブライトは、世界はヨーロッパがその比重を上げるのを待っていたと示唆した。その部屋は、その意地悪な言葉に喜び、軽蔑に満ちた賞賛に沸いた。

国民国家の自分勝手さを越えて勃興した統治形式を単に具体化することによって、EUのような多国籍クラブの代表が外交サークルで特別な注意を享受した時代は過ぎた。シリアでの大虐殺を止めるためのしっかりとした国連の行動を、安全保障理事会での中国とロシアの拒否権が妨害するので、国連も素晴らしい形ではない。これは、だから、1815年から現在までの国際統治の歴史に捧げられた本を世に出すには勇気のいる瞬間だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

強い男 - ルワンダ/ポール・カガメ

10月
05

ルワンダの戦いなれた大統領ポール・カガメは西側の攻撃にさらされている。彼は戦いの準備ができている

アフリカの真ん中に位置するルワンダで、キガリはその真ん中に位置し、そしてその町を二等分する木製の棟には一層の政府合同庁舎があり、そこでほぼ毎日ほとんどの時間、大統領のポール・カガメが机に向かっている。しかし、地理と勤労だけがカガメをアフリカでかつてないほどの中心的な人物にしているわけではない。1994年に世界が躊躇した時にジェノサイドからその国を救った反乱軍司令官は、それ以来大統領としてルワンダを素晴らしい再生に導いている。過去10年間で、ルワンダの経済成長は平均8.2%で、国家予算における援助の割合は85%から41%に下がっており、幼児死亡率は半分になっており、小学校への入学は3倍になっている。その記録は彼を突然成長と機会が爆発している新しいアフリカの化身にしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ベルギー を購読