テンダイ・ビティ

ジンバブエから活気を盗む - ジンバブエの選挙

10月
17

ロバート・ムガベは、投票における更なる疑わしい勝利を主張する

7月31日のジンバブエの選挙の1日前の天気の良い午後に、ロバート・ムガベは外国人記者からの質問にうまく答えた。彼の公邸であるステート・ハウスの中庭に座って、その89歳はその大きく予言された死去について冗談を言った。彼は、その敵によって何度も死んだと思われた、といった。「しかし、彼らは決して私の復活については語らない。」

数日後、ムガベ氏の政治的幸運はほとんど誰も予想しなかったやり方で生き返ったことがはっきりした。大統領選に投じられた350万票のうち61%を得て、彼はその主敵の民主変革運動(MDC)のモーガン・ツァンギライを負かした。ムガベ氏のZanu-PFは210議席中158議席を得て、議会選挙でもMDCを圧倒した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

投票は踊る - ジンバブエの投票

10月
02

長く遅れた選挙は、今、心配なほどに急いでいるように見える

もし交通渋滞が活気の何らかの指針ならば、ハラレは繁栄している。ジンバブエの首都の地元政治家は、かつては通勤に20分かかっていたのが、今ではその倍かかっていると不平を言う。その国が7月31日の総選挙と大統領選挙に準備するにつれて、その経済は、2008年の3月の前回投票の時よりも、良い形をしている。当時、ハイパーインフレが吹き荒れ、モノは少なかった。いま、店はいっぱいで、価格は安定している。

その投票は、33年間の悪政の後でロバート・ムガベと彼のZanu-PFを追い出す、今までで最高の機会を提供する。しかし、そのかけ率は、もし選挙の準備がハラレの交通のペースで進んだのならば、小さくなるだろう。数週間前まで、さらなる改革への時間があるように、選挙は9月に起こると考えられていた。しかし、ムガベ氏は、早い日付を布告することにより、選挙への道を滑らかにする責任がある地域的組織の南部アフリカ開発共同体(SADC)に不意打ちを食らわせた。ジンバブエの憲法裁判所が投票を2週間遅らせるようにと言う訴えは、無効の宣言をされた。急いだ選挙は現職に有利だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らはドルを信じる - ハイパーインフレの後のジンバブエ

6月
16

汚れたドル紙幣、高価な信用、いっぱいの店、からっぽの工場

ハラレの郊外ブラーサイドのOKマートストアは、ある晴れた土曜日の朝に活発な仕事をしている。小売りチェーンのOKジンバブエに所有されたその店は、その国で最大のものだ。それは、アメリカやヨーロッパのどの大きなスーパーマーケットよりも幅広い雑貨と消費財を備えている。ほとんどは輸入品だ。ブランド商品が少し高いと思う人々のために、OKジンバブエは中国で作られた一連の電化製品である独自ブランドトップノッチを提供する。

町中心部のはるか南にある産業地区は、むしろそれほど繁栄していないように見える。食品製造業と繊維会社がそこにみすぼらしい出先を持っている。半ダースの油料種子サイロは空っぽだ。ほんのわずかな地元製造業者だけが、その製品をOKストアに納入できるほどに依然として活発だ。その一つは、コカコーラも作っている醸造業者のデルタだ。他には、ニューバリーやマディソンといったタバコブランドを持つBATジンバブエがある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
テンダイ・ビティ を購読