台湾

王のお告げ - スワジランドの選挙

2月
28

アフリカ最後の絶対王政は、その気前の良い生活様式を永遠に保つことができないかもしれない

8月最後の金曜の夜に、稲光のする嵐の中で、スワジランドのムスワティ3世王は神から啓示をうけた。スワジ政府の制度の新しい名前が彼に現れたのだ。「君主制民主主義」だ。ロンドンのシンクタンクチャタム・ハウスでスワジランドについての報告を書く助けをしているアレックス・ヴァインズは、多くのスワジ人に王の意味するところはなんだと思うかを尋ねた。誰も全く分からなかった。

ムスワティ王の話は風変りかもしれないが、そのタイミングは全く奇妙ではない。スワジランドはその二つの立法府のための選挙を9月20日に行う。その重要性を忘れさせるのはあまりに簡単だ。政党は禁止される。候補者は予備選で審査される。王は65人の議員のうちの10人とより強力な上院の2/3を選ぶ。しかし、ヴァインズ氏は、その選挙がにもかかわらず注目すべきだと説明する。ふつうよりも多くの改革志向の候補者が立候補するからだ。ほのかだけれども、それは権力を追うから議会に向けて移す予兆かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪い記憶 - アジア金融危機

12月
21

1997-98年の地域金融危機のこだまが騒々しいが、誤っている

同じ川に2度入ることは決してできないが、それは忘れられないほどに親しんで見えるかもしれない。だから、最近アジアの通貨と株式市場がのたうちまわるにつれて、投資家と評論家が1997-98年の金融の嵐の亡霊を召喚するのは、驚くことではない。その危機は最初にタイで起こり、それからインドネシアと韓国がIMFの救済下に入った。それは地域経済を破壊し、インドネシアは32年間のスハルト独裁を倒した。フィリピンとマレーシアは、ひどいけがによろめいた。いま、その地域の市場関係者は、シリアでのアメリカ主導の軍事行動の可能性の帰結についての恐れが増すにつれて、そこが再び感染し、さらに悪くなることに神経質になっている。にもかかわらず、川は変わっており、不注意な人々を押し流しそうもない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新興ブランドの戦い

9月
08

西側のブランドは発展途上国のそれからの包囲にさらされるようになっている。

過去20年間は、経済力の新興世界への巨大な再分配を経験している。しかし、今のところそれに相当するブランド力の再分配はない。フォーチュン誌の2012年の一覧の売上収入による500の大企業には、132の合衆国を除いたどの国よりも多くの73の中国企業が含まれていた。しかし、インターブランドの2012年の100の「最高の地球規模ブランド」の一覧には、中国企業は一つも含まれていなかった。

しかしながら、新著『Brand Breakout』の中で、二人の学者ニルマルヤ・クマールとジャン=ベネディクト・スティーンカンプは、発展途上国の企業が迅速にブランディングの芸術を学んでいると論ずる。数少ない新興市場のブランドがすでに地球規模になっている。ヨーロッパでサッカーの試合を「エミレーツ」を網膜に焼き付けることなく見るのは難しい。さらに近づいているものもある。中国のハイアール〈白物家電〉チリのコンチャ・イ・トロ(ワイン)そしてブラジルのナチュラ〈美容品〉だ。発展途上世界の勃興によって包囲されると感じる西洋人は、依然として高価なブランド品の高地を保持していると考えて自身を慰める。しかし、新興市場の競争相手が彼らの軍馬に乗っており、破壊鎚を持っていることに、彼らは疑いを持っていなくて当然だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

勇敢な新しい提案 - チベット政策

9月
01

高官の中には少なくともチベットについての政策に疑問を持ち始めているものもいるという歓迎すべき兆候

中国外部で共産党のチベット政策が機能していると考えているものはほとんどいない。経済的開発と政治的抑圧の組み合わせは、チベット人を中国の支配に甘んじさせ、その亡命中の精神的指導者ダライ・ラマへの彼らの忠誠を捨てさせるつもりだった。代わりに、特に若者の間で、不満は依然として充満している。そして、中国のすべてのチベット人地区で、チベット人たちは依然として、時にはおおっぴらに、ダライ・ラマの肖像を掲げている。2011年3月以来、特に中国人がチベット自治区(TAR)と呼ぶものと接する省のチベット人地区で、100人以上のチベット人たちが焼身自殺を図っている。ほとんどは、幾分かはダライ・ラマの帰郷を要求してそうしている。圧倒的な治安の存在とダライ・ラマの非暴力への関与は、その不穏さが簡単に抑えられことを意味する。だから、中国の指導者たちが未来への暗い結果について懸念しているということを示唆するものはほとんどないのだ。彼らのチベット支配は大きく威圧的な軍隊の不定期の展開によってのみ維持される、と言うものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

中国からの稲妻

6月
24

中国周辺で、熱は上がり続けている

その勃興により平穏さが増すと考えている新興国にとって、中国は警告すべき数の前線で侵略ではないかと疑われることに従事している。インドは、合意された国境のないジャンムー・カシミール州のラダックを中国から分かつ「実効支配線〈LAC〉」のインド側19キロの所に、中国軍兵士がキャンプを立ち上げているという。日本は、中国の海洋監視船が毎日東シナ海の紛糾している尖閣諸島の周りをまわっていると報告する。そして4月26日に、中国はフィリピンに、いくつかの場合は何十年もそこに至りあったりする南シナ海のかなりの島や礁から「すべての国民や設備を引き揚げる」よう要求した。これらすべての事例で、中国はいくらかの正当性を持って挑発に反応しているのだと主張する。しかしながら、それは、ますます不安を持つ隣国にとって慰めとはならない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サンテックの日没 - 太陽光発電

4月
21

困難を抱えた事業の厄介な破産

大きな中国の太陽光発電パネルメーカーのサンテックの破産は、地球規模の太陽光発電産業の合併のラウンドに火をつけるのだろうか?初期の兆候はあいまいだ。魅力的で技術をよく知った創業者施正栄(Shi Zhengrong)の下で、サンテックは開拓者だった。それは、2005年に上場した最初の中国の太陽光発電会社だった。公的信用と補助金に支えられ、それは簡単に量において世界最大の太陽光パネル業者になった。

今、サンテックは、太陽光崇拝者の間で禁句になっている。3月15日に、それは5.41億ドル相当の転換社債の支払いができなかった。3月18日に、その会社に債権を持っている地元銀行が忍耐を切らし、それを訴えた。すぐ後に、地元裁判所はそれが破産したと宣言し、債務の再構築を始めるよう命じた。

サンテックは、その群れの先を走っていたので、よろめいた。調査会社ブルームバーグ・ニュー・エネルギー・ファイナンス(BNEF)のジェニー・チェースは、太陽光技術はとても速く進歩しているので、それは「後発者利益」を作り出している、と論ずる。彼女は、新しい光電池(PV)製造工場は5年以内に時代遅れになると計算する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉱物以上に - アフリカと中国

4月
16

中国のアフリカとの貿易は成長し続けており、新植民地主義への恐れは誇張されている

北京からの5人の旅行者集団が、フィーヴァーの木の黄色い幹と霧のような枝に囲まれた埃っぽい飛行場に着陸する前に、彼らの自家用機でケニア山を低空で通り抜け、リフトヴァレーに向かった。彼らはシマウマやキリンがうろつく草の生えた広場を横断し、襲ってくるバッファローを見続けながら写真を撮る。彼らがテーブルに座る時、彼らは空腹のようだが、くつろいでいる。「去年、私は何人かの友人とともに南極に行った。」と二人の主婦のうち一人が言い、永久凍土の上のペンギンの群の写真をiPhoneで見せる。中国人たちはアフリカにかつてないほどの大人数でやって来て、それを訪問、仕事、そして取引の快適な場所だと見つけている。推計100万人が、今アフリカに住んでおり、10年前の数千人から増えており、更にやって来続けている。中国人は南アフリカに4番目に多くやって来ている人々だ。その中には、その指導者としての最初の外遊でタンザニアとコンゴ民主共和国も訪れる、中国の新しい主席習近平も含まれるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

空の大きな試験管 - 宇宙化学

4月
15

宇宙は一つの大きな化学セットだ

ほとんどの人々は、星の間の空間は、えーと、からっぽだと考えている。しかし、そうではない。それは実際にはガスで満たされているのだ。確かに、平方センチ当たり100-1,000の分子数という平均密度で、それはかなり薄いガスだ。しかし宇宙は大きく、だからまとめればそれはかなりの量になる。

そのほとんど、92%は、水素だ。さらに8%は、化学的に不活性のヘリウムだ。しかし、0.1%以下のほんのわずかな部分は、その中が酸素、炭素、そして窒素というほかの要素からなっている。これらの他の要素は惑星間ではほんの少量だが、それらはそれに真の風味を与える。
 

生命の兆候

今のところ、約180種類のこれらの分子が、その分子が化学結合の周りを回る時に生み出すエネルギーであるマイクロ波周波数から、宇宙空間で検知されている。それらを研究したい2つの理由がある。一つは、これらの分子が多分生命の前身だということだ。もう一つは、宇宙化学の希薄化された性質が、仕事を進める方法を変えるということだ。それは、化学反応の個々の段階が、地上では難しくときに不可能なやり方で、お互いにほぐす粉ができることを意味する。そしてそれは、地上では知られていない反応が起こることを許す。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦争の鼓笛 - 日中がっぷり四つ

2月
05

東シナ海の小さな粒についての武力衝突が近づいている

最近中国のテレビを見れば、尖閣を巡っての日本との戦争の勃発は時間の問題だと結論付けるかもしれない。あなたはかなり正しいかもしれない。日本が9月に民間所有だった3島を「国有化」するだろうと発表してから、長い間それについての主権で日本と争ってきた中国もまた、その支配を続ける決意に挑戦し始めた。だから、両国が自分の島だと主張しており、どちらもそれを管理しているふりをしている。中国は今週、それらを徹底的に地図に書く意図を発表した。何か与えなければならない。

悪化した雰囲気に反応して、バラク・オバマ政権の国務副長官カート・キャンベルが今週その地域に飛び、「頭を冷やす」よう促した。熱くなった頭がより流行だ。中国と日本での最近の指導部の変化が緊張緩和をもたらすかもしれないという望みは失望に変わっている。東京の国際戦略研究所の田中均は、去年の9月の右翼愛国主義者の安倍晋三の自民党総裁としての出現は、日本が中国に対してより厳しい線をとる必要があるという感情によって影響されたと注目する。12月に、ただそれを約束した選挙戦の後で、安倍氏は2度目の首相になった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

会社生活にさよなら - 日本の若者

11月
24

若い日本人のますます多くが、大企業の安全から去り、自分の事業を始めている

岩佐琢磨は、たとえその部門でかつて支配的だった日本の製造業者が苦労し始めていたとしても、パナソニックでの彼の職を去り、自分の家電会社を立ち上げるのに何の不安も感じなかった。

「私は何も心配しなかった。」2007年に日本最大の家電メーカーを去り、東京で家電革命のために戦うセレヴォを立ち上げた34歳の岩佐氏は語る。

「私は、何もないところから何かを作り出す、楽しくて挑戦に値することをする必要がある種類の人間だ。」彼は語る。モップに似た長めの髪をし流行の眼鏡をかけて、もつれたケーブルと電気製品の箱に彼の事務所の角で囲まれて、彼はとても起業家の風情をしている。

岩佐氏は、本当にやりたいことをする興奮と満足の代わりに、一流の雇用主から月給と社会的地位の約束を贈られるのを差し控える、少ないが増えている若い日本人起業家の塊の代表的人物だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

台湾 を購読