ティアタイム

万里の長城の新しいレンガ - 3D印刷

6月
16

付加的製造業が中国でたちまち成長している

週末だけれども、北京の海淀区の小さな工場は忙しく働いている。最大のものは配達用ヴァンの大きさである8台の機械が、忙しく物を作っている。しかし、(AFSとして知られる)北京隆源自動成型系統有限公司によって所有されるその工場は、ほとんど見捨てられているようだ。これは、一般的に3次元(3D)印刷機として知られる、昼夜を問わず週に7日動く付加的製造機械を使っているためだ。

その印刷機は、「インク」として使う粉末素材を追加したり、完成品を取り除いたりするために監視人が時折訪問することが必要だが、それ以外には放っておくことができる。それらは、ほとんどゴミを作り出さず、旋盤、フライス盤、そして切削具を使った伝統的な「縮減的」技術を使って成し遂げるのは不可能な形を作ることのできるやり方で、インクをレーザーで焼結させるにつれて、それらの作っているものを一度に一つの層ずつ作り上げていく。

それはまだ大量生産に使う準備はできていないけれども(物を積み上げるのは、削り落とすよりも遅い)、3D印刷は、試作品製作、カスタマイズされた仕事、そして短期間生産のためには素晴らしい。毎回仕様変更をやり直す必要がないからだ。する必要のあることは、プリントヘッドを管理するソフトを変えることだけだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ティアタイム を購読