デヴィッド・ゴウルソン

悪い(蜂の)行動 - 昆虫学

6月
16

無法者クマバチの奇妙な事例

ほとんどの人々にとって、クマバチはミツバチの厳格な決断力もスズメバチの悪意ある意図も持たずに庭や草地を飛び回る、魅力的で少し馬鹿げた生き物だ。けれども、もし植物だったなら、物事は少し異なって見える。花を咲かせる植物の見方では、多くのクマバチは泥棒以外の何物でもないからだ。彼らは蜜を奪い、替わりに何も与えないのだ。

銀行強盗が金庫への道を切り開くかもしれないように、クマバチが花の横に穴をあける蜜強盗は、チャールズ・ダーウィンによって発見された。この技術は、蜂に、その形が狭い管を通り抜けることができる長い舌を持った昆虫によって授粉されやすくなるよう進化した花の蜜に到達させる。

クマバチの中には、そのような舌を持っているものがいる。しかし、持っていないものもいる。しかしながら、短い舌の蜂は、これらの花の内部の蜜のたまものを拒否しようとしない。だから穴をあけるのだ。けれども、このように押し入ることによって、クマバチは花を咲かせる植物と昆虫との間の1億年の協定を破棄する。植物が昆虫にえさを与える替わりに、昆虫が植物に授粉するというものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
デヴィッド・ゴウルソン を購読