ナミビア

王のお告げ - スワジランドの選挙

2月
28

アフリカ最後の絶対王政は、その気前の良い生活様式を永遠に保つことができないかもしれない

8月最後の金曜の夜に、稲光のする嵐の中で、スワジランドのムスワティ3世王は神から啓示をうけた。スワジ政府の制度の新しい名前が彼に現れたのだ。「君主制民主主義」だ。ロンドンのシンクタンクチャタム・ハウスでスワジランドについての報告を書く助けをしているアレックス・ヴァインズは、多くのスワジ人に王の意味するところはなんだと思うかを尋ねた。誰も全く分からなかった。

ムスワティ王の話は風変りかもしれないが、そのタイミングは全く奇妙ではない。スワジランドはその二つの立法府のための選挙を9月20日に行う。その重要性を忘れさせるのはあまりに簡単だ。政党は禁止される。候補者は予備選で審査される。王は65人の議員のうちの10人とより強力な上院の2/3を選ぶ。しかし、ヴァインズ氏は、その選挙がにもかかわらず注目すべきだと説明する。ふつうよりも多くの改革志向の候補者が立候補するからだ。ほのかだけれども、それは権力を追うから議会に向けて移す予兆かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカでの珍しい食肉の成功 - ザンビーフ

8月
18

ある急成長する食品会社が、その本国を越えて顧客を探している

ザンビアの首都ルサカの贅沢な場所にあるショッピングセンターのマンダヒルの上得意は、とても締まって大ぶりなその牛肉と鶏肉が好きだ。そのモールにある、南アフリカのスーパーマーケットチェーンショップライトの支店で売られている肉は、12切れにまで切られてトレイでやってくる。肉は週に3回届けられる。切断、整え、味付け、そして包装は、展示キャビネットの後ろにあるガラス張りの部屋で、厳しい基準に沿って行われる。見ることのできる肉屋たちは、車でそこに買い物に来る富裕なルサカ人にとって、新鮮さの象徴のようなものだ。その店は全ショップライト帝国の中で最も繁盛していると言われる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカ人たちは退職制度の成長に圧力をかけている - アフリカの年金制度

11月
29

改革は、投資、填補、そして統治に力を発揮している

ある国の偉大さが、いかにそのもっとも弱いメンバーを扱うかによってはかられるのならば、ケアへのその経済的能力はその年金制度によってはかられるかもしれない。退職計画はぜいたく品だ。いよいよ、サブサハラアフリカ諸国の中にはそうする余裕があり、またすべきであると感じているものもあるぜいたく品だ。

南アフリカは別として、かなりの年金基金資産を持っているその地域の主要国には、ボツワナ、ガーナ、ケニア、そしてナイジェリアがある。アフリカの投資銀行BGLグループの2010年の報告「ナイジェリアを世界年金産業の中に置く」によると、ボツワナはその地域の主要国の中で最大の一人あたり年金資産を持っており、17%とGDPに占める年金資産の割合が最も高いものの一つになっているという。これは、ナイジェリアの5%、7%のガーナ、23%のケニアと比較できる。

ボツワナと隣国のナミビアは、早いスタートから利益を得た。「彼らは、20-30年前に南アフリカに続いて強制職業貯蓄を採用した。」インヴェステック資産管理の管理部長ターボ・コジャネは語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

警告とともにみられたヨハネスブルグ証券取引所の計画 - 南アフリカの証券取引所

11月
15

果たされていないがくじけもしない野望

ヨハネスブルグ証券取引所(JSE)は、その大陸ではるかに最も大きく、最も流動性があり、もっともよく規制された市場として目立っており、近年それは、国境を越えて到達するためにその地位を使おうとしている。

しかしその野心は、今のところ、ほかの南アフリカの組織のようにそれがその国の支配力、国益、そして仲間のアフリカ市場の低開発の性質についての恐れに直面しているので、かなりが満たされていない。

2009年に、JSEは、その大陸中から上場企業を呼び集め、国際的投資家のアフリカへの関心を生かすための試みとして、「アフリカ・ボード」を設立した。

しかし、それは、ナミビアのトラストコとボツワナのワイルダーネス・サファリスという、どちらもその後そのアフリカのボードからJSEの本体に変わった、たった二つの会社しか惹きつけなかった。

JSEの社長ニッキー・ニュートン=キングは、アフリカ・ボードが「調整しそこなって」いると語り、「我々は、その大陸でやろうとしていることに関して、我々が好んだだろう物ほど成功していない」と認める。

アフリカ・ボードは、その大陸からのほかの会社がJSE本体に直接上場することから効果的に締め出している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ストライキは他の所のリスクに新たな側面を提供する - 南アフリカ鉱業

11月
07

その暴動の前ですらも、会社はリスクをとることを控えていた

南アフリカの鉱業部門を通して衝撃波を送った産業ストライキの盛り上がりの間に、アングロゴールド・アシャンティの社長マーク・クティファニは警告を発した。

「我々は皆、刃の先に立っている。」彼は語った。「私は資本を脅し始めているのではないが、はっきりともし我々がその問題を解決しなければ、いかにして私は株主に対して南アフリカに投資し続けなければならないことを正当化するのか?」

クティファニ氏は、世界で3番目に大きな金の生産者であるアングロゴールドが、その国で働いているその3.5万人の労働者のほとんどが9月後半に道具を置いて、南アフリカの操業を停止するよう強いられた後に話した。それは、18年前のアパルトヘイトの終了以来、その産業で最大の危機の引き金を引いた無謀なストライキの波の最も劇的な拡大だった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

赤ん坊モニター

8月
29

貧しい国々では、低い出生率はふつう成長にとって良いことだが、それはまた不平等を増加させうる

人々がより小さな家族を持ち始める時、経済は利益を受ける。出生率が下がるにつれ、労働人口の大人の人口における割合は這い上がり、「人口動態の配 当」と呼ばれるものの基礎を敷く。子供が少なくなり、大人はそれぞれの子供の教育により投資し、人的資本を増加する。人々は退職後のためにより貯蓄する傾 向があり、だから投資のためにより多くの金が利用できる。そして女性が給料の出る仕事に就き、労働力の大きさを押し上げる。このすべては経済成長と家計の 所得にとって良いことだ。最近のNBERの研究は、ナイジェリアの出生率を女性一人につき子供一人だけ減らすことは、一人当たりGDPを20年間にわたっ て13%押し上げるだろうと推計する。しかし、低出生率のすべての帰結が素敵なわけではない。ハーヴァードの公共保健学部の研究者による新しい研究は、別 のそして驚くべき影響を見つける。短期間での高い不平等だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

開発の最善の物語 - アフリカの幼児死亡率

5月
31

アフリカはかつてどこにもなかったほどの幼児死亡率の最大の下落を経験している

それは「ほんの少ししか認識されていない素晴らしい成功物語だ。」世界銀行ナイロビ事務所のガブリエル・デモンバインズは語る。」ハーヴァード大学ケネディ・スクールのマイケル・クレメンスは、それを単に、「開発の最大で最善の物語」と呼ぶ。それは、いまアフリカ中で勢いを増している幼児死亡率の大きな減少だ。

デモンバインズ氏と同じく世界銀行のカリナ・トロムレロヴァによれば、2005年以来生活状況の詳細な調査を行っている20のアフリカ諸国のうち16の国で、(1,000人の新生児のうち5歳以下で死ぬ子供の数で占められる率である)幼児死亡率の低下を報告している。12の国で、1990-2025年の間に幼児死亡率を2/3切り下げるというミレニアム開発目標(MDG)の達成に必要とされる率である、年に4.4%以上の減少だった。セネガル、ルワンダ、ケニアといった3か国は、MDGの率のほぼ倍で、約10年で幼児死亡率を半分にするのに十分な、年に8%以上の下落を示した。これら3か国は今、過去10年の間に世界で最も成功した経済の一つであるインドの幼児死亡率と同じレヴェルだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉱山が私のものならば - アフリカの資源民族主義

2月
21

アフリカの政府は、外国の採鉱者からより高い地代とより大きな所有権を取るよう探っている

アフリカの資源が実際にどの程度巨大なのかということを推測するのは難しい。地質学者は、地球上のほとんどの地で鉱物を掘ってきたが、アフリカの大部分ではかなり調査が及んでいないままだ。しかし、巨大な鉱床が今のところ発見され、ものすごい中国の需要を背景にした商品価格の上昇は、世界の採鉱者にその大陸が次の大きなフロンティアであることを確信させている。異常に大きな利益はまた、鉱物資源の豊かな国々にその採掘物のより大きな割合を求めるよう急き立てている。

国内で鉱山を営業させているアフリカ政府はとても多い。世界最大の鉱物資源の宝庫、南アフリカは、2.5兆ドルの価値があると推計されるが、過酷な50%の鉱業の「素晴らしい利益」へのたなぼた税と、探鉱権の販売に対する50%のキャピタルゲイン税を課すことを考えている。これらは、鉱業部門への国のより大きな干渉の可能性を研究するために与党アフリカ民族会議(ANC)によって立ち上げられた、独立した専門家委員会によって出された提案の中にあるものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ブルジョワになれてうれしい - アフリカの増える中産階級

5月
16

1/3のアフリカ人が今では1日少なくとも2ドル以上で暮らしている

ウィリアム・サッカレーの言葉を言い換えれば、アフリカの繁栄を探さなければならないのは、その中産階級においてである。多くの国々では、石油、 銅、金といった商品の天に届くほどの価格によって金持ちになった。しかしそれはアフリカに恒久的な上昇をもたらすには不十分だ。商品市場はご存知のとおり 気まぐれで、収入はあっというまに浪費されかねない。

進歩の本当の試金石は、新しい金持ちがエリート層から滴り落ちて、サーヴィスや製造部門での広い経済的な噴出を維持できるほど大きな消費者グループ を作ることができるのか、ということである。もしそうならば、より一層の仕事、新たな政府収入、よりよい公共サーヴィスという好循環を招き寄せ、最後には 貧しい人々に利益をもたらす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ナミビア を購読