ボストン・コンサルティング・グループ

パンをスライスすること以来の最高のこと - 新興市場企業

2月
06

巨大な新興市場企業があちこちで前進し続けている

グルーポ・ビンボーが「北」で再びうろついている。2009年に、そのメキシコの大手製パンはウエストン・フードの一部を23億ドルで買い、合衆国最大の製パン業者になった。2年後、それはサラ・リーのアメリカの製パン業を9.6億ドルで買った。先月、それは、かつて偶像的で今では破産した会社のホステス・ブレッドのパン事業がその営業を終えたので、そのもっともおいしい部分についての戦いに参入していた。

ビンボーはその拡大に買い物客の目以上のものをもたらした。それはパン関連の突破の名人だ。それはスペイン人にスライスパンを紹介するのを助け、透明セロファンでのパン包装を開拓した。それはまた効率性と兵站の名人でもある。テディ・ベアのロゴをつけたビンボーのローリーは、メキシコと中央アメリカで見慣れた光景だ。精通した取引締結と容赦ない費用圧縮は、ビンボーを焼いたものの巨人にし、2011年には108億ドルの売上を上げた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

富の神の新たな帝王

1月
10

新興世界の消費者は王様だ

諜報機関はめったに世界の明るい見方をしない。しかしアメリカ国家情報会議からの最新の報告(「グローバルトレンド2030:別の世界」)はかなり明るい。その会議はサイバー破壊行為から核の大量虐殺までの脅威を心配している(素晴らしく控えめな表現で、それは「ロシアがとても困難な国になりうる」と警告する)。しかし、今後数十年間のもっとも重要な傾向は地球規模の中産階級の成長だろうとそれは論ずる。

産業革命の始まった英国は、ひとり頭の所得を倍にするのに150年かかった。アメリカは30年かかった。中国とインドは、同じ偉業を短期間でより大きな規模でつかみ取っている。その結果は、よい家やその子供たちのための良い始まりといった中産階級の贅沢をする余裕のある人々の数の爆発だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

北京は再生可能エネルギーを増加する一押しを始めている - 中国の環境対応

1月
06

より多くの動力源を開発することが戦略目標だ

デンマークの酵素メーカー、ノヴォザイムスがトウモロコシの穂軸から化学品を作る提携相手を探したとき、それは中国から来た。

そしてドイツの太陽光パネルメーカーQセルズが、薄型フィルム太陽光パネルの記録を破った技術を持つ子会社を売ろうとした時、それは中国で買い手を見つけた。

その世界最大のエネルギー消費者は、一定の国の支援とほとんど並ぶもののない新技術への商業的熱狂で、環境エネルギー技術のメッカのように見える。過去10年間の政策のおかげで世界最大の石炭消費国になっているその国は、今では世界最大の太陽光パネル、風力発電機、そして電池の生産者だ。

2015年までに、北京は中国の発電能力の30%を非化石燃料からのものにすることを目指している、と先月発行された政府白書は言う。輸入エネルギー源への依存を減らし、炭素排出を減らすのにも貢献するので、中国では環境技術は賞賛される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

経済の新たなルール:グローカルになれ

9月
01

グローバリゼーションはアメリカから出ている一方通行だった。今、高いエネルギー価格、政治的リスク、そして技術変化が機会を元に戻している。ようこそ地方経済の時代へ。

もし、現在の合衆国経済が直面している巨大な範囲の機会と挑戦を例証する単一の会社があるのなら、それはイリノイ州ピオリアの重機大手、キャタピラーかもしれない。ほとんどのほかの企業と同じように、キャタピラーも金融危機の後に一撃を受けた。しかし、それ以来、それは立ち直った。いかにして?強い第2四半期の後で、その会社の2年連続の記録更新の年を送っており、その有名なブルドーザー、トラクターそして鉱山設備を世界的に700億ドル売りそうだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

よいビジネス、よいビーチ - CSR

6月
02

企業の社会的責任は進化しており、少し風変りではなくなってきている

6月17日に、活動家のどよめきが、倫理的ファッション・イニシアティヴと呼ばれるものによって資金援助を受けた「持続可能な未来のための良い事 業」についての会議で、リオ・デ・ジャネイロに集まる。彼らは、綿の社会的帰結について語る農民や「価値」という言葉の意味を議論する神学者の話を聞く。 彼らがまたリオの美しいビーチやかつてP.J.ルーケが表現した「衣料という地球の貴重な資源をほとんど」無駄にしないビーチの常連を賞賛するのは疑いが ない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

第3の産業革命

4月
30

製造業のデジタル化は、物を作るやり方を変え、職の政治もまた変える

最初の産業革命は、繊維産業の機械化により、18世紀の後半に英国で始まった。以前はたくさんの織子の家で骨折って行われていたことは、一つの綿加工場に集められ、工場が生まれた。第2の産業革命は、ヘンリー・フォードが動く組み立てラインを習得し、大量生産の時代の先導役をした20世紀の初めにやってきた。最初の二つの産業革命は、人々を豊かにし、より都市化を進めた。今、第3の産業革命が進行中だ。製造業はデジタル化している。これは事業だけを変えるのではなく、ほかの多くのことも変える。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

スマートフォンの奴隷

3月
19

超接続可能性の恐怖と、どのようにして自由の度合いを回復するか

「召使」(1963)は忘れることのできない映画の一つだ。(ダーク・ボガードによって演じられる)陰謀をたくらむ従者と彼のふしだらな主人(ジェームズ・フォックス)との関係の無慈悲な解体だ。その従者は彼の主人が状況を一変させるまで、その弱点を利用する。その物語は、へつらうボガードが堂々としたフォックスに仕えることで終わる。この映画は、ハロルド・マクミランの英国の階級構造の告発だ。しかし、別の気がかりな関係を考えることなしに、それを見るのは難しい。ビジネスマンとそのスマートフォンの関係だ。

スマート装置は時には力を与える。彼らは我々の指先に情報世界をもたらす。彼らは人々を、異臭を放つ見知らぬ人と一緒に電車に押し込む代わりに家から働くよう、自由にする。それは柔軟な労働時間を求める親には巨大な恩恵だ。スマートフォンとタブレットはまた、人々にコーヒーのために並ぶといったそうでなければ無駄にされていただろう空きの時間に仕事をすることによって、効率性を増進する。それらは、電子メールを午前1時に送るようプログラムすることによって、怠け者に24時間働いているという幻想を作り出す役にすら立つ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

環境での成長

9月
21
いくつかの新興世界の会社は成長を環境に結びつけている
 
かつて貧しかった国々が豊かになることは、現代においてもっとも感激させるような発展だ。環境はすでに緊迫している。人口学者が予想するように、2050年に現在70億人の世界人口が93億人に増えて、かつてはエリートのためにとって置かれたものを買うことができる人々の割合が増えた時、何が起こるのだろう?この惑星はそれほどの経済活動を支えることができるのだろうか?
 
多くの政策決定者は、そのような地球的な問題に対して、トップダウンの西洋中心的な方法を採用する。彼らは世界的なフォーラムで野心的な規制を議論したり、例を設定するために巨大多国籍企業や裕福なNGOに頼る。しかし、ほとんどの人々が新興世界に住んでいるので、そこで成功した会社がより持続的に成長するために何をしているかを見ることは意味がある。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

革新への長い道のり

9月
15
南アフリカは革新が遅かった。それが変わりつつあるかもしれない
 
南アフリカは、ビジネスでも、他の全てでも、自分の実力以上のものに挑んでいると自分を考えるのを好む。BRICSの4つの他のメンバーのサイズで言えばほんの僅かであるのにも関わらず、そのSが自分たちのことだと呼称している。それはまた、際立った数の世界的企業の本国だ。ボストン・コンサルティング・グループの、世界的野心を持った40の急成長する「アフリカの王者」のリストで南アフリカは18社を送り込みトップとなり、エジプトの7社とモロッコの6社を上回っている。
 
その国の事業情況は、アパルトヘイトが廃止されてから認識を超えて変わっている。1994年に南アフリカは、僅かな巨大企業に支配された包囲経済だった。今日ではそれは開放され、複合企業はほっそりし、特に携帯電話技術の多数の新しい会社がそこで急増している。しかし、その国は、そのビジネスモデルを現地の環境に、そしてその商品をつましい消費者に適応させる会社に主導された、新興市場からの革新の波に寄与するのがゆっくりだった。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

帰国世代 - アフリカ経済

8月
16
フロンティア経済の急成長にひかれて、アフリカの俊英たちが西洋を去り、ビジネスが沸き立つ本国に帰っている
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ボストン・コンサルティング・グループ を購読