キャタピラー

経済の新たなルール:グローカルになれ

9月
01

グローバリゼーションはアメリカから出ている一方通行だった。今、高いエネルギー価格、政治的リスク、そして技術変化が機会を元に戻している。ようこそ地方経済の時代へ。

もし、現在の合衆国経済が直面している巨大な範囲の機会と挑戦を例証する単一の会社があるのなら、それはイリノイ州ピオリアの重機大手、キャタピラーかもしれない。ほとんどのほかの企業と同じように、キャタピラーも金融危機の後に一撃を受けた。しかし、それ以来、それは立ち直った。いかにして?強い第2四半期の後で、その会社の2年連続の記録更新の年を送っており、その有名なブルドーザー、トラクターそして鉱山設備を世界的に700億ドル売りそうだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

革新への長い道のり

9月
15
南アフリカは革新が遅かった。それが変わりつつあるかもしれない
 
南アフリカは、ビジネスでも、他の全てでも、自分の実力以上のものに挑んでいると自分を考えるのを好む。BRICSの4つの他のメンバーのサイズで言えばほんの僅かであるのにも関わらず、そのSが自分たちのことだと呼称している。それはまた、際立った数の世界的企業の本国だ。ボストン・コンサルティング・グループの、世界的野心を持った40の急成長する「アフリカの王者」のリストで南アフリカは18社を送り込みトップとなり、エジプトの7社とモロッコの6社を上回っている。
 
その国の事業情況は、アパルトヘイトが廃止されてから認識を超えて変わっている。1994年に南アフリカは、僅かな巨大企業に支配された包囲経済だった。今日ではそれは開放され、複合企業はほっそりし、特に携帯電話技術の多数の新しい会社がそこで急増している。しかし、その国は、そのビジネスモデルを現地の環境に、そしてその商品をつましい消費者に適応させる会社に主導された、新興市場からの革新の波に寄与するのがゆっくりだった。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ミドルタウンの場外 - 産業政策

9月
13

産業的な仕事創出は骨の折れる仕事だ

インディアナポリスから北東に60マイルで産業の町の過去と未来の大学の町の真ん中にいるマンシーにとって、それは厳しい夏だった。失業率はこの春に少し下がって9%を切ったが、6月と7月にはまた10%を超えた。かつてはマンシーの生命線だった自動車部品メーカーはかなりそれを諦めてしまった。しかし、新しい機関車工場で熟練した製造業の仕事を生み出すことは厳しいことになっている。

社会学者のロバートとヘレン・リンドが、1929年の有名な研究で、それを「ミドルタウン」と命名しなおしてから、マンシーはアメリカの経験の代表とみなされてきた。より多様な21世紀のアメリカ経済の中で、それはもはや正確な実例ではないが、マンシーの製造業雇用の減少の経験は、ラストベルトの多くの小さな町のそれに似ている。だからインディアナ州の知事ミッチ・ダニエルスが去年の10月にその町にきて、キャタピラーの子会社であるプログレス・レールのために機関車を組み立てることによって650の新しい仕事を創出し、ほとんど放棄された工場を生き返らせたと発表した時、地元の報道機関と政治家は熱狂でこれに反応した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アメリカに戻っている - 多国籍製造業

5月
17

外国に工場を立てる魅力が薄れている

「顧客が別の製造工場を中国に建てようと考えていたら、私は別の場所を考えるよう説得してきた。」ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)のハル・シルキンは述べる。「例えばヴェトナムは考えたのかい?それともアメリカで作ることに挑戦したらどうだろう。」アメリカ企業である顧客がアメリカの顧客のために工場をたてることを考えているとき、シルキン氏は、愛国的な理由ではなく、グローバリゼーションの経済は早く変化するので、ますます本国に止まるよう提案するようになっている。

労働力の鞘取り、つまり外国、特に貧しい国々の安い労働力を利用することは、多国籍企業を海外移転させるただ一つの要因では無かったが、それは間違いなく大きな部分を占めていた。しかしながら、今では、新興国は景気がいいので、そこの賃金は上がっている。例えば、中国で工場労働者に支払う額は2005年から2010年の間に69%も急上昇した。BCGの新しい調査によれば、このように労働力の鞘取りから得られるものは小さくなりはじめており、無意味な場合もあるという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
キャタピラー を購読