韓国

一から始める - 都市の夢のような情景

1月
18

未来の都市を建設することは、費用がかかり難しい

マスダール・シティを建設する計画が2006年に発表された時、その計画は、SF古典の「デューン/砂の惑星」から出てきたもののように感じられた。その惑星最大の化石燃料の埋蔵の上のアブダビの砂漠の中に、世界最大の炭素中立で廃棄物ゼロの町が立ち上がるだろう。しかし、それは直接砂から立ち上がるわけではない。すべてのその建物は、高架式プラットフォームの上に立つだろう。下では、市民たちは自動運転のポッドでブンブン走り回り、上では、砂漠の風を冷却することによって掃除されうるような方法へと向けられた日陰の狭い道のような主に賢い都市計画によって、焦がすような気温にもかかわらず、彼らは快適に感じるだろう。

6年以上後には、その未来はそれほど幻想的ではなく見える。英国の建築家ノーマン・フォスターの管轄下で設計されたマスダールのほとんどは、土台の上には立たない。自動運転ポッドの模型は博物館に居場所を見つけるかもしれないが、そのポッド自身はメニューから外されたのだ。伝統的な車か、せいぜい電気自動車が、代わりに道をさまよう。さまようための道がある時には、そういうことだ。その都市は2016年までに完成するよう想定されていたが、その日付は2020-25年に延ばされている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪い記憶 - アジア金融危機

12月
21

1997-98年の地域金融危機のこだまが騒々しいが、誤っている

同じ川に2度入ることは決してできないが、それは忘れられないほどに親しんで見えるかもしれない。だから、最近アジアの通貨と株式市場がのたうちまわるにつれて、投資家と評論家が1997-98年の金融の嵐の亡霊を召喚するのは、驚くことではない。その危機は最初にタイで起こり、それからインドネシアと韓国がIMFの救済下に入った。それは地域経済を破壊し、インドネシアは32年間のスハルト独裁を倒した。フィリピンとマレーシアは、ひどいけがによろめいた。いま、その地域の市場関係者は、シリアでのアメリカ主導の軍事行動の可能性の帰結についての恐れが増すにつれて、そこが再び感染し、さらに悪くなることに神経質になっている。にもかかわらず、川は変わっており、不注意な人々を押し流しそうもない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

釣りの旅 - 日本と中国

10月
12

両国関係を尖閣か離すための試みが失敗する

7月29日に日本のトップ外交官斎木昭隆は、ある程度の望みを持って北京へ行った。日本が長く実効支配しているが中国が領有権主張している、東シナ海の岩がちの島々を政府が去年その民間地主から買って以来、二国間の緊張は高まっている。斎木氏の旅の前夜に、高官たちは中国が関係修復に熱心だと主張した。それは、日本の首相安倍晋三と中国の国家主席習近平との間の最初の首脳会談のための地盤を整えることを狙った、日本の高官による3度目の訪問だった。

しかし、中国の反応は萎えたものだった。斎木氏の訪問中に、国営新聞のチャイナ・デイリーは、北京が首脳会談を退けたという高官を引用した。外務大臣は、日本が尖閣と呼ぶ岩の問題は、「対話の呼びかけがない」ことによって解決されないだろうと宣言した。それはまた、安倍氏の最側近で、7月に同じように北京を訪れ、首脳会談についての楽観をたくさん持って帰国した飯島功が、中国の高官のだれかと会ったことすらにべもなく否定した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

E-教育 - 教育と技術

9月
09

長く遅れていた技術的革命が、ついに進み始める

「人間の知識のすべての枝を動画で教えることは可能だ。」トーマス・エジソンは1913年に観察し、本が教室で間もなく時代遅れになるだろうことを予言した。実際には、動画は教育にほとんど影響を持っていない。最近まで、同じことがコンピューターにも当てはまった。1970年代以来、シリコンヴァレーの夢想家が彼らの産業が教室を事務所と同じくらい根本的に変えるだろうと主張し、その裏でたくさんの技術を学校に売っている。子供たちは調査、論文制作、そしておしゃべりにコンピューターをつかう。しかし、その制度の中核は中世以来ほとんど変わっていない。「舞台上で賢明な」教師が、学生の列に、「授業」をとうとうと弁ずるのだ。トム・ブラウンとハックルベリー・フィンは、それを瞬時に、そして震えて認識するだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ゴリアテ - 大企業と経済の変動性

9月
08

大企業の運命は経済の変動性を説明する役に立つ

2004年12月に、マイクロソフトは巨大な330億ドルの配当をその株主に支払った。その種の最大の支払いであるそれは、その年のアメリカ人の個人所得の増加の6%を占めた。いかに大企業が大きな影響を持ちうるかの例は、より完全にはやってこない。これらの種類の企業が特定できるものの衝撃は、個々の企業の上昇と下降がお互いを消しあう傾向にあると推測する経済学者のモデルからは一般的に除外される。しかいかに貿易やGDPのようなものが展開するかを理解するために、最大の会社の後を追うことは重要だ。

さっと見ると、その数はトップダウンの見方をすることを正当化しそうに見える。事業の世界は巨大だ。アメリカにはだいたい2,700万の会社がある。英国には480万だ。それぞれの国は、何百もの産業をまたいで何百ものほかの国と取引し、何千もの国と産業の貿易のつながりを作り出している。地球規模のネットワークは、何百万も走っている。経済は何百万もの企業と取引関係からなっているので、それぞれはわずかな埃のように見える。個々の会社と輸出チャネルは問題になるべきではない。これは、共通の衝撃だけが総計の変動を説明することができることを示唆する。一つの企業での労働者のストライキは十分ではないが、ゼネラルストライキは十分なのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新興ブランドの戦い

9月
08

西側のブランドは発展途上国のそれからの包囲にさらされるようになっている。

過去20年間は、経済力の新興世界への巨大な再分配を経験している。しかし、今のところそれに相当するブランド力の再分配はない。フォーチュン誌の2012年の一覧の売上収入による500の大企業には、132の合衆国を除いたどの国よりも多くの73の中国企業が含まれていた。しかし、インターブランドの2012年の100の「最高の地球規模ブランド」の一覧には、中国企業は一つも含まれていなかった。

しかしながら、新著『Brand Breakout』の中で、二人の学者ニルマルヤ・クマールとジャン=ベネディクト・スティーンカンプは、発展途上国の企業が迅速にブランディングの芸術を学んでいると論ずる。数少ない新興市場のブランドがすでに地球規模になっている。ヨーロッパでサッカーの試合を「エミレーツ」を網膜に焼き付けることなく見るのは難しい。さらに近づいているものもある。中国のハイアール〈白物家電〉チリのコンチャ・イ・トロ(ワイン)そしてブラジルのナチュラ〈美容品〉だ。発展途上世界の勃興によって包囲されると感じる西洋人は、依然として高価なブランド品の高地を保持していると考えて自身を慰める。しかし、新興市場の競争相手が彼らの軍馬に乗っており、破壊鎚を持っていることに、彼らは疑いを持っていなくて当然だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新たな主人たちと指揮官たち - 中国の外国の港

8月
18

中国の成長する外国の港湾帝国は、攻撃のためではなくおもに交易についてだ

地面からでは、コロンボの港は大きいようには見えない。それに入る人々は、有刺鉄線の柵、植民地時代にさかのぼる壁、そしてセキュリティポストにあいさつされる。外洋でのさみしい夜の後で港を後にする船乗りたちにとって、B52ナイトクラブとスタリオン・パブの楽しみは過失を遠ざける。しかし、スリランカの首都の増加する超高層ビルの一つの上からみると、何か異常なことが起きていることがはっきりする。中国がインドの南端からわずか200マイルの所に海運ハブを作り出しているのだ。

その古い港は狭苦しく、コンテナでいっぱいになっている。その左側には、巨大な新しい防波堤が海に向かって湾曲している。それと並んで、1隻の中国船がちょうど3つの巨大な中国のクレーンを、中国の会社によって建設され、別の中国企業に支配された組織によって運営される新たなコンテナターミナルに、届けたところだ。そのターミナルは7月に開業し、2014年の4月に完成する。古い港は現在の能力に到達するのに何世紀もかかった。中国は、30か月でそれをほぼ倍にしている。完全操業すれば、それはコロンボを世界で世界上位20のコンテナ港の一つにするだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

珍しい協力 - 国連と世界銀行

8月
11

二つの世界機関を率いる男たちは、同じ言葉と言うだけ以上のことを話している

眼鏡をかけた二人の韓国人がコンゴ民主共和国の混雑して混沌とした首都のキンシャサのスラムにはためく巨大な横断幕から笑いかけた。広告されているその二人の主役は、国連の事務総長潘基文と、世界銀行の総裁で韓国系アメリカ人の医療専門家ジム・ヨン・キムだ。彼らは、二つの広がる組織の新たな提携を始めるために、5月22日に一緒にアフリカのもっとも暑苦しい巨大都市を訪れた。

そのもっとも簡単な形で、彼らの考えは、国連の政治的議題を支持するために世界銀行がその金融力を使うようにするというものだ。アフリカの大湖地域の場合では、世界で最も燃え上りやすい地域の一つである東コンゴで平和を守るための国連の新たな努力を支持するために、その銀行は開発基金として10億ドルを約束している。キム氏が潘氏に皮肉を言ったように、「あなたがたが軍隊を持ってきて、我々がカネを持ってくる。」のだ。

その二人の男たちは、ある明白な関係を持っている。その一組がその地域を一緒に旅行した時、その国連の男の厳粛な演説は、その若き対応者のより速くより砕けた話し方にうまく合っていた。側近は、彼らの間での韓国語での長くて生き生きした議論について話す。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

より温かい歓迎 - 北極外交

7月
14

北極評議会はその初の常任アジア立会国を認める

1996年にそれが作られて以来、北極評議会の8加盟国は居心地の良いクラブを形成している。彼らの調査と保護への熟慮は、凍った北以外ではほとんど関心を惹かなかった。関係はとても暖かいので、外交官たちは4月に北極点への合同旅行で自発的な集団ハグにふけった。

北極に領域を持つ国々だけが完全な加盟国になれる。しかし、融ける極地の氷がその地域を海運、漁業、石油ガス鉱物採掘そして観光にすらも開くにつれ、シンガポールほど遠く離れた国もその氷帽に利害関係を主張する。北極は「最後のフロンティアだったものだ。」シンクタンクのブルッキングス研究所によって開催された最近の会議で、グリーンランドの元首相クーピク・クライストは語った。「いま、我々が世界の中心のようだ。」

スウェーデンの町キルナで5月15日に開かれた2年に一度の会議で、その外務大臣たちは、現在の26か国に加えて中国、インド、イタリア、日本、韓国、そしてシンガポールが常任立会国になれることに合意した。しかし、彼らは、グリーンピースのようなNGOを含んだ、応募したすべての国際的グループの地位を否定した。EUへの許可は延期され、カナダとの交渉を保留している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

重要な懸念 - アメリカ太平洋政策

6月
30

軸とか再均衡とか呼んで、アメリカの太平洋政策は少し不安定なように見える

中国を伴う安全保障の発展についての議会への年次報告の中で、ペンタゴンは今週、中国軍の新しいものと古いものを批判した。新しいものは、アメリカの政府を目標にしたサイバー攻撃への中国軍の関与への無遠慮な非難だった。古くて、一般的で、正当化されたものは、「中国の軍事力増強と戦略的意思決定をめぐる透明性の欠如」への不平だった。

しかし、中国は、アメリカ自身の戦略もまたむしろ不透明だと反論したかもしれない。オーストラリア訪問中のバラク・オバマが合衆国はアジアで「より大きく長期的な役割」を果たすだろうという彼の「戦略的意思決定」を説明してから18か月になる。しかし、アメリカ軍の高官の中にさえも、まったくではないにしても、これが何を意味するのかは依然として完全にははっきりしないというものもいる。最初に「太平洋の軸」と呼ばれたその戦略は、のちに「再均衡」と名付けなおされた。オバマ氏の政権による演説の中でのあいまいな言及は、どの書面によっても詳細を加えられていない(実に、今週の努力で見過ごされているのは、ペンタゴンは自身の戦略よりも中国の戦略についてより詳細を語っているのだ)。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

韓国 を購読