DPワールド

新たな主人たちと指揮官たち - 中国の外国の港

8月
18

中国の成長する外国の港湾帝国は、攻撃のためではなくおもに交易についてだ

地面からでは、コロンボの港は大きいようには見えない。それに入る人々は、有刺鉄線の柵、植民地時代にさかのぼる壁、そしてセキュリティポストにあいさつされる。外洋でのさみしい夜の後で港を後にする船乗りたちにとって、B52ナイトクラブとスタリオン・パブの楽しみは過失を遠ざける。しかし、スリランカの首都の増加する超高層ビルの一つの上からみると、何か異常なことが起きていることがはっきりする。中国がインドの南端からわずか200マイルの所に海運ハブを作り出しているのだ。

その古い港は狭苦しく、コンテナでいっぱいになっている。その左側には、巨大な新しい防波堤が海に向かって湾曲している。それと並んで、1隻の中国船がちょうど3つの巨大な中国のクレーンを、中国の会社によって建設され、別の中国企業に支配された組織によって運営される新たなコンテナターミナルに、届けたところだ。そのターミナルは7月に開業し、2014年の4月に完成する。古い港は現在の能力に到達するのに何世紀もかかった。中国は、30か月でそれをほぼ倍にしている。完全操業すれば、それはコロンボを世界で世界上位20のコンテナ港の一つにするだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
DPワールド を購読