シャルル・ド・ゴール

芸術的な解決 - 現代アート

8月
20

ヴェネツィア・ビエンナーレの主要テーマは、いかにして世界はそのような混乱に陥ったか?だ

世界最大の芸術祭ヴェネツィア・ビエンナーレは、単に芸術についてだけではなかった。1930年に、イタリアのファシスト独裁者ベニート・ムッソリーニは、そのビエンナーレの潜在力をプロパガンダのショーケースとして見、彼の執務室からそれを運営した。彼はそのイヴェントがとても成功したとみなしたので、4年後にヒトラーをパーソナルツアーに連れ出した。第二次世界大戦以来、国の関与はより距離を置くようになっている。例えば、英国館はブリティッシュ・カウンシルによって運営されており、アメリカ館に責任を持つ国務省派遣団はヴェネツィアにあるペギー・グッゲンハイム・コレクションへのものだ。

今年、国別館を満たすよう選ばれた芸術家の多くは、ふたたび彼ら自身の国の鼓動を話している。(10年の中断後の)ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、バハマ、(ベスト・パヴィリオン賞をかっさらった)アンゴラ、ツヴァル、そして教皇庁を含んだ、10の新参加国がある。ヴァチカンは、その初登場を、その計画を監督するテレビ映りのいい高位聖職者のラヴァージ枢機卿の言葉で「芸術と信仰との関係を再建する」ために使っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
シャルル・ド・ゴール を購読