スポッティファイ

変化を数える - デジタル・メディア

12月
10

メディア会社はインターネットから攻撃を受けている。デジタルが供給源となったものからのカネは、ついに損害のいくらかを修復している

この夏、人食いざめを運んだ竜巻についてのテレビ向け映画がアメリカで驚異的にヒットした。「シャークネード」の馬鹿げた筋は、過去十年間にわたってインターネットが彼らの事業を破壊するのを見てきたメディアのボスたちの琴線に触れたかもしれない。新聞はインターネットに読者と広告を奪われている。書店と音楽屋は永久に閉鎖している。DVDとCDの売上は急落している。テレビ産業はいまのところ大きな崩壊に抵抗しているが、それは広告や視聴者が逃げ出すと予言する予言者を止めていはいない。

2008年に、大きな娯楽産業グループのNBCユニヴァーサルの当時の社長ジェフ・ザッカーは、「アナログのドルをデジタルのペニーに変える」傾向を嘆いた。しかし、これらのペニーは積み上がりはじめている。そして、今はテレビニュースチャンネルのCNNワールドワイドの社長であるザッカー氏ですらも、その調子を変えている。旧メディアは「デジタルのペニーをかなり良く超えている」と彼は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

私はストリームを夢見る - 音楽ストリーミング

8月
25

アップルは他社を追って音楽産業のもっとも好況に沸く分野に入る

「くそったれ、これ以上革新できない。」アップルの重役の一人フィル・シラーは、6月10日の年次総会で、その会社の新しい提案を明らかにするのを助けた時、うなった。彼は、その前社長スティーヴ・ジョブズが2011年に無くなってから、痩せ衰えている(今年今までのところその株価は20%下がっている)と言う、増加している疑っている人の層に話しかけた。その懐疑的な人たちは、揺さぶられなかった。アップルの穏やかな革新の中には、新しいオペレーティングシステムのiOS7と、ライヴァルたちが既に提案しているものに似た音楽ストリーミングサーヴィスがあった。

10年前、アップルがそのiTunesストアを通してデジタル音楽の販売を大衆化した時、それは音楽産業を打ちのめした。それは最大の音楽小売のままだが、今それは新しい音楽行動を見つけているほかの会社のまねをしている。ストリーミングは、広告を最後まで見るか月次の講読料を支払う気があるのならば、消費者が音楽を買うことなしにそれを聞くことができるようにする「オールアクセス」のサーヴィスだ。アップルのiTunesラジオは、今年の秋にアメリカで始まる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

デジタルの金を採掘する - 仮想通貨

5月
20

たとえ崩壊しても、ビットコインは金融の世界に影響を与えるかもしれない

1999年に、ショーン・ファニングという18歳が音楽産業を永遠に変えた。彼は、レコード会社から高価なCDを買う代わりに個人が音楽ファイルを交換することができるようにするナップスターというサーヴィスを開発した。訴訟が続き、2001年にナップスターは閉鎖された。しかし、その考えは、ビットトレントやほかのP2Pサーヴィスの形で生き残っている。ナップスターブランドは、依然として合法的な音楽ダウンロードサーヴィスで使われている。ナップスターの物語は、似たような技術に基づいたデジタル通貨のビットコインについての興奮を説明する役に立つ。1月に、ビットコインの単価は15ドル程度だった(ビットコインは少額取引のために小数点以下8桁まで分けることができる)。本誌が4月11日に印刷に回された時、それは179ドルに決まり、流通しているすべてのビットコインの価値を20億ドルにしている。ビットコインは、、ソーシャルメディア、最新のものを探す自由な資本、そして多分キプロスの最新の事件によって狼狽した銀行預金者にさえもよって加熱されたバブルである世界でもっとも熱い投資の一つになっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

何か歌うこと - 音楽

3月
31

この13年間で初めて音楽産業が再び成長している

カナダ人ヴォーカリストのカーリー・レイ・ジェプセンの「コール・ミー・メイビー」は、去年最もよく売れた曲だ。もしかしたら音楽産業にとっての底だと呼ぶべき時でもあるのか?国際レコード・ビデオ製作者連盟によって2月26日に発表されたデータによると、録音された音楽の売上は、2012年に、たったの0.3%ではあるが、1999年以来初めて伸び、165億ドルになった。

インターネットは音楽産業を沈めたが、今ではそれが再浮上するのを助けている。デジタル売上は、去年9%伸び、音楽産業の収入の1/3が今ではデジタルチャネルから来ている。ダウンロードストアはデジタル収入のほぼ70%を占める。音楽が演奏されるたびにロイヤリティを支払うスポッティファイやディーザーといった人気のある「ストリーミング」サーヴィスもまた、その事業を救う役に立っている。講読サーヴィスは、世界中で2,000万人の有料購読者を2012年に持っており、1年前から44%伸びた。さらに何百万人もが無料の広告付き版を使っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

音楽を止めるな - HMV

2月
06

大通りの小売りの閉店は、誇り高い輸出産業を揺さぶる

数えきれない10代の若者がレコードやCDの棚をめくって回った。しかし、91年後、音楽ははるかに英国で最大の戸建ての音楽店を終わらせた、または少なくともマイナーキーでの予測できない最終章に入ったように見える。

1月15日に4,350人の従業員を雇うその小売業者は、自身を管理下に置いたと発表した。HMVは、カメラショップチェーンのジェソップ、DVDやゲームを貸し出すブロックバスターを含んだ大通りの犠牲者のパレードに参加する。しかし、HMVの労苦は、それが英国が世界の指導者である産業を揺さぶるので、最も強く反響する。

英国は大体世界の3%のモノと6%のサーヴィスを輸出するが、その国のアーティストは世界の音楽売り上げの約13%を占める。去年のアメリカの上位5作のアルバムのうち4作が英国のアーティストだった。本国では、深く突っ込んだ英国のソングライター、アデルによるアルバムの「21」が、マイケル・ジャクソンの「スリラー」の売上を越えている。音楽の創造性の文化が明白な理由だが、他の理由としてレコードレーベルが国内のアーティストに投資し続けるよう促す英国の音楽小売市場の相対的強さがある。一人あたりで、英国人はアメリカ人のほぼ倍を音楽に費やす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ああ、無情 - ヨーロッパの起業家

8月
04
ヨーロッパは、ユーロ危機を持っているだけではなく、成長危機も持っている。それは、野心的な起業家を奨励するのに慢性的に失敗しているためだ
 
東ベルリンのザンクト・オーバーホルツは、その地区のどのバーよりも流行だ。落書きに覆われたドア、傍若無人なアート、鋭いファッション、そしてBGMのビースティ・ボーイズ。それは、生まれつつある大事業家を探すような場所には、最初は見えない。しかし、彼らの存在には大きな意味がある。ヨーロッパの文化は、起業家にひどく無愛想だ。新興企業を巨大なものに育てようと思うことは、ピアスやパフォーマンスアートのように、まったくカウンターカルチャー的なのだ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

別のデジタルゴールドラッシュ - インターネットビジネス

5月
18

インターネット会社はまた盛り上がっている。それは買い時なのか、売り時なのか。

38番埠頭は、サンフランシスコの湾岸に位置する巨大なハンガーのような構造物だ。かつてはカリフォルニアのゴールドラッシュ時代に中国系移民がつるはしとショベルを持って鉄道建設のために上陸してきたが、その埠頭は今ではインターネットで金持ちになる競争に加わっているスマートフォンやコンピュータの起業家たちの本拠だ。彼らのオープンプランの事務所から、ノイズトイズやアディリティ、そしてトラズラーといったイキで奇妙な名前で新興企業を経営する若い人たちは、猛烈にプログラムを打ち込んでいないときには、近くに停泊している変わったヨットを見つめることができる。

「革新のスピードは我々が今までに目にしたことがあるようなものではない。」と、38番埠頭で若い会社に場所を貸すヴェンチャーキャピタルの1部門のドッグパッチラブを運営しているライアン・スプーンは語る。多くの他の起業家たちのように、借り手たちは、フェイスブックや、ファームヴィルと言ったとても有名なオンラインゲームを作ったジンガのようにしばらくの間インターネット界で脚光を浴びることに邁進してきた会社の後を追いたがる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
スポッティファイ を購読