テンセント

デジタルの金を採掘する - 仮想通貨

5月
20

たとえ崩壊しても、ビットコインは金融の世界に影響を与えるかもしれない

1999年に、ショーン・ファニングという18歳が音楽産業を永遠に変えた。彼は、レコード会社から高価なCDを買う代わりに個人が音楽ファイルを交換することができるようにするナップスターというサーヴィスを開発した。訴訟が続き、2001年にナップスターは閉鎖された。しかし、その考えは、ビットトレントやほかのP2Pサーヴィスの形で生き残っている。ナップスターブランドは、依然として合法的な音楽ダウンロードサーヴィスで使われている。ナップスターの物語は、似たような技術に基づいたデジタル通貨のビットコインについての興奮を説明する役に立つ。1月に、ビットコインの単価は15ドル程度だった(ビットコインは少額取引のために小数点以下8桁まで分けることができる)。本誌が4月11日に印刷に回された時、それは179ドルに決まり、流通しているすべてのビットコインの価値を20億ドルにしている。ビットコインは、、ソーシャルメディア、最新のものを探す自由な資本、そして多分キプロスの最新の事件によって狼狽した銀行預金者にさえもよって加熱されたバブルである世界でもっとも熱い投資の一つになっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

別れるのはとてもとても難しい、ヤフー! - 中国とアメリカのインターネット

6月
09

アリババとヤフーは別れることに合意する

「友敵」という言葉は、ヤフーとアリババとの間の7年間の関係を表現するために発明されたのかもしれない。2005年にヤフーがアリババの株式を10億ドル取得することによって固められたそのアメリカのインターネット会社と中国のeコマースの巨人との間の連携は、天国で作られた組み合わせだと思われた。

ヤフーはアメリカの現金と技術、そして既にほかの中国のインターネットの起業家に触発された台湾生まれの社長ジェリー・ヤンを提供した。アリババは、eコマースにとって当時世界最大の未開発の市場へのアクセスを提供した。悲しいことに、その2社はすぐにお互いに皿を投げ合った。彼らは、検閲からアリババのオンライン支払事業アリペイのスピンオフに至るまですべてのことについてけんかした。1年以上にわたる言い争いの後で、彼らは5月20日に多少なりとも友好的に別れる取引を発表した。

それは両方の側の株主にとって救いだろう。アリババの元気のよい社長のジャック・マは、それが株式市場での資金調達を追求できるように、ヤフーからその会社を自由にすることに熱心だった。一変させようと苦労しているのでふけのようなボスたちを落としているヤフーは、その長期にわたって傷ついている投資家に現金を戻すことによって彼らをなだめることに熱中している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

別のデジタルゴールドラッシュ - インターネットビジネス

5月
18

インターネット会社はまた盛り上がっている。それは買い時なのか、売り時なのか。

38番埠頭は、サンフランシスコの湾岸に位置する巨大なハンガーのような構造物だ。かつてはカリフォルニアのゴールドラッシュ時代に中国系移民がつるはしとショベルを持って鉄道建設のために上陸してきたが、その埠頭は今ではインターネットで金持ちになる競争に加わっているスマートフォンやコンピュータの起業家たちの本拠だ。彼らのオープンプランの事務所から、ノイズトイズやアディリティ、そしてトラズラーといったイキで奇妙な名前で新興企業を経営する若い人たちは、猛烈にプログラムを打ち込んでいないときには、近くに停泊している変わったヨットを見つめることができる。

「革新のスピードは我々が今までに目にしたことがあるようなものではない。」と、38番埠頭で若い会社に場所を貸すヴェンチャーキャピタルの1部門のドッグパッチラブを運営しているライアン・スプーンは語る。多くの他の起業家たちのように、借り手たちは、フェイスブックや、ファームヴィルと言ったとても有名なオンラインゲームを作ったジンガのようにしばらくの間インターネット界で脚光を浴びることに邁進してきた会社の後を追いたがる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
テンセント を購読