スタンフォード大学

脳が売れる - 神経科学を商業化する

10月
17

認知訓練は、科学者たちの疑いにもかかわらず、金の卵かもしれない

「我々の主要な目的は、利用者が訓練でき、精神的に強くあり続けることができる事務として我々を見ることだ。」ルモス・ラブスの創業者で主任科学者のマイケル・スキャンロンは語る。月に14.95ドルで、その会社のウェブサイト、ルモシティの購読者は、彼らの認知力を改善するよう設計されたオンラインゲームを選んで遊ぶ。もし画像が前のものと同じならば遊ぶ人がチェックする「スピード・マッチ」、マトリックス上のどの四角が陰になったかを覚える必要がある「メモリー・マトリックス」、そして算数問題を含んだ雨粒が地面に落ちる前にそれらを解く「レインドロップス」らを含んだ約40の訓練が利用できる。いかにうまく利用者がやるかによって、その利用者に毎日適切な難度の脳の訓練が与えられるよう、パズルは変わる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

犯罪の下落の興味深い事例

9月
21

 

犯罪は豊かな世界で急落している。これを下げ続けるために、政府は刑罰ではなく予防に集中すべきだ

1990年代に、保守的なアメリカの学者ジョン・ディルリオは、「超捕食者」の新種、「人間の生活に全く何の尊敬も払わず、未来に何の感覚も持たない子供たち」が、ほぼ無期限にアメリカを恐怖に陥れるだろう、と論じた。彼だけではない。専門家は、犯罪が増え続けるだろうと納得した。法を守る市民たちは、ガードに警備された門のある共同体に退却するだろう。政治家と警察長官は、怒鳴って統計をごまかそうとすること以外にほとんど何もできなかった。

ディルリオ氏はのちに撤回し、悲観主義者が間違っていたことがはっきりとしている。彼が書いてすらいるように、アメリカの犯罪の波は壊れているのだ。その町は大きくより安全になっており、残りの先進世界も続いている。日本からエストニアまで、財産と人々は1970年代以来ほとんどどの時よりも安全だ。予想を困惑させることに、景気後退は下降傾向を邪魔していない。アメリカがトレイヴォン・マーティンの射殺について激しく議論している時でさえ、新しいデータは、若いアメリカ人の殺人率が30年来の低さにあることを示している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

縄目を解かれたプロメテウス - 幹細胞療法

9月
15

研究者たちは、まだ器官再生の古い夢を実現していないが、それは近づいている

ゼウスによって岩に縛り付けられた巨人のプロメテウスは、器官が毎晩再生するので、わしが彼の肝臓を大いに食べる毎日の虐待に耐えた。この光景に比べて、今週のネイチャー誌のウェブサイトの映像は、断然退屈だ。それは、ピンクの点の集まりをより暗い中央の塊に統合するのを示す。

しかし、何か巨人的なものが実に起こっている。ピンクの点は幹細胞で、その映像は肝臓のように見え、そのように行動するものである肝臓の芽の発展を示すのだ。その映像を作った日本の横浜市立大学の武部貴則と谷口英樹は、機能する人間の肝臓組織を作り出している。

研究者たちは、長い間、再生医療として知られる熱望である、幹細胞が傷ついた組織を修理したり、それにとってかわるために使われるかもしれないことを、長い間夢見ている。ES細胞は特に、他のどの細胞にもなりうることを意味する「多分化能」だ。そして今、多分化能性を、まだ胚から出ておらず、故にかつてはそれらを取得することに結び付いていた倫理的地雷原を迂回する細胞の中に誘導することができる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

製図版に戻れ

9月
15

デザイン会社は彼らの技能をヴォランティアや公共部門のために応用している

その事務所はスターバックスとユースクラブとの間の十字路のように見える。自転車は棚に高く積み上げられている。角には卓球台がある。若者たちが長い松のベンチに座り、コーヒーをすすり、ラップトップを読みふけっており、男たちはひげ伸ばし競争に参加しているように見える。しかし、くつろいだ雰囲気に騙されてはいけない。これは、世界で最も成功したデザインコンサルタント会社の一つIDEOのロンドン支社なのだ。それがシリコンヴァレーで1991年に創業された時、その創業者の一人デヴィッド・ケリーは、学校のバスに入ることのできる人より多くを雇いたいとは思わなかった。いま、IDEOは600人以上の従業員を持ち、8つの国に事務所を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

簡単な秘訣 - どうやってポーカーに勝つか

6月
03

真面目くさった顔を続けるだけでは十分ではない

ポーカーフェイス。それは何も与えない無表情の凝視だ。ポーカーに勝つためには、その顔はマスターしなければならず、そしてそれをマスターすることは最高のプレイヤーがベストを尽くそうとしていることだ。しかし、心理科学誌に掲載されたばかりのスタンフォード大学のマイケル・スレピアンとその同僚たちによる研究は、最高のポーカーフェイスをした人々でさえもそのゲームを漏らしていることを示唆する。しかしながら、彼らは顔ではなく手でそうしているのだ。

スレピアン氏は、78人の学部からのヴォランティアに2009年のポーカー・ワールド・シリーズでプレイヤーが掛け金を置くヴィデオクリップを見せた時にその発見をした。(ポーカーの掛け金はチップをテーブルの真ん中に押し出すことによっておかれる。)そのクリップは、平均して1.6秒で、プレイヤーたちの異なった場所を取り上げた。テーブルの上からすべてが見えるように示したものもあった。顔だけを示したものもあった。そして、腕と手だけを示したものもあった。それぞれのヴォランティアは、三つのタイプのヴィデオの一つだけを見たが、いくつかの例を見せられた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

心の拡大 - アメリカの神経科学計画

5月
12

バラク・オバマは長く待たれてきた脳を見る計画を発表する

多くの追跡の後で、現実があらわれ出る。4月2日、バラク・オバマ大統領は、人間の脳の謎のロックを解除することを意図した計画にアメリカ政府が戻ると発表した。痕跡によれば、それは脳活動地図として知られていた。頭文字BAMは富への人質であると誰かがはっきりと言い当て、その計画は今では進歩する革新的神経技術を通しての脳研究(Brain Research through Advancing Innovative Neuroscience)として知られている。疑いもなく完全な偶然によって、それは「BRAIN」とつづる。

誰もが聞くのを待ち望んでいたことである、その計画の重要な部分は、資金だ。オバマ氏は4月10日に提出する予算の中で、運営の初年度に1億ドルを承認するよう議会に頼む。それは、アメリカ国立衛生研究所によって毎年神経科学に支出される55億ドルに比較すれば、少額だ。しかしそれは、インフレ調整後でさえも、ヒトゲノム計画の初年度に支出された2,800億ドルよりも大きい。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アイディアマシーンは壊れているのか? - 革新悲観主義

1月
24

革新と新技術が成長の駆動を止めているという考えはますます注意を惹いているが、それはしっかりと基礎づけられてはいない

シリコンヴァレーに好況時代が戻ってきた。101号線沿いの産業地区は、再び希望に満ちた新興企業の印で飾られている。レイクタホのようなリゾートタウンの派手な別荘への需要のように、家賃は上がっており、富の兆候は大量に集まっている。ベイ・エリアは、半導体産業とその後を追って成長しているコンピューターやインターネット会社の生誕地だ。その天才たちは、タッチパネルの電話から、大きな図書館の即時検索から、何千マイルも離れた無人機を操縦する力まで、世界を未来的に感じさせる多くの驚異を提供した。2010年以来のその事業活動の復活は、進歩がはかどっていることを示唆する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

資本主義者の機械を直す

10月
22

アメリカの起業家精神を生き返らせる幾つかの賢明な考え

アメリカは、第二次世界大戦以降ずっと世界で最も重要な成長機械だった。1950年代と60年代に、そのGDPは、その経済の成熟にもかかわらず、年に3%成長した。1970年代には、それはスタグフレーションを我慢したが、レーガン革命が起業家精神を生き返らせ、その成長率は1990年代には3%に戻った。その機械は、アメリカにとってと同じように世界にとってもよい。それは、資本主義の福音を広げ、アメリカンドリームをグローバルドリームに変えるのを助けた。

今、その成長機械は困難に見舞われている。それは2007-08年の金融危機でほとんど爆発した。しかし、それ以前であっても揺れ動いていた。その機械の三つのもっとも強力なピストン(資本市場、革新、そして知識経済)を調べると、それらが10年間うまく機能していないことを発見する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地下へ行く - 炭素捕獲

9月
05

いかにして石炭をきれいにするかの新たな取り組み

気候変動のペースが加速するにつれ、エネルギー専門家は工学的手法を通して温室効果ガス排出を制限するやり方を見つけるのに殺到している。一つのやり方は、二酸化炭素を液化し地下深くに押し込む地質学的炭素捕獲貯蔵(CCS)だ。2000年代の初めに、議会はCCS調査のための基金を強化した。アメリカはたくさんの石炭を持っており、その電力の1/3以上をそれに頼っている。地球温暖化を緩和しながらこの国内資源を使い続けるために、二酸化炭素は、大気中に噴出する前に発電所でとらえられ、地下に安全に詰め込まれなければならない。

しかし、数年前にCCSを魅力的にした政治と経済は、アメリカでも他の所でも劇的に変わっている。合衆国は発電所からの二酸化炭素排出を利用することを捕らえて詰め込むよりも高くするだろう厳格な炭素政策の施行に失敗し、国際的な気候変動の話し合いは進展していない。いくつかのCCS計画が過去数年でほとんどが高すぎる費用のために撤退するか棚上げされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

甘くなった慈善活動 - 慈善と税制

6月
24

国家が良い理由での贈与に補助金を出すべきだという考えは活発だが、簡単には正当化できない

「それは心で生まれるべきだ。」英国の大蔵大臣は予算演説で下院に語った。「どんな場合でも、控除はBの負担でAを助けることを意味するのだ。」これは、まったく、慈善団体に益をもたらす税控除をなくそうという彼の主張の真ん中にあるものだ。「それは公平ではない。」彼は続けた。その妻子を養うために働いている「一家の父たち」に、高い税率の形で費用を課すことについてだ。控除によって奨励された贈与は、豊かな贈与者に「そうでなければ享受することができなかっただろう」「信用と評判」をもたらすために、かなり設計されているので、これはなお一層重要だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

スタンフォード大学 を購読