連邦準備銀行

悪い記憶 - アジア金融危機

12月
21

1997-98年の地域金融危機のこだまが騒々しいが、誤っている

同じ川に2度入ることは決してできないが、それは忘れられないほどに親しんで見えるかもしれない。だから、最近アジアの通貨と株式市場がのたうちまわるにつれて、投資家と評論家が1997-98年の金融の嵐の亡霊を召喚するのは、驚くことではない。その危機は最初にタイで起こり、それからインドネシアと韓国がIMFの救済下に入った。それは地域経済を破壊し、インドネシアは32年間のスハルト独裁を倒した。フィリピンとマレーシアは、ひどいけがによろめいた。いま、その地域の市場関係者は、シリアでのアメリカ主導の軍事行動の可能性の帰結についての恐れが増すにつれて、そこが再び感染し、さらに悪くなることに神経質になっている。にもかかわらず、川は変わっており、不注意な人々を押し流しそうもない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ビットコイン・バブル - デジタル通貨

12月
07

それは過大評価されているように見えるが、たとえこのデジタル通貨が崩壊しても、他のものが後に続くだろう

ビットコインが盛り上がっている。中央銀行ではなく、自発的参加者のコンピューターネットワーク上で走る暗号ソフトウェアによって存在するようになるデジタル通貨に、投資家たちはのめりこんでいる。今週、ビットコインの価格は、1月に15ドル以下だったものが1,000ドル以上に上がった。

リバタリアン、金本位制主義者、薬物取引業者に長い間好まれて、ビットコインはいくらかの驚くべき新たな愛好者を惹きつけている。ドイツはそれを「口座の単位」として認識している。連邦準備銀行議長のベン・バーナンキは、仮想通貨についての上院委員会に、その考えが「長期的な見通しを持つかもしれない」と語った。ビットコインでの支払いを受け付ける店や企業は少数だが増えている。仲介業者なしに利用者間で直接資金のやり取りができるのでそれを好むものもいる。匿名の資金移動の潜在性や、ビットコインの流通量に固定上限があり、そのために中央銀行が流通量を増やすことによってその価値を膨らませるようなやり方ができないという事実に惹きつけられる人もいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ゴリアテ - 大企業と経済の変動性

9月
08

大企業の運命は経済の変動性を説明する役に立つ

2004年12月に、マイクロソフトは巨大な330億ドルの配当をその株主に支払った。その種の最大の支払いであるそれは、その年のアメリカ人の個人所得の増加の6%を占めた。いかに大企業が大きな影響を持ちうるかの例は、より完全にはやってこない。これらの種類の企業が特定できるものの衝撃は、個々の企業の上昇と下降がお互いを消しあう傾向にあると推測する経済学者のモデルからは一般的に除外される。しかいかに貿易やGDPのようなものが展開するかを理解するために、最大の会社の後を追うことは重要だ。

さっと見ると、その数はトップダウンの見方をすることを正当化しそうに見える。事業の世界は巨大だ。アメリカにはだいたい2,700万の会社がある。英国には480万だ。それぞれの国は、何百もの産業をまたいで何百ものほかの国と取引し、何千もの国と産業の貿易のつながりを作り出している。地球規模のネットワークは、何百万も走っている。経済は何百万もの企業と取引関係からなっているので、それぞれはわずかな埃のように見える。個々の会社と輸出チャネルは問題になるべきではない。これは、共通の衝撃だけが総計の変動を説明することができることを示唆する。一つの企業での労働者のストライキは十分ではないが、ゼネラルストライキは十分なのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らはドルを信じる - ハイパーインフレの後のジンバブエ

6月
16

汚れたドル紙幣、高価な信用、いっぱいの店、からっぽの工場

ハラレの郊外ブラーサイドのOKマートストアは、ある晴れた土曜日の朝に活発な仕事をしている。小売りチェーンのOKジンバブエに所有されたその店は、その国で最大のものだ。それは、アメリカやヨーロッパのどの大きなスーパーマーケットよりも幅広い雑貨と消費財を備えている。ほとんどは輸入品だ。ブランド商品が少し高いと思う人々のために、OKジンバブエは中国で作られた一連の電化製品である独自ブランドトップノッチを提供する。

町中心部のはるか南にある産業地区は、むしろそれほど繁栄していないように見える。食品製造業と繊維会社がそこにみすぼらしい出先を持っている。半ダースの油料種子サイロは空っぽだ。ほんのわずかな地元製造業者だけが、その製品をOKストアに納入できるほどに依然として活発だ。その一つは、コカコーラも作っている醸造業者のデルタだ。他には、ニューバリーやマディソンといったタバコブランドを持つBATジンバブエがある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いかさまの通貨戦争 - 世界経済

3月
10

世界は日本とアメリカの金融的自己主張を歓迎すべきだ

世界最大の経済からの高官たちは、戦争を避けるミッションのために2月15-16日にモスクワで会う。爆弾や銃弾を伴ったものではなく、「通貨戦争」だ。財務大臣と中央銀行総裁たちは、G20の彼らの仲間たちが、その隣国の犠牲の下に輸出を押し上げ経済成長させるために、その通貨を切り下げることを心配している。

ブラジルに率いられた新興経済は、連邦準備銀行が新規発行した金で債券の山を買った2010年にアメリカが通貨戦争を扇動しているとして最初に非難した。その「量的緩和」(QE)は、投資家により良い利益を求めて新興市場に流れ込ませ、その為替相場を引き上げた。今、それらの非難は、日本に浴びせられている。新首相の安倍晋三は、成長を再開し、デフレを破るために、勇敢な刺激策を約束している。彼はまた、輸出を強めるためにより弱い円を要求している。それは(安倍氏が権力に向かっていることが明らかになった)9月以来ドルに対して16%、ユーロに対して19%鈍く下落している。

しかしながら、その不平はやりすぎだ。アメリカや日本の行動を非難するよりむしろ、他の国々は彼らを賞賛すべきだ。そして、ユーロ圏は彼らの例にかなり従うだろう。
 

剣を印刷機に変える

Posted By gno-eagrai 続きを読む

盛大なお祭り - ビッグマック指標

3月
04

通貨戦争:バーガーの評決

古い牛肉が再び国際金融の世界を分けている。「通貨戦争」の妖怪だ。ドイツのブンデスバンクの総裁イェンス・ヴァイトマンは最近、中央銀行が減速する経済の行き返させる努力は、「為替レートをますます政治問題化する」ことにつながりうる、といらだっている。大きな債券ファンドマネージャーのピムコのビル・グロスは、経済が輸出業者を押し上げるために通貨を下落させる成長マッサージを熱望するにつれ、世界が1930年代を思い出させる通貨切り下げ競争に入っていると説明する。バーガノミクスは何を言わなければならないか?

ビッグマック指数は、エコノミスト誌の外国為替レートについての快活な分析だ。その秘密の素は購買力平価〈PPP〉の理論だ。それによって、価格と為替レートは長期的に調整され、国をまたいで貿易財の同一のバスケットの費用を同じにする。我々のバスケットはビッグマックだけを含んでおり、マクドナルドがどこでも(またはほとんどどこでも:インドでは我々は牛肉ではなく鶏肉を用いるマハラジャマックを使う)同じ原材料から同一の製品を生産する努力に頼っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

より陰鬱ではない議論 - 経済ブログ

1月
04

いくつかの分野ではブログが議論を安っぽくした責任がある。しかし、それらは経済学は豊かにした

「真実と欺瞞に取り組ませろ。自由で開かれた邂逅の中で真実が悪い方に置かれたことをだれがかつて知っているというのだ。」ジョン・ミルトンは1644年に自由な報道を熱烈に支持してアレオパギティカ誌の中で尋ねた。しかし、数回クリックしただけでブログが立ち上げられる時代に置いて、より多くの発言と選択が議論の質を上げることにみんなが同意するわけではないだろう。ハーヴァードの法学教授のカス・サンシュタインは、人々が自分の合意する見方だけを聞く「情報のまゆ」や「こだまの部屋」に逃げ込むことを許すことによって、ブロゴスフィアは政治家によって広く分かち合われている恐れである分極化を育てた、と論じた。フォーブス誌はかつてブログを「自由をまくし立てるが、嘘や中傷、毒舌を吐き散らずオンラインの私刑群衆のとても重要な舞台だ。」と呼んだ。

印刷の到来といった以前の出版革命も、矮小化と過激主義の似たような懸念を刺激した。しかし、政治的、科学的、宗教的な議論についてのブログの影響についてあなたがどう考えようとも、インターネットが経済学についての世界的な論議を安っぽくしたと論ずるのは難しい。反対にそれは改善したのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

預言者 - ロン・ポール

9月
08

どのようにロン・ポールは共和党政治の中でもっとも影響力のある声の一つになったのか

ある年老いた人が街頭演説台に登った時、ニューハンプシャーでは日が沈んでいる。満員のテントの中に掲げられた旗は、自由:大き過ぎて潰せない、と読める。彼は司令をするような人物ではないが、千人の人々がロン・ポールの名を呼び、彼が類型的な政治演説をするのについていこうとする。フォーカスグループのためのスローガンや空虚なカロリーはない。ポールの話は、高繊維の大卒者向けの経済理論、忘れられた歴史、そしてアメリカ憲法の人目につかないところや裂け目についてのセミナーのようなものだ。「連邦準備銀行制度とそのすべてのメンバーは長い間偽金づくりだった。」と、彼は弱々しい声を精一杯働かせて言う。「健全な通貨は自由市場と自由な声と憲法につながっており、我々はこれを全て人々のために持ってくることができる。それは私を魅了し、そしてまたあなたがたの多くも魅了すると確信している。」

普通の時は、ポールの深遠な調子は有権者を困惑させ、狼狽させ、単に退屈させるかもしれない。しかし、通常時でないので、夢中になった群衆は支持の大声を上げる。参加者は偉大な男が歴史上で彼の時代に出くわしたという確信を分かち合う。「我々の時代が来た」ポールは宣言し、今回はそれは希望的観測以上のものかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

連邦準備銀行 を購読