トレント・フランクス

選挙民の半分以上 - 性の政治

9月
16

「女性との戦い」の修辞は民主党を助けるのか?

中絶の共和党反対者にとって忙しい数週間だ。下院は妊娠20週以降にそれをすることを禁止する法案を可決した。似たようなものは間もなく上院に提出されると予想されている。コロンビア地区で20週の制限を課す法案は、34人の共和党員に支持されて上院で保留されている。

州でも行動がある。テキサスとノースカロライナでの共和党主導の議会は、様々な制限を考えている。ウィスコンシンでのものは最近幾つかのものを承認したが、裁判所によって差し止められている。その年の前半に18の州が何らかの形で中絶を制限する43の条項を採用し、すべてはかなり共和党の支持で語られた。

民主党は、これらの手法を共和党の「女性との戦い」の一部として描きたがる。さらなる証拠として、彼らは、共和党政治家によってしょっちゅう行われる性についての奇異な発言とともに、女性への均等給与を促進し、家庭内暴力を防ぐことを狙った手法についての、議会での共和党の遅延を差ししめす。下院で20週の制限を支持した議員のトレント・フランクスは、強姦犠牲者への例外に反対して論じ、妊娠につながった強姦の数は「とても少ない」と主張した。同僚議員のマイケル・バーゲスは、男児だけだけれども胎児はすでに20週までに自慰行為をしている、と示唆した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
トレント・フランクス を購読