ダライ・ラマ

勇敢な新しい提案 - チベット政策

9月
01

高官の中には少なくともチベットについての政策に疑問を持ち始めているものもいるという歓迎すべき兆候

中国外部で共産党のチベット政策が機能していると考えているものはほとんどいない。経済的開発と政治的抑圧の組み合わせは、チベット人を中国の支配に甘んじさせ、その亡命中の精神的指導者ダライ・ラマへの彼らの忠誠を捨てさせるつもりだった。代わりに、特に若者の間で、不満は依然として充満している。そして、中国のすべてのチベット人地区で、チベット人たちは依然として、時にはおおっぴらに、ダライ・ラマの肖像を掲げている。2011年3月以来、特に中国人がチベット自治区(TAR)と呼ぶものと接する省のチベット人地区で、100人以上のチベット人たちが焼身自殺を図っている。ほとんどは、幾分かはダライ・ラマの帰郷を要求してそうしている。圧倒的な治安の存在とダライ・ラマの非暴力への関与は、その不穏さが簡単に抑えられことを意味する。だから、中国の指導者たちが未来への暗い結果について懸念しているということを示唆するものはほとんどないのだ。彼らのチベット支配は大きく威圧的な軍隊の不定期の展開によってのみ維持される、と言うものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新たなる進路 - チベット

8月
27

チベットでの異なったやり方への提案は、中国の中にその政策がうまく行っていないことを知っているものがいることを示唆する

中国高官の中のチベットについての伝統艇な知恵は、現在のダライ・ラマが亡くなれば、チベット問題は解決するだろう、と言うものだ。中国はその山がちの地域にきつい支配をしており、それがすべてのカードを持っていると信じている。それは、ダライ・ラマの次の化身を選ぶことができ、それがそうなのだ。

だから、チベットウォッチャーたちは、今月香港の雑誌に掲載されたチベットについての主導的な中国人学者のインタヴューを、驚きの関心を持って迎えた。そのインタヴューの中で、この世代でほとんど初めて、ある上級政府顧問が、継続する政治的抑圧を伴った経済開発という中国のチベット政策が機能しておらず変化が必要だと示唆する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ダイというな - いかにほかの少数民族はうまくやっているか

4月
10

少数民族は共産党支配を違ったやり方で扱っている

簡単な自宅での夕食を妻と息子と囲んで座って、Ai Khamngenは怖い予測をする。今後50年にわたって、アイデンティティを保つのが彼のダイ族かよりよく知られたチベット人かと尋ねられると、彼はチベット人を選ぶ。

彼はまた、いかにダイ族がチベット人よりも巧みなやり方を選んでいるかを描いてもいるので、その予測は皮肉が織り交ぜられている。ある点では、これにより彼らは中国の治安部隊の強硬姿勢を避けることができており、彼らによく仕えている。しかし、Khamngen氏は心配なままだ。

中国は55の公式少数民族を示すが、チベット、ウイグル、そしてモンゴルのたった三つだけが、ふつうその漢族支配者や隣人たちとの不和について、外国で多くの注意を惹いている。その他の52は、国中に散らばっており、南西中国に多くが集中している。ダイ族は、雲南省のはるか南に住んでいるたった130万人の人々で、国境を越えたミャンマー、ラオス、そしてタイの集団と親類のつながりを持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

絶望の限界 - チベットの未来

4月
10

チベット高原での暴動の爆発から5年後、その地域は再び危機にある。

中国の青海省の小さな修道院の中で、赤い僧衣を着た僧が、監視されているのかを確かめるためにあたりを見回した後、啜り泣きを始める。「我々はただダライ・ラマに故郷に帰ってきてほしいだけなのだ。」彼は言う。彼の言葉は、過去2年間チベット高原中の公共の場所で彼らが焼身自殺しているのかを説明しようとする何十人ものチベット人の言葉にこだまする。中国国内でのダライ・ラマの支持者の間で絶望が増している。彼らの黙らせようとする政府の努力もそうだ。

チベットの首都ラサでの反中暴動と多くの町や修道院でのデモを含んだ、5年前の今月のチベット高原を覆った暴動の勃発以来、共産党は飴と鞭でチベットの不満を管理しようとしている。鞭は、修道院のよりきつい警備、ラサへの訪問管理、ダライ・ラマの弾劾、そして反対派の逮捕を伴っている。飴は、泣いている僧の修道院からそう遠くないところで見ることができる。巨大な草地を渡る新しい高速道路、離れた村への新しい道路、僧へのより良い住居、そして彼らの礼拝所の回復だ。しかし、現代政治史の中で最大のそのような抵抗運動の一つである、ほとんどが過去2年間で100人以上のチベット人が自分に火をつけるという光景は、どちらのやり方もうまくいっていないことを示唆する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

高原からのつぶやき - チベットのブログ

9月
03

あるチベットのブロガーが敢えて党の方針に挑んでいる

最近のブログ投稿で、ツェリン・オーセルは、チベット人ではなく漢族の訪問者をチベットの首都に歓迎して、ラサで民族分離を実行していると当局を非難した。「世界はアパルトヘイトを行った政府のボイコットを忘れたのか?」彼女は腹を立てた。チベットでの抑圧の年代史家として、オーセル女史は長い間中国で最も大胆なオンラインの発言者で、とてもまれな人だ。

オーセル女史が(漢族の)夫と一緒に住んでいる北京の治安機関による近くでの監視にもかかわらず、彼女の頑固な決心はチベット人居住地区の状況にまれな窓を開き続けている。これらは、2008年のラサでの暴動以来、かなり外国人記者が立ち入り禁止になっている。その46歳の作家は、彼女のブログ「見えないチベット」やツイッターを通して高原からの小さなニュースのためのソーシャルメディアを研いでいる。彼女の投稿は中国語でなされており、非チベット人の間での認知を上げるのに役立っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

仏陀と雌虎 

3月
15

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

平和をもたらす力がない - チベット人と中国人国家

2月
08

 

強い経済成長にもかかわらず、高原で不満が高まっている

中国の指導者は考えているかもしれないが、もしあるのならば、チベットの薬だけが平和を作る力を持っていた。近年、広大なチベット高原の東部での地 方所得は、チベットの植物性医薬品への中国人の需要が高まったおかげで、上昇してきた。しかし、1月の終わりに、同じ地域で2008年の高原中でのチベッ ト人の不満の高まり以来、最大の暴力的騒動が勃発した。警察は何人かのデモ参加者を射殺した。その騒動が広がりうる兆候はあちこちにある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

集団主義 日本

12月
06

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ダライ・ラマ を購読