日産

ゴリアテ - 大企業と経済の変動性

9月
08

大企業の運命は経済の変動性を説明する役に立つ

2004年12月に、マイクロソフトは巨大な330億ドルの配当をその株主に支払った。その種の最大の支払いであるそれは、その年のアメリカ人の個人所得の増加の6%を占めた。いかに大企業が大きな影響を持ちうるかの例は、より完全にはやってこない。これらの種類の企業が特定できるものの衝撃は、個々の企業の上昇と下降がお互いを消しあう傾向にあると推測する経済学者のモデルからは一般的に除外される。しかいかに貿易やGDPのようなものが展開するかを理解するために、最大の会社の後を追うことは重要だ。

さっと見ると、その数はトップダウンの見方をすることを正当化しそうに見える。事業の世界は巨大だ。アメリカにはだいたい2,700万の会社がある。英国には480万だ。それぞれの国は、何百もの産業をまたいで何百ものほかの国と取引し、何千もの国と産業の貿易のつながりを作り出している。地球規模のネットワークは、何百万も走っている。経済は何百万もの企業と取引関係からなっているので、それぞれはわずかな埃のように見える。個々の会社と輸出チャネルは問題になるべきではない。これは、共通の衝撃だけが総計の変動を説明することができることを示唆する。一つの企業での労働者のストライキは十分ではないが、ゼネラルストライキは十分なのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ロボ同僚

3月
31

ロボットはさらに強力になっているが、それらは労働者にとって必ずしも悪いニュースではない

IBMのスーパーコンピューター、ワトソンは、アメリカのクイズショー「ジェオパディ」の2011年版でその人間のライヴァルを華麗に打ち負かした。それはそれ以来より賢くなっている。その部品は部屋の大きさからカバンの大きさに縮んでいる。その計算速度は3倍以上になっている。よりスマートでより早いワトソンは、今商業利用に使われている。その最初の応用は癌診療所での治療を提案している。多くの人々は、ワトソンが人間労働者を機械に置き換える傾向に向かっていることを例示していると恐れる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

禅と車づくりの芸術

7月
04

日本企業は車作り職人として知られているが、演出能力も必要だ

日本では、会社は続くものとして作られた。世界で最も古い企業は、578年までさかのぼる日本の建設業の金剛組だ。14世紀以上後に、それはその中核的事業にこだわっている。大阪の仏教寺院の維持だ。多くの日本企業はまた、従業員がその心に刻み込んでいる設立原則を持っている。普遍的なテーマとして、長生き、一貫性、そして統合性が含まれる。自分のための利益を追うことは、日本では依然として、公衆の面前で鼻をかむことのように、汚いことだと考えられている。

この原始的な世界では、モノづくりは売ることよりも美徳だと考えられている。これは、日本の特徴というだけではない。シリコン・ヴァレーでも、ハッカーたちは単なる行商人と一緒にされないことを好む。しかし、日本では工業はほとんど宗教的な情熱で崇拝されている。実は、愛情を持って完全に治せるものという考えは、仏教的な禅にどこか負っている。マーケティングにははるかに少ない注意しか払われていない。世界的なブランドの世界では、これは間違いだ。日本の事業は物語の芸術もマスターする必要がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新しい特別な関係 - 英国と新興市場企業

9月
14

経済的暗がりの中で、英国は重要な世界的傾向の最先端にいる

4世紀ほど前、英国資本はインドに流れ込み、東インド会社を作り、帝国の基礎を敷き始めた。今、資本は反対の方向に流れている。過去10年間、鉄鋼や土木工事から、化学、通信、そしてお茶に至るまで広がるタタグループは、有名な英国企業を買い占めるのに150億ドルを使っている。テトリー紅茶についで、コーラス(元のブリティッシュ・スティール)、二つのもっとも典型的な英国車のメーカーであるジャガー・ランド・ローヴァー(JLR)、そして(それが全ての帝国の道を行くまで)インペリアル・ケミカル・インダストリーズだったものの元の企業の一つブルーナー・モンドが後に続いた。それらの買収の結果として、タタは今では英国最大の産業雇用者である。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地震の後で - 世界的自動車産業

5月
24

日本の自動車会社は揺れている。それはライヴァルたちを助ける。

ロボットの腕がまたぶんぶん回っている。3月に日本を襲った地震の直撃を受けたいわきにある日産のエンジン工場は、5月17日に完全操業に戻った。社長であるブラジル系フランス人のカルロス・ゴーンは、現場を元気付けるために労働者の中に入り込んだ。しかし、修復と再建のための英雄的な努力にもかかわらず、日本の自動車産業はいまだに鈍い。そしてそれは世界中に影響を及ぼす。

その災害は日本の大きな自動車会社に属する工場を必ずしもペシャンコにしたわけではない。(日産のいわき工場は例外だ。)しかし、それは東北地方にある必須の部品や原材料の供給者を破壊した。トヨタは30の部品の不足に直面している。それは地震直後の500の不足に比べればマシだが、たった一つでも部品がかければ組み立てラインは止まる。

修理作業は同じペースで続く。止まった工場は、今通常生産の半分で操業している。日産は平常操業に初秋には戻りたいと思っている。トヨタとホンダはもう少し遅い。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ホンダのトラブル - シヴィックの不安

5月
05

日本の危機がホンダを襲った。しかしそれは車取引にとっては悪いニュースではない。

ホンダの決定的な製品の発売が、日本の災害により苦闘しているために、危機にあるかもしれない。ホンダの一番の売れ筋のシヴィッククラスの最新ヴァージョンは、そのアメリカでのお披露目をニューヨークオートショーでしたばかりだった。しかしいつ自動車愛好家がその曲線美に魅せられるかははっきりしない。

ホンダの日本工場が先月ほとんど閉まっただけではなく、アメリカや他の工場でも日本製の電子部品や他の部品の不足のために生産は大きく落ち込んだ。「状況はとても流動的だ。」ホンダのアメリカ人トップであるジョン・メンデルはやきもきする。「そして日々変わっている。」トヨタと日産はそれぞれのアメリカの取引先に車の配達は早くても7月、もしかしたら9月まで通常に戻らないと語った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
日産 を購読