リンダ・ウェイル=キュリエル

依然として出血している - 女性器切除

10月
03

野蛮な習慣は少し珍しく、そして少し人気が無くなっている

「私は出血でほとんど死にそうだった。」12歳の時に女性器切除(FGM)に苦しんだ女性人権活動家ボガレッチ・ゲブレは語る。彼女の組織ケンバティ・メンティ・ゲジマは、彼女の母国エチオピアでその行為を減らすことで信頼されている。彼女は人々に辞めるようには言わない、と彼女は語る。彼女はただ、象徴的な傷から、少女の陰核のすべてか一部の除去、そして(陰唇を縫い合わせる)陰門封鎖にまでわたる、その処置は、聖書にもコーランにも書いてないし、文化や法律もそれを求めていないと説明するだけだ。アフリカの伝統に基づき老いも若きも男女問わず伴う、そのような「共同体の会話」は、UNICEFの新しい報告によって強調された、FGMを経験したエチオピア女性の数とそれが継続すべきだと考えるエチオピア女性の数との間の、びっくりさせる違いを説明するのに役立つかもしれない。

1.25億人以上の現在生きている少女と女性が、それがもっとも一般的な29の中東とアフリカ諸国で、何らかの形でのFGMを受けている。3,000万人が今後10年にわたってその危険がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
リンダ・ウェイル=キュリエル を購読