ルノー

沈黙の音 - 技術と社会

1月
31

デザイナーは、エネルギーを節約し売上を上げることができる、少ししか雑音を出さない製品の考案に、より注意を払っている

気を散らせる雑音の迷惑を規制する努力は、シュバリスのギリシャ植民地が血の気の多い男どもと一緒に板金工と陶工は騒音を出すので町の外に住まなければならないと命じた、少なくとも紀元前6世紀にまでさかのぼる。25世紀程度後に、コンピューター研究の先祖の一人として思い出される英国の数学者チャールズ・バベッジは、手回しオルガン奏者などのストリートミュージックに対する一連の運動を行った。デザイナーが雑音を少なくする製品を考案するのに最近より注意を払い始めたことを、どちらも確かに認めるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

平らな電池 - 低排出車

8月
09

電気自動車は未来の環境車両になるレースで失速している。それは悲劇ではない

5月は電気自動車にとって最も陽気な月ではない。5月1日に、アメリカの電池駆動自動車メーカーコーダは破産を宣言した。26日には、交換可能電池を積んだ車のより派手な促進者のベター・プレースがイスラエルで清算を申請した。一部に税金が使われているアメリカの電気自動車メーカーのフィスカーは、崩壊の危機に瀕し、その(同じく国の資金を得た)電池メーカーのA123が去年つぶれて以来まったく車を作っていない。フィアット=クライスラーの社長は、その月の間に、それが500eの電気自動車を1台売るたびに1万ドルの損失を出すという。その車はガソリン車の倍の価格の3.2万ドルするが、カリフォルニアが車メーカーに「ゼロ排出車」の売上に割り当てを課しているので、フィアットはそれらを売ろうとしなければならない。

そのニュースはすべて悪いものではない。カリフォルニアの電池駆動スポーツカーメーカーのテスラは最近その最初の四半期利益を宣言し、4.52億ドルの政府融資を早期返済した。しかし、全体として、電池だけで駆動するものにしろガソリンエンジンをバックアップとして使うハイブリッドにしろ、電気自動車は失敗作だ。それらは、国家補助金があっても高価で、電池だけで駆動するものは移動範囲が限られている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地震の後で - 世界的自動車産業

5月
24

日本の自動車会社は揺れている。それはライヴァルたちを助ける。

ロボットの腕がまたぶんぶん回っている。3月に日本を襲った地震の直撃を受けたいわきにある日産のエンジン工場は、5月17日に完全操業に戻った。社長であるブラジル系フランス人のカルロス・ゴーンは、現場を元気付けるために労働者の中に入り込んだ。しかし、修復と再建のための英雄的な努力にもかかわらず、日本の自動車産業はいまだに鈍い。そしてそれは世界中に影響を及ぼす。

その災害は日本の大きな自動車会社に属する工場を必ずしもペシャンコにしたわけではない。(日産のいわき工場は例外だ。)しかし、それは東北地方にある必須の部品や原材料の供給者を破壊した。トヨタは30の部品の不足に直面している。それは地震直後の500の不足に比べればマシだが、たった一つでも部品がかければ組み立てラインは止まる。

修理作業は同じペースで続く。止まった工場は、今通常生産の半分で操業している。日産は平常操業に初秋には戻りたいと思っている。トヨタとホンダはもう少し遅い。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ルノー を購読